「看護の日」イベント

令和元年「看護の日」イベント開催報告

安来市立病院では「看護の日」週間に合わせて、5月15日(水曜日)に「看護の日」のイベントを行い、市民の皆さまと交流を深め、看護への関心や理解を深めてもらう機会をもちました。

看護の日イベント

1階外来前ロビーでは、様々な測定器具(体組成計、骨密度測定器、血管年齢測定器、もの忘れ相談プログラム)や糖尿病看護認定看護師による血糖測定など来院者の健康チェックを行いました。また骨粗しょう症モデル、メタボリックシンドロームチェックなどの模型や健康パネルを展示しました。

健康チェック

患者さまからの「看護エピソードや看護師へのメッセージ」、看護師による「忘れられない看護エピソード」、看護師の働く部署を紹介したポスターなどの展示も行いました。

展示1

また今回のイベントの目玉とも言える「1日看護部長」には、安来市のイメージキャラクターである「あらエッサくん」をお迎えしました。

院長から委嘱状を受け取った後院内をラウンドし、入院中の患者さまとふれあっていただきました。

委嘱状受け取り

あらエッサ触れ合い

入院患者さまや多くの来院者の方に大変よろこんでもらえました。

イベント様子

今年も多くの方に支えられてこのイベントを成功させることができ、充実したひとときとなりました。