市営住宅における新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウィルス感染症に関連し市営住宅の家賃の納付が困難となった方

新型コロナウイルス感染症に関連し、失業や休業による収入の減少で現在入居中の市営住宅家賃の納付が困難となった場合は、家賃の再認定・納付猶予・分割納付等の相談に応じます。

新型コロナウィルス感染症に伴う失業・廃業により住宅を喪失された方

新型コロナウィルス感染症による解雇、雇い止め、廃業により社宅・寮・賃貸住宅から退去を余儀なくされる方に対し、市営住宅の空き室を提供します。まずはお電話で来庁相談の日時をご連絡ください。

概要

対象者:以下のいずれも満たすこと

  1. 市内在住であること。
  2. 暴力団による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号(暴力団員、暴力団の構成員)に該当する世帯員がいないこと。

対象住宅:提供できる住宅の状況は変動します。

許可期間:3カ月とします。ただし、3カ月間の終期を迎えた状況に応じて更新可とし、最大1年間までとします。

家賃:各住宅の最も低い家賃の50%の額とします。ただし、減免期間を過ぎ、なお居住を継続する場合は所得による算定を行った正規の家賃を徴収します。

敷金・保証人:免除します。ただし、減免期間を過ぎ、なお居住を継続する場合は正規の入居手続きを行い敷金(家賃の3カ月分)、連帯保証人が必要となります。

お問い合わせ

建築住宅課

安来市伯太町東母里580

  • 電話:0854-23-3315
  • 受け付け時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。

このページに関するお問い合わせ

建設部建築住宅課

郵便番号:692-0207
住所:島根県安来市伯太町東母里580(伯太庁舎)
電話:0854-23-3315
ファックス:0854-23-3381
メールアドレス:kenchiku@city.yasugi.shimane.jp
(メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。)