災害情報

●安来市管内で発生中の災害情報●避難所指定について●やすぎ市民防災マップを配布しました●安来市の災害時における体制●地域防災力の向上を目指して●災害対応型自動販売機を設置●避難所一覧●防災関連外部リンク

安来市管内で発生中の災害情報
現在、発生中の災害はありません。

避難所指定について

■避難所の見直しを行いました

 避難所の指定ついて、浸水想定区域、土砂災害警戒区域、施設の耐震状況等を考慮して見直しを行いました。
  
   避難所一覧はこちらから確認することができます。

 

  自宅の近くの避難所はどこか、ご家族で事前に確認しておきましょう。

 

■やすぎ市民防災マップを公開しています

やすぎ市民防災マップ

 浸水被害・土砂災害が起こる可能性のある範囲を、白地図に落としこんだ防災地図『やすぎ市民防災マップ』を作成しました。
 一般的に、ハザードマップともよばれていますが、市民防災マップには、このほか避難所となる施設や災害時要援護者施設※、災害発生時の支援情報などを盛り込み、平成19年8月20日、市の広報紙配布にあわせ各自治会に向け配布しました。

※災害時に自力での避難が困難な方々を収容している施設のことです。
(例:幼稚園、保育所、病院、老人ホーム、授産施設、デイサービスセンターetc)
 
 普段からのご家庭での防災学習としての利用のほか、災害発生時に携帯し、二次災害の発生場所回避に使用したりと、使い方は様々です。


 やすぎ市民防災マップはPDFファイルで公開しています。こちらのページへお進みください。

■地域防災力の向上を目指して

上段:市総合防災訓練でバケツリレーを行う飯生町自治会の皆さん 下段:宇波地区防災訓練で心肺そ生法講習を受ける地域の皆さん

・災害被害は減らすことができる
 『災害列島』と言われるほど、毎年各地で多種多様な自然災害が発生しています。自然発生するものを食い止めることは困難ですが、私たち一人ひとりの努力で災害被害を最小限にとどめることは可能です。
 阪神淡路大地震以降、自治会や各種団体を中心に、『災害時に地域で何かできることはないのか』という問題意識を持ち、自主的に防災訓練を行ったり、独自の防災マップを作ったりと、地域が一丸となって減災に取り組む、地域防災の動きが全国各地で芽吹いています。
 
 市内での地域防災の動きについてまとめた広報紙(広報やすぎ2007年12月号)を紹介しています(PDFファイル 771KB)

・地域で出前講座を実施しています
 防災マップの活用方法や、土砂災害・浸水想定区域の説明、避難シュミレーションなど各地域に出向きプロジェクターなどを用いた出前講座を行うことで、官民共に災害に強い地域づくりを目指しています。
 出前講座のご相談は、市民参画課(0854-23-3067)又は危機管理課(0854-23-3074)までご連絡ください。

 

 安来市の災害時における体制

■災害規模に応じ、災害対策本部を設置します

類焼を続ける山林(宇波地内林野火災)
 風水害・地震等により安来市内に災害が発生、または発生するおそれのある場合、災害予防及び災害応急対策等を実施するため、災害対策本部が設置されます。

 このほか、対策本部設置前の準備体制(風水害等警戒本部・震災警戒本部)の設置や、職員の自主参集など、災害の規模に応じた職員初動の体制を細かく設定しています。

■災害発生、災害発生のおそれを感じたときはご連絡ください

○業務時間中のご連絡先
 危機管理課(0854-23-3074)、または各庁舎代表番号まで、ご連絡をお願いいたします。

○土曜日・日曜日・祝日等休業時間の際は、最寄の庁舎まで
  休業時間に担当課直通電話をかけていただいた場合、つながりにくいことがあります
  お電話は日直・宿直の待機する、各庁舎代表番号までおかけください
 
安来庁舎代表(0854-23-3000)、広瀬庁舎代表(0854-23-3200)
伯太庁舎代表(0854-23-3300)

○火災・救急救助は「119番」
 安来市消防本部までご連絡ください。

1. 火事か、救急か救助かをはっきりと
2. 場所、目標となるものを
3. 火事であれば何が燃えているか、救急・救助であれば事故の内容、病人、けが人の状態を

災害対策本部設置時の業務

本部事務局
 本部では関連部局や関係公共機関と連絡を取り合いながら、被災情報の処理・避難勧告等の発令・通行規制指示等、情報の精査と共有化を行います。
 このほか電話応対や急傾斜地などの危険箇所パトロール、避難準備等の住民広報、現場確認などを行います。

・農林、土木、上下水道等関連部署
 災害現場確認や復旧用応急資機材の手配、電話応対などを行います。

福祉医療関連部署
 災害時等要援護者(身体障がい者・難病患者・高齢者世帯)へのケアを中心に、民生・児童委員や市社会福祉協議会と連絡をとりながら電話応対、巡回等を行います。

・各地区活動班
 地縁を有する職員を中心に組織し、避難所開設や災害現場確認、災害時要援護者への各種ケアを行います。

■西日本では初の試み災害対応型自動販売機を設置

災害対応型自動販売機

 平成17年、コカ・コーラウエストジャパン株式会社※1 のご協力により、西日本の自治体では初めて※2 市内施設各15か所に災害対応型自動販売機を設置いただく運びとなりました。
 清涼飲料水自動販売機の機能を有するのはもちろんですが、災害発生直後、一時的に水道から飲料水の提供ができなくなった場合、遠隔操作により、無料で商品を提供できるようになっている機能を搭載しているほか、電光掲示板では、各種情報を流すことも可能です。
 平時・災害時問わず、大変頼もしいこの自動販売機、現在は設置台数をさらに増やし、合計34か所(平成24年4月現在)となっています。

※1 現在のコカ・コーラウエスト株式会社(平成21年1月1日社名変更)
※2 平成17年6月27日現在


問い合わせ
 安来市総務部 危機管理課
 TEL0854-23-3074 FAX0854-23-3152



宇波地区自主防災組織2008.10.28
宇波交流センターのホームページ。
宇波地区自主防災組織の活動が掲載されています。
しまね防災ポータル2008.08.18
県内の防災情報を閲覧することができる島根県のウェブサイト。
気象・地震津波情報などの緊急情報をメールで配信するメールサービスも行っています。
松江地方気象台ホームページ2009.09.25
明日の天気から、注意報・警報発表、緊急地震速報など最新の情報を確認することができます
島根県冬季道路情報ホームページ2009.12.18
気象状況のほか、定点カメラからの画像により、路面の状況をチェックすることができます。
冬季のみの開設となっています。
浸水想定区域図(斐伊川水系)2008.12.09
国土交通省出雲河川事務所のホームページ。斐伊川と境水道、中海、大橋川及び宍道湖について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区間が浸水した場合に想定される水深等の情報を確認することができます。
このページはJava・Flashに対応したブラウザでないと正しく表示されないことがあります。
浸水想定区域図(飯梨川・伯太川)2007.09.18
島根県土木部河川課のホームページ。県管理河川である飯梨川・伯太川流域で浸水被害が予想される箇所を、PDFファイルにより確認することができます
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader等のソフトが必要となります
JRアンダーパス部等における道路冠水の恐れがある危険箇所について2011.07.19
島根県土木部道路維持課のホームページ。島根県内のJRアンダーパス部等における道路冠水の恐れがある危険箇所の一覧を、確認することができます。
安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp