安来市特定不妊治療費助成制度

安来市では、不妊治療を行っているご夫婦に対し、不妊治療に要する費用を助成しています。

治療による経済的な負担を少しでも減らし、多くの人が治療を受けられるようお手伝いしています。

対象となる治療

島根県特定不妊治療費助成事業に基づく、体外受精および顕微授精に要した費用。

【注意】島根県特定不妊治療費助成の申請窓口は松江市・島根県共同設置松江保健所となります。

対象者

  1. 戸籍上の夫婦関係にあり、夫婦のいずれかが安来市に住所を有していること。
  2. 島根県特定不妊治療費助成を受けていること。

【注意】項目1、2の両方に該当することが必要です。

助成申請時期および助成金額

島根県の特定不妊治療費助成決定を受けられましたら、続いて安来市特定不妊治療費助成の申請をしてください。
島根県の決定通知を受けてから1年以内に、安来市の助成申請を行ってください。

助成金額については、自己負担額から島根県助成額の差引額に対して、初回申請については10万円、2回目以降は5万円を上限として助成します。

初回の申請に必要な書類

  1. 特定不妊治療費助成申請書(PDF:50KB)
  2. 県が発行した特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  3. 県に提出した特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  4. 医療機関が発行した特定不妊治療に係る領収書及び診療明細書
  5. 夫及び妻の住所を確認できる書類(免許証等)
  6. 債権者登録依頼書(振込み口座を登録するもの:初回申請時)

  • 記入上の注意事項
    • 申請者名・債権者登録者名・口座名義人は同じ人でお願いします。
    • 印鑑も申請書と同一のものでお願いします。
    • 上記の書類を提出してください。審査のうえ助成金の交付に必要な書類を後日送付します。

その他

  1. 申請にあたっての個人情報(プライバシー)は守りますのでご安心ください。
  2. 郵送による申請もできますが、郵送料については申請者負担となります。
  3. 医療機関作成の書類に関わる費用は、助成対象となりません。
  4. 県外指定医療機関での治療も対象となります。
  5. 申請に必要な書類は、助成金(公費)を適正に支払うために必要なものですのでご理解ください。
  6. 領収書及び診療明細書は、書類を審査した後にお返しします。
  7. 確定申告に使用した領収書は対象となりません。

申請書提出先・お問い合わせ先

  • 〒692-0404
  • 安来市広瀬町広瀬1930-1(安来市健康福祉センター1F)
  • 安来市役所子ども未来課子育て支援係
  • 電話:0854-23-3222

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部子ども未来課

郵便番号:692-0404
住所:島根県安来市広瀬町広瀬1930-1(安来市健康福祉センター)
電話:0854-23-3213
ファックス:0854-32-9230
メールアドレス:kodomo@city.yasugi.shimane.jp
(メールアドレスの「@」は半角「@」に書き換えてください。)