市長トピックス

  

  

 浅草寺 安来節奉納公演

平成29年10月10日 浅草寺 安来節奉納公演

 

 五重の塔前

(写真)安来節奉納公演前のあいさつ (五重塔 特設ステージ)

 

 

 五重塔でのあいさつ

(写真)安来節奉納公演前の様子 (浅草寺 五重塔前)

 

 浅草寺五重塔が9月に改修を終えたことを記念した奉納公演。過去の歴史的なつながりがあったご縁で実現しました。安来節保存会会長である近藤市長のあいさつの後、五重塔を背に、安来節の唄がはじまりました。

雲ひとつない晴天の中、多くの参拝・観光客のみなさんが笑顔になりました。

 

 

 

 秋の全国交通安全運動 交通安全テント村開村式

平成29年9月21日 秋の全国交通安全運動 交通安全テント村開村式

 秋の交通安全運動

 (写真)交通安全テント村開村式でのあいさつ(広瀬町石原地内 親子地蔵前)

 

秋の全国交通安全運動初日の早朝、地域の住民のみなさんへの交通安全運動の周知と機運の高揚を目的として「交通安全テント村」を開村しました。その後、安全協会広瀬支部のみなさんらと共に通行車両に交通安全の広報活動をしました。

 

 

 

 

総合文化ホール「アルテピア」開館記念式典

平成29年9月9日 総合文化ホール「アルテピア」開館記念式典

アルテピアテープカット

(写真)アルテピア玄関前 テープカットの様子

 

総合文化ホール「アルテピア」の開館記念式典が行われました。

主催者及び来賓代表によるテープカットのあと、大ホールにて開館記念式典、佐陀神能による こけら落しの儀、安来節の記念公演があり、安来の新たな文化の発信地としてのスタートを切りました。

 

 

 

 

安来節全国優勝大会開会式

 平成29年8月15日 平成29年度安来節全国優勝大会

安来節優勝大会

(写真)開会式の様子

 

8月15日から8月17にかけて、本年度地区予選会を通過した安来節保存会会員による全国優勝大会が開催されました。出場された会員のみなさんの真剣さが伝わっていました。

 

 

 

鷹入の滝まつり

平成29年8月13日 鷹入の滝  

 

 鷹入の滝途中

 (写真)鷹入の滝へ向かう途中

 

 鷹入の滝

 (写真)鷹入の滝

 

 前日の雨の影響も感じさせず、多くの人々が滝まで登って来られました。夏の暑さを和らげる涼を感じ、リフレッシュされているようでした。

会場では、ソーメン流しをはじめ、虹鱒のつかみ取りなどイベントが開催されました。

 

 

 

 山佐ダムキャンプ場祭り

  平成29年7月29日 山佐ダムキャンプ場

 山佐ダムキャンプ場まつり

 (写真)開会セレモニーの様子

 

山佐ダムキャンプ場を会場に、多くの来場者がありました。開会セレモニーのあと演芸や花火大会があり、皆さん楽しまれました。 

 

 

 

 

 出雲たたら村2017 オープンセレモニー

平成29年7月15日 出雲たたら村 オープンゲート

出雲たたら村オープンセレモニー

 (写真)オープニングセレモニーの様子

 

映画「たたら侍」のオープンセットが公開され、雲南市掛谷町にてオープンセレモニーが開催されました。

開催にあたり、大勢の入場を待つ来場者の前で、テープカット等の行事がありました。

 

 

 

 

東京安来会総会

 平成29年6月17日 日立金属・高輪和彊館(東京都)

東京安来会 総会

(写真)総会の様子

 

 東京安来会 懇親会

(写真)久しぶりに集まり、故郷を懐かしむ会員のみなさん。

 

関東圏域在住の安来市出身者らで組織する東京安来会の総会が6月17日、都内であり、会員ら100人が親睦を深めました。

近藤市長が安来市の近況報告をしたほか、加納美術館の加納名誉館長による世界の恒久平和を願った画家加納莞蕾の話などもあり、ふるさと安来の話題に花が咲きました。

 

 

 吉田ほたる祭り

平成29年6月8日から6月12日  吉田交流センター

吉田ほたる祭り

(写真)吉田ほたる祭り開会セレモニーの様子。

 

吉田ほたる祭りが6月8日から5日間、吉田交流センターで開催されました。

吉田川の環境保護活動をきっかけに、地元有志の皆さんにより平成8年から始まりました。開会セレモニーのあった

6月10日は、出店もあり地区内外から大勢の家族連れなどが詰め掛けていました。

 

 

オーダーメイド貸工場が始動

平成29年3月27日 市長室

オーダーメイド貸工場が始動

(写真)調印を終えた美和敬二社長(右)と近藤市長。

 

安来市が建設する工場を貸し出し、企業を誘致するオーダーメイド貸工場の立地第1号に、愛知県新城市の豊栄工業株式会社が決まり、3月27日に立地協定を結ぶとともに島根県の企業立地認定を受けました。

豊栄工業は自動車や航空機部品の金型製造などで高い実績があり、平成30年の操業開始を目指して広瀬町下山佐に建設する新工場では、トウモロコシ等を原料とするバイオプラスチック製の幼児用食器や医療機器部品を製造します。これにより、地域経済の活性化や雇用の創出に期待しています。

 

 

島根スサノオマジックを応援

平成29年3月14日 市長室

島根スサノオマジックを応援

(写真)寒竹キャプテン(左)にエールを送る近藤市長。

 

バスケットボール男子Bリーグ「島根スサノオマジック」の安来市大会を控えた3月14日、尾崎俊也球団社長と寒竹隼人キャプテンが来訪し、近藤市長に意気込みを伝えました。

現在、20連勝の快進撃で2部西地区の首位を独走しており、1部昇格が期待されています。

 

 

市長会が圏域をPR

平成29年2月11日 沖縄県キャンプ地

市長会が圏域をPR

(写真)中央がスワローズの真中監督。

 

中海・宍道湖・大山圏域市長会は「山陰まんなか共和国」を宣言して観光PRを展開しています。この一環で、ヤクルトスワローズの真中監督を3月31日までの任期でPR大使に任命しました。

沖縄県のキャンプ地で行った任命式には、市長会を代表して近藤市長が出席し、圏域のPRを要請しました。

 

 

中国電力と安全協定締結

平成29年2月10日 安来市内

中国電力と安全協定締結

(写真)3市長と中国電力清水社長(左)。

 

安来市・出雲市・雲南市は2月10日、中国電力と「島根原子力発電所に係る出雲市民、安来市民及び雲南市民の安全確保等に関する協定」を締結しました。

今後も立地自治体並みの安全協定締結を目指すとともに、万が一の事故発生時に迅速かつ適切に対応できる体制を構築していきます。

 

 

堀尾吉晴公共同研究会立ち上げ

平成29年1月17日 松江歴史館

堀尾吉晴公共同研究会

(写真)握手を交わす3市町長。

 

堀尾吉晴公に縁のある安来市・松江市・大口町(愛知県)は、吉晴公の足跡を調査・研究する共同研究会を立ち上げ、1月17日に松江歴史館で共同記者会見を開きました。

今後は資料の精査・収集や現地調査を実施し、平成32年度を目途にまとめる報告書をPR等に活用する計画です。

 

 

囲碁棋聖戦

平成29年1月14日・15日 さぎの湯荘

囲碁棋聖戦

(写真)対局初手立会いの様子。

 

1月14日と15日、囲碁の国内最高位のタイトル戦第41期棋聖戦七番勝負第1局が古川町のさぎの湯荘で開催され、国内6タイトル保持者の井山裕太棋聖に河野臨九段が挑戦しました。

熱戦の末、河野九段が178手で勝利しました。

 

 

日本政策金融公庫松江支店と包括的連携協定

平成29年1月13日 市長室

包括的連携協定

(写真)近藤市長と握手を交わす浜崎剛支店長(右)。

 

安来市と日本政策金融公庫松江支店は1月13日、「産業振興等に関する包括的連携協定」を締結しました。今後は、市内事業所のビジネスマッチングや農産物の販路開拓、6次産業化などにつき、連携して取り組みを進めます。

 

 

安来市消防出初式

平成29年1月8日 十神小学校講堂・安来港

安来市消防出初式

(写真)式辞を述べる近藤市長。

 

安来市消防出初式を1月8日に開催し、消防関係者約500人が防災・防火への士気を高めました。

十神小学校講堂で式典を行った後に安来港へ移動し、消防車両47台による一斉放水などを行いました。

 

 

安来市成人式

平成29年1月3日 市民体育館

安来市成人式

(写真)近藤市長から激励を受ける新成人。

 

安来市成人式が1月3日に安来市民体育館で開催され、363人の新成人が二十歳の決意を新たにしました。

会場では、卒業以来の友人との再会を喜び合い、かけつけた家族らから祝福を受ける光景が見られました。

 

 

清水ようかん新商品限定販売

平成28年12月15日 市長室

清水ようかん新商品

(写真)新商品の説明をする関係者の皆さん。

 

清水ようかんの販売促進に向け、製造販売元4社の商品を組み合わせた新商品「清水小唄」を安来菓子工業組合が企画し、12月15日に関係者が近藤市長へPRしました。

オリジナルデザインの箱に各社のようかんが1本ずつ入った4本セットで、昭和の中ごろ、歌手の島倉千代子さんが歌った清水寺のPRソング「清水小唄」から名付けました。道の駅あらエッサで12月17日から来年1月9日まで、600箱限定で販売されます。

 

 

広報はくた「町内散歩」の本が完成

平成28年12月12日 市長室

広報はくた「町内散歩」

(写真)近藤市長に本の完成を報告する編集委員会の皆さん。

 

旧伯太町の広報紙「広報はくた」に掲載されていた「町内散歩」のページが本になり、作業にあたった母里交流センターを中心とする編集委員会の皆さんが12月12日、近藤市長に披露しました。

伯太町内の文化財や史跡などを詳しく紹介する「町内散歩」は、昭和52年から平成16年9月まで318回連載された人気コーナーでした。伯太地域の歴史を語る貴重な記録として、市内図書館などに設置されます。

 

 

安来市農林業祭

平成28年11月20日 伯太庁舎

安来市農林業祭 

(写真)開会式の様子。

 

12回目となる安来市農林業祭が11月20日、市役所伯太庁舎で開催されました。

農林業の振興を目的に、生産者の皆様の協力を得て毎年開催しており、市内産の農林産物の販売をはじめ、地産地消を推奨する料理や木工などの体験コーナーに多くの人が来場し賑わいました。

 

 

第12回なかうみマラソン全国大会

平成28年11月6日 メーン会場:和鋼博物館

第12回なかうみマラソン全国大会

(写真)一斉にスタートする選手の皆さん。

 

山陰最大級のマラソンの祭典「第12回なかうみマラソン全国大会」を11月6日に市内で開催し、北海道から沖縄県まで4907人にご参加いただきました。

また、元プロボクサーでタレントの内藤大助さん、2013年日本選手権3千メートル障害優勝の荒井悦加さんをゲストランナーに迎え、沿道やステージを盛り上げていただきました。

選手の皆様、応援していただいた皆様、関係者の皆様に、深く感謝申し上げます。

 

 

地域おこし協力隊員委嘱式

平成28年11月1日 市長室

 

(写真)近藤市長から委嘱を受ける大森裕美さん(左)。地域おこし協力隊員委嘱式

 

市内に居住しながら、安来の魅力発信やブランド発掘などを行う地域おこし協力隊員の4人目に、大森裕美さんが着任しました。

大森さんは、昨年7月に都内で開かれた就農フェアで安来市のブースを訪れたことがきっかけで、神奈川県横浜市から移住を決意。今後は穂日島町の農業サポートセンターで、農家を支援する活動を行う予定です。

 

 

平和友好記念碑除幕式

平成28年10月23日 加納美術館

平和友好記念碑除幕式

(写真)お披露目された記念碑。

 

戦後、フィリピンに収容された日本人戦犯の助命嘆願を続けた加納莞蕾氏と、これに応えて特赦を与えたキリノ大統領の平和への願いを後世に伝える平和友好記念碑が、安来市加納美術館に建立されました。

10月23日に行われた除幕式には、フィリピンから招待したキリノ元大統領の親族や在総領事館総領事をはじめ関係者ら約200人が出席し、恒久平和と両国の友好を誓いました。

 

 

安来市平和のつどい

平成28年10月22日 布部グラウンドゴルフ場

安来市平和のつどい 

(写真)開会式の様子。

 

核兵器廃絶と恒久平和を訴えようと、布部地区の皆さんらで組織する実行委員会が、9月26日に布部グラウンドゴルフ場で「安来市平和のつどい」を開催しました。

会場には、地域の皆さんらが手作りした行灯1500灯が並び、参加者により平和を願う火がともされたほか、児童による平和学習発表などがありました。

 

 

近藤市長3期目スタート

平成28年10月18日 安来庁舎玄関前

近藤市長3期目スタート

(写真)市職員に迎えられ、初登庁する近藤市長。

 

任期満了に伴う安来市長選挙が10月16日に執行され、現職の近藤宏樹市長が3選を果しました。3期目の任期は平成28年10月24日から平成32年10月23日まで。

 

 

山陰いいものマルシェin安来

平成28年9月25日 安来港

山陰いいものマルシェin安来

(写真)オープニングセレモニーの様子。

 

中海・宍道湖・大山圏域5市の行政や経済団体らにより、山陰が誇る「いいもの」を全国へ発信する山陰いいものマルシェが9月25日、安来港で開催され、山陰両県から出店した58店舗に大勢が詰め掛け賑わいました。

 

 

幸盛祭

平成28年9月25日 歴史資料館前

幸盛祭

(写真)ウオーキング・マラソン開会式の様子。

 

尼子氏再興に向け活躍した戦国武将山中鹿介を称える行事として、昭和2年から続く伝統を持つ幸盛祭が9月25日、月山周辺で開催され、ウオーキングやマラソン、ステージイベントなどに多くの人が来場しました。

 

 

安来市総合防災訓練

平成28年9月24日 広瀬町富田

安来市総合防災訓練

(写真)救助訓練の様子。

 

9月24日に広瀬町内の飯梨川河川敷で安来市総合防災訓練を開催しました。

行政機関や地域の自主防災組織など20以上の団体の協力を得て、避難所の開設・運営、救助、避難確認、炊き出しなど、緊急時のさまざまな場面を想定した実践的な訓練を実施しました。

 

 

秋の全国交通安全運動

平成28年9月21日 広瀬町石原

秋の全国交通安全運動

(写真)開村式の様子。

 

秋の全国交通安全運動が全国一斉に実施されるのにあわせ、9月21日に広瀬町石原で「交通安全テント村」の開村式があり、関係者らが朝の通勤車両へ交通安全を呼びかける啓発活動を行いました。

 

 

やすぎ環境フェア2016

平成28年9月11日 和鋼博物館前 

やすぎ環境フェア2016

(写真)園児によるステージイベントの様子。 

 

環境問題への理解と関心を高めてもらおうと9月11日、和鋼博物館前で「やすぎ環境フェア2016」を開催しました。

環境関連企業や近隣の行政機関など18団体がブースを設け、地球温暖化防止・リサイクルの取り組みや、中海・飯梨川の環境報告、環境に配慮した新製品などを紹介したほか、小学生による環境学習のステージ発表や体験イベントなどもあり、多くの皆さんに来場いただきました。

 

 

ハーモニータウン汐彩住宅祭

平成28年9月3日 ハーモニータウン汐彩(汐手が丘)

ハーモニータウン汐彩住宅祭

(写真)開場式の様子。

 

住宅団地「ハーモニータウン汐彩」で9月3日から住宅祭が始まりました。11日まで。

JR安来駅から東へ約1.5kmにある当団地は、中海の入り江に面する美しい景観を持つ229区画の新興住宅団地です。今回は47区画を売り出しており、12業者が出展し6棟のモデル住宅を見学することができます。

安来市では、本年度から市内での住宅取得に最大160万円を補助する制度を開始しており、定住を支援しています。

 

 

山陰都市連携協議会

平成28年8月30日 夢みなとタワー(境港市)

山陰都市連携協議会

(写真)会議の様子。

 

山陰両県12市の市長と市議会議長で構成し、各市共通の課題解消や産業・観光振興などで広域連携を目指す山陰都市連携協議会が8月30日、境港市内で開催されました。

今回は、参院選での選挙区合区の解消や山陰新幹線の早期実現、山陰自動車道の早期整備などを国などに求めていくことを決議しました。

 

 

やすぎ月の輪まつり

平成28年8月14日から17日 市街地ほか

やすぎ月の輪まつり

(写真)安来節おどり。

 

やすぎ月の輪まつり

(写真)伝統の月の輪神事。

 

8月14日から17日まで、恒例の「やすぎ月の輪まつり」が開催されました。

4夜連続で行われる「月の輪神事」をはじめ、花火大会やステージイベント、安来節おどりなどの多彩な催しがあり、期間中延べ6万1千人の来場者でにぎわいました。

 

 

全国高校総体テニス競技開会式

平成28年8月1日 松江市総合体育館

全国高校総体テニス競技開会式

(写真)開会式に参加した全国の選手の皆さん。 

 

全国高等学校総合体育大会が中国地方等の各地を会場に開催され、8月1日に松江市総合体育館でテニス競技の開会式が行われました。

松江市とともに会場となった安来運動公園では8月2日・5日・6日に競技があり、熱戦が繰り広げられました。また、花のプランター設置や競技補助員、場内の案内、清掃など、大会の準備から運営を支えた地元高校生の活躍が光りました。

 

 

クルーズ客船コスタ・ヴィクトリア就航

平成28年7月28日 境港

クルーズ客船コスタ・ヴィクトリア就航

(写真)船内で行われた歓迎セレモニーの様子。

 

イタリアの大型客船「コスタ・ヴィクトリア号」が7月28日、境港に寄港し、船内で関係者による歓迎セレモニーが行われました。

9月にかけて述べ10回にわたり境港に寄港する日本海側では初の周遊クルーズがスタートしたもので、圏域への大きな経済効果が期待されることから、安来市を含む5市で構成する中海・宍道湖・大山圏域市長会でも支援しています。

 

 

山佐ダム35周年記念式典

平成28年7月23日 山佐ダムキャンプ場

山佐ダム35周年記念式典

(写真)式典の様子。

 

山佐ダムの35周年を祝う記念式典が7月23日、山佐ダムキャンプ場であり、関係者をはじめ大勢の地元の皆さんが参加しました。

山佐ダムは昭和55年に完成して以来、水道用水を供給する本来の役割はもとより、キャンプ場や体験交流施設等をダム湖畔に整備し、地域内外の多くの皆さんの憩いの場として親しまれています。

 

 

赤江小学校が夏の児童交流

平成28年7月2日 赤江小学校講堂

赤江小学校が夏の児童交流

(写真)開会式の様子。

 

赤江小学校と大阪府羽曳野市立白鳥小学校の児童交流が7月2日から2日間、安来市内であり、白鳥小6年生67人と教職員・保護者の皆さんが来訪しました。

夏と秋の年2回、交互に訪問し合う両校の児童交流は昭和48年から続く伝統があり、今年で44回目。

 

 

キリノ元フィリピン大統領の顕彰碑除幕式

平成28年6月18日 日比谷公園(東京都)

キリノ元フィリピン大統領の顕彰碑除幕式

(写真)除幕式の様子。

 

戦後、日本人戦犯に恩赦を与え解放したキリノ元フィリピン大統領の功績を称え、東京都の日比谷公園内に顕彰碑が建立されました。この恩赦に影響を与えたのが、キリノ氏に嘆願書を送り続けた広瀬町出身の画家加納莞雷氏です。

6月18日に開催された除幕式には、両国の関係者をはじめ、平和を希求した莞雷氏の作品・資料の数々を展示する安来市加納美術館の関係者や、近藤市長らが出席しました。

 

 

吉田ほたる祭り

平成28年6月9日から13日 吉田交流センター

 

(写真)出店や流しそうめんでにぎわった会場の様子。吉田ほたる祭り

 

吉田ほたる祭りが6月9日から5日間、吉田交流センターで開催されました。

吉田川の環境保護活動をきっかけに、地元有志の皆さんにより平成8年から始まり、今では地区内外から大勢の家族連れなどが詰めかける人気の祭りです。

 

 

東京安来会総会

平成28年5月28日 NHK青山荘(東京都)

東京安来会総会

(写真)どじょうすくい踊りを懐かしむ会員の皆さん。

 

関東圏域在住の安来市出身者らで組織する東京安来会の総会が5月28日、都内であり、会員ら80人が親睦を深めました。

近藤市長が安来市の近況報告をしたほか、安来節保存会大江戸支部の皆さんによる公演などもあり、ふるさと安来の話題に花が咲きました。

 

 

全国治水砂防協会通常総会

平成28年5月24日 砂防会館別館(東京都) 

全国治水砂防協会通常総会

(写真)総会の様子。

 

一般社団法人全国治水砂防協会通常総会が5月24日、都内で開催され、同協会島根県支部長を務める近藤市長が評議員として出席しました。

全国の自治体等で組織する同協会では、全国各地で多発する土砂災害等に対応するための各種砂防事業を推進しています。

 

 

やすぎ刃物まつり

平成28年5月4日・5日 市街地商店街ほか

やすぎ刃物まつり

(写真)展示販売の様子。

 

 やすぎ刃物まつり

(写真)日本遺産認定を祝し、開会式でくす玉を割る近藤市長ら関係者。 

 

全国で生産される刃物が一堂に集まる「やすぎ刃物まつり」が5月4日と5日、市街地で開催され、全国9府県40店舗の展示即売などでにぎわいました。

開会式では、安来市内で生産される刃物の素材ハガネのルーツである「たたら製鉄」の文化が、日本遺産に認定されたことが報告されました。

 

 

出雲國たたら風土記が日本遺産に

平成28年4月25日

日本遺産 

(写真) 雲南市の菅谷たたらで行われた記念セレモニーの様子。

 

安来市・雲南市・奥出雲町が合同で申請していた「たたら製鉄文化財群」が4月25日、日本遺産に認定されました。

日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するものです。今後は広域連携で資源を生かした地域づくり・活性化に取り組みます。

 

 

熊本地震被災地に物資を支援

平成28年4月19日 安来市消防本部

熊本地震被災地に物資を支援

(写真)被災地に向け出発する支援物資搬送隊5人(オレンジベスト着用)。

 

安来市は、人的・物的被害が長引く熊本地震の被災地に支援物資を送ることを決め、市職員5人による搬送隊が4月19日、災害支援車等2台に食料品や日用品など計約3トン分の支援物資を積載し、引き渡し先である熊本市東部浄化センターに届けました。

 

 

春の全国交通安全運動

平成28年4月6日 伯太町地内

春の全国交通安全運動

(写真)交通安全テント村開村式の様子。

 

春の全国交通安全運動がスタートした4月6日、安来伯太日南線パーキングで交通安全テント村を開村し、関係者が通行車両へ安全運転を呼びかける啓発活動を行いました。

 

 

能義第二地区農地整備事業竣工式

平成28年3月24日 利弘町

能義第二地区農地整備事業竣工式

(写真)記念碑の除幕をする溝口知事ら関係者。

 

島根県が平成20年度から進めていた、安来平野のほぼ中央に位置する168ヘクタールの大区画ほ場「能義第二地区農地」の整備事業が完了し、3月24日に竣工式が行われました。

地下水を自動制御する地下かんがい方式を県内で初採用し、生産コストを大幅に削減するなど、水田農業のモデル地区となっており、地元で設立された農事組合法人のきの郷が多角的な農業経営を推進しています。

 

 

あらえっさ中学野球大会

平成28年3月19日 あらえっさスタジアム

あらえっさ中学野球大会

(写真)あいにくの雨となり、バックネット裏で行われた開会式の様子。

 

市内5中学の野球部チームが、他チームとの交流を深める「あらえっさ中学野球大会」が3月19日と20日、市内各球場で開催され、県内をはじめ広島、岡山、高知、大分から15チームが参加し、練習の成果を競いました。安来市中学校野球部連合保護者会が主催し、今年で記念すべき10回目。

 

 

bjリーグ公式戦

平成28年2月28日 安来市民体育館

bjリーグ公式戦 

(写真)試合直前の選手と近藤市長ら。

 

bjリーグ(日本バスケットボールリーグ)の公式戦が2月28日、安来市民体育館で開催され、対戦した島根スサノオマジックと大分・愛媛ヒートデビルズの白熱した試合運びに、会場が沸きました。

結果は島根スサノオマジックが勝利し、西地区2位を守りました。

 

 

近畿安来会総会

平成28年2月20日 中央電気倶楽部(大阪市) 

近畿安来会総会 

(写真)近藤市長の講話の様子。

 

ふるさと安来への貢献を目的に、関西在住の安来市出身者らで構成する近畿安来会の総会が2月20日、大阪市内で開催され、会員ら140人が参加しました。

総会に続き、安来市の近況を報告する近藤市長の講話や、安来市出身の陶芸家・河井寛次郎氏の孫で、河井寛次郎記念館学芸員の鷺珠江さんによる記念講演も行われました。また、懇親会では安来節保存会関西支部の皆さんによるステージがあり、安来節の唄やどじょうすくい踊りなどが披露されました。

 

 

給食センター「ハッピークック」竣工式典

平成28年2月5日 ハッピークック

給食センター「ハッピークック」竣工式典 

(写真)式典の様子。

 

給食センター「ハッピークック」が完成し、2月5日に関係者ら約60人が出席して竣工式典を行いました。

4月から供用を開始し、初年度は給食未実施の一中・二中・三中・広瀬中・安来幼稚園へ配食。その後は順次配食先を増やし、平成34年度には市内すべての幼稚園、小・中学校の給食業務を一元化する計画です。

 

 

寒波による漏水・断水が市内全域に発生

平成28年1月25日から29日

寒波による災害

(写真)対応を協議する災害対策本部会議の様子。

 

1月23日から25日にかけて西日本を襲った記録的な寒波の影響で、凍結による水道管の破裂・漏水などが頻発し、市内全域で断水や濁り水などの被害が相次ぎました。

このため、25日に近藤市長を本部長とする災害対策本部を設置し、被害情報の収集や復旧作業、給水処置などを講じると同時に、自衛隊に災害派遣を要請し、24時間体制で対応にあたりました。

各地区で復旧・給水作業や高齢者世帯の安否確認等にご尽力いただきました消防団、水道事業者、自治会、民生児童委員、自主防災組織等、多くの皆様にお礼申し上げます。

 

 

第65期王将戦

平成28年1月24日 さぎの湯荘

第65期王将戦

(写真)対局の様子。

 

将棋の七つのタイトル戦の一つ「王将戦」が1月24日・25日、さぎの湯荘で開催されました。安来市での開催は昨年に続き2回目。初防衛を目指す郷田真隆王将に、4タイトルを保持する羽生善治名人が挑み、99手で羽生名人が勝利しました。

これに合わせ、将棋大会、対局者との前夜祭、プロ棋士との指導対局、大盤解説会など、ファン向けのイベントも開催されました。

 

 

市政懇談会

平成28年1月15日 安来中央交流センター

市政懇談会

(写真)市政懇談会の様子。

 

第2次安来市総合計画に基き、新たに4月から取り組むまちづくりについて、近藤市長ら市の幹部職員が市民の皆様に説明する市政懇談会を1月15日から22日にかけ、安来・広瀬・伯太の各地域で開催しました。

年間126人のUIターン者の確保などを目標とする人口対策や、新安来庁舎・総合文化ホールの進行状況などについて説明し、市民の皆様との意見交換を行いました。

 

 

みらいデザインコンクール授賞式

平成28年1月12日 安来庁舎

みらいデザインコンクール

(写真)「どげなかね かけ合う心で町づくり」で言の葉1位を獲得し、近藤市長から賞状を受け取る山崎茂子さん。

 

第2次安来市総合計画による新たなまちづくりの機運醸成を図るため、安来市の将来への思いを表現した絵画と言の葉を募集した「安来市みらいデザインコンクール」の入賞作28点が決まり、1月12日に安来庁舎で授賞式を行いました。

市内小中学生を対象とした絵画作品が44点、言の葉作品は市内外から185点の応募があり、自然や伝統文化、温かい人間関係に目を向けたものなど、まちづくりへの思いが伝わってくる作品が多く寄せられました。入選作品は市の事業等で活用させていただきます。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

安来市消防出初式

平成28年1月10日 十神小学校講堂

安来市消防出初式

(写真)式典で式辞を述べる近藤市長。

 

年の初めに、防災・防火への決意を新たにする安来市消防出初式が1月10日にあり、消防団員や消防職員ら約600人が参加しました。

十神小学校講堂での式典に続き、安来港ふ頭では消防車両49台による一斉放水などを行いました。

 

 

平成28年安来市成人式

平成28年1月3日 市民体育館

安来市成人式

(写真)新成人に激励のことばを贈る近藤市長。

 

安来市成人式が1月3日、安来市民体育館で開催されました。今年、市内で成人となったのは男166人、女188人の計354人で、当日は市外に就職・就学した人などを含む349人が、晴れ着やスーツ姿で参列しました。

 

 

富田城跡整備工事着工へ

平成27年12月18日 月山富田城跡

富田城跡整備工事起工式

(写真)起工式であいさつをする近藤市長。

 

観光振興や文化活動推進のための更なる有効活用に向け、月山富田城の整備工事に着工することになり、12月18日に山中御殿で関係者約60人が出席して起工式を行いました。

平成31年度までの5年間で、遺構の保存と歴史的景観の復旧のために樹木を伐採する計画であり、石垣や曲輪(くるわ)の様子が城内外からはっきりと見えるようにし、城跡の各所からのながめも向上させ、本来の姿に近づける考えです。

 

 

ヤマノと県・市が覚書調印

平成27年11月30日 島根県庁

県立地計画認定

(写真)溝口善兵衛知事(左)、冨田裕樹社長(中央)と握手する近藤市長。

 

ヤマノ株式会社が、島根県企業立地促進条例に基づく「立地計画認定」を受けることになり、11月30日に県庁で島根県・安来市との覚書調印が行われました。

同社が主力製品とするコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの健康食品は、国内の多くの大手食品関連企業と取り引きがあり、粉末食品を製造する技術力が高く評価されています。今後、健康食品の需要拡大が見込まれることから、工場を増設して生産能力の増大を図ることになり、地域経済への波及効果が期待されます。

 

 

東京電力福島第一原発を視察

平成27年11月27日 福島県

福島県内視察

(写真)がれきなどの廃棄物が袋詰めされ、一時保管されている仮置場。

 

島根原発30km圏内の5市で構成し、近藤市長が議長を務める島根原子力発電所周辺自治体連絡会議の市長らが11月27日、各自治体の原子力防災対策に役立てることを目的に、福島県内の各所を視察しました。

ほぼ全域に出されていた避難指示が9月に解除されたばかりの楢葉町では、松本町長から復旧状況などの説明を受け、意見交換を実施。富岡町では、環境省職員から除染・中間貯蔵施設の概要説明を受け、住宅や農地の除染作業現場や廃棄物等の仮置場を視察しました。また、福島第一原発では1号機から6号機の現状や汚染水対策の様子を視察しました。

この視察で得た情報を生かし、原子力防災対策に取り組んでまいります。

 

 

新安来庁舎建設工事着工へ

平成27年11月25日 安来庁舎隣接建設予定地

安来庁舎建設工事着工へ

(写真)工事の安全を願い、鍬入れをする近藤市長。

 

新安来庁舎の工事着工を控えた11月25日、現庁舎に隣接する建設予定地で安全祈願祭と起工式を執り行い、出席した関係者約80人が工事期間中の安全を祈りました。

新庁舎は鉄筋鉄骨コンクリート造4階建てで、利用頻度の高い窓口を1階に集中配置するほか、通風や採光などの自然エネルギーを有効利用するなど、市民の皆様の利便性と環境に配慮して設計しており、平成29年5月の完成を目指します。

 

 

安来市農林業祭

平成27年11月22日 伯太庁舎

安来市農林業祭 

(写真)オープニングでハトをかたどったエコ風船を飛ばす近藤市長ら関係者。

 

農林業の振興を目的に、市内で生産された安心・安全な農産物や林産物を消費者に提供する安来市農林業祭が11月22日、市役所伯太庁舎で開催されました。

「やすぎの産物大集合」をテーマに、37団体が新鮮な野菜や花、加工品、木工などのブースを出店したほか、抽選会や丸太切り競争などの催しもあり、多くの人が詰めかけました。

 

 

給食センター愛称決定

平成27年11月17日 安来庁舎

給食センター愛称決定

(写真)近藤市長から表彰状を受け取る伊藤瑠花さん(右)。

 

平成28年4月に供用開始を予定している給食センターの愛称を、南小学校6年の伊藤瑠花さんが提案した「ハッピークック」に決定し、11月17日に安来庁舎で表彰式を行いました。

市内の小学3年から中学3年を対象に愛称を募集し、134件の応募の中から審査により選んだもので、「給食を食べた人が幸せになるように」という思いが込められています。

 

 

安能広域農道開通式

平成27年11月9日 上吉田町

安能広域農道開通式

(写真)開通を祝い、テープカットをする近藤市長ら関係者。

 

平成11年から整備を進めていた広瀬・吉田・伯太を結ぶ基幹道路「安能地区広域営農団地農道」(総延長10.8km)が完成し、11月9日に上吉田町で開通式を行いました。

これにより、農産物の流通活性化をはじめ、地域振興につながるものと期待しています。

 

 

広瀬地区火災予防運動

平成27年11月8日 広瀬地区

広瀬地区火災予防運動

(写真)町内を隊列行進する消防車両を見守る近藤市長ら。

 

大正4年4月27日に、広瀬地区で約450戸を消失した大火から100年になるのを機に、火災予防の意識高揚を図ろうと11月8日、同地区で火災予防運動を実施し、消防署と消防団による消防車両の行進や啓発アナウンスのほか、飯梨川河川敷で一斉放水を行いました。

 

 

第11回なかうみマラソン全国大会

平成27年11月1日 メーン会場:和鋼博物館

第11回なかうみマラソン全国大会 

(写真)小学生の部スタートで号砲を鳴らす近藤市長(右)。

 

山陰を代表するマラソンの祭典「第11回なかうみマラソン全国大会」を11月1日、和鋼博物館をメーン会場に、北は北海道から南は大分県まで4996人にご参加いただき、盛大に開催することができました。

タレントで山形弁研究家のダニエル・カールさん、落語家で安来市ふるさと大使の桂吉弥さんをゲストランナーに迎え、レースやステージを盛り上げていただきました。

ご参加いただいた皆様、応援していただいた皆様、ご協力いただいたすべての皆様に、深く感謝申し上げます。

 

 

島根県東部高速道路利用促進協議会中央要望

平成27年10月28日 国土交通省ほか(東京都)

島根県東部高速道路利用促進協議会中央要望

(写真)国土交通省の池内幸司技監(左)に説明する近藤市長。

 

島根県と県東部の自治体、経済団体などで構成する島根県東部高速道路利用促進協議会が10月28日、国土交通省などで要望活動を行い、副会長を務める近藤市長が参加ました。

全国でも供用率が低い島根県の高速道路事情を説明し、山陰道の早期整備をはじめ高速料金の無料化、スマートインターチェンジ整備等の必要性を訴えました。

 

 

島根県原子力防災訓練

平成27年10月23日・25日

島根県原子力防災訓練

(写真)各関係機関の本部をテレビ回線で中継して実施した、市災害対策本部会議の様子。(安来庁舎)

 

島根原子力発電所で重大な事故が発生したことを想定し、30キロ圏内の自治体と関係機関が合同で原子力防災訓練を行いました。

10月23日は、島根原発からの一報で災害対策本部を立ち上げ、各関係機関と連携しながら初動対応にあたる訓練を実施。25日には、十神地区の皆さんに参加いただき、実際にバスで移動する避難訓練を行いました。

 

 

古代出雲王陵の丘健康ウオーク

平成27年10月11日 古代出雲王陵の丘

古代出雲王陵の丘健康ウオーク

(写真)スタートを見送る近藤市長ら。

 

荒島地区の歴史探訪と健康増進を目的に、地元の皆さんが主催する「古代出雲王陵の丘健康ウオーク」が10月11日、王陵の丘を発着点とする地区内8km・4km・3kmの各コースで開催され、地区内外から約500人が参加しました。今年で14回目。

 

 

安来市総合防災訓練

平成27年10月3日 伯太庁舎周辺

安来市総合防災訓練

(写真)状況報告を受ける近藤市長。

 

安来市総合防災訓練

(写真)自家用車の車載ジャッキを使って負傷者の救出訓練をする自主防災組織の皆さん。

 

災害時における地域防災力の強化を目的に10月3日、伯太庁舎周辺を会場に総合防災訓練を実施しました。

消防・警察・自衛隊をはじめ、災害時応援協定を結ぶ企業や、市民の皆さん主体の自主防災組織も参加し、大規模地震発生を想定した人命救助、火災対応、物資補給などの手順を実践形式で検証しました。

 

 

安来市平和のつどい

平成27年9月26日 布部グラウンドゴルフ場

安来市平和のつどい

(写真)広島で被爆したアオギリの2世樹木を植樹する近藤市長。

 

安来市平和のつどい

(写真)会場に並べられた市民の皆さん手作りの行灯。

 

戦後70年の節目に核兵器廃絶と恒久平和を訴えようと地元実行委員会が中心となり、9月26日に布部グラウンドゴルフ場で「安来市平和のつどい」を開催しました。

式典では、広島・長崎の被爆2世樹木「アオギリ」と「クスノキ」の記念植樹に続き、多くの市民の皆さんが平和を願い手作りした行灯1000灯に、平和の火がともされました。また、安来市ふるさと大使HANZOさんのコンサートや屋台の出店などもあり、多くの人が来場しました。

 

 

秋の全国交通安全運動

平成27年9月24日 広瀬町石原

秋の全国交通安全運動

(写真)開村のあいさつをする近藤市長。

 

全国一斉に実施される「秋の全国交通安全運動」期間中の9月24日早朝、広瀬町石原で「交通安全テント村」が開村し、関係者により通行車両への啓発活動を実施しました。

10日間にわたる期間中は、各地域で「のぼり旗」の設置や、通学時間帯の街頭指導などが行われます。

 

 

東京島根県人会ふれあいの集い

平成27年9月19日 ホテル椿山荘東京(東京都)

東京島根県人会

(写真)スクリーンを使って安来の産業や観光をPRする近藤市長。

 

首都圏在住の島根県出身者らが一堂に会する東京島根県人会の総会とふれあいの集いが9月19日、都内で開催され、出席した約400人が親睦を深めました。

安来・松江の両市にスポットが当たった今回は、近藤市長によるPRタイムや安来節のステージがあったほか、会場内に安来の特産品直売ブースも設けられ、盛況を得ました。

 

 

「高齢者思いやりロード」指定

平成27年9月14日 錦町交差点

高齢者思いやりロード

(写真)看板の除幕を行う近藤市長ら関係者。

 

高齢者の交通事故防止対策の一環として、安来木次線の錦町交差点から城谷交差点までの区間約1.2kmが「高齢者思いやりロード」に指定され、9月14日に錦町交差点で関係者による看板除幕式が行われました。

これに合わせ、沿線の商店等の協力により広報旗や夜光反射材を店舗等に設置するほか、街頭指導・誘導を強化することとしています。

 

 

安来市民会館(仮称)建設工事安全祈願祭・起工式

平成27年9月11日 建設予定地(切川地区)

安全祈願祭・起工式

(写真)鍬入れをする近藤市長。

 

切川地区に新築する安来市民会館(仮称)の建設工事に着手することになり、9月11日に現地で関係者ら約80人が出席し、安全祈願祭と起工式を行いました。

地上4階建てで1008席の大ホール、300席の小ホール等を備えるほか、533台分の駐車場を確保するなど設備の充実を計画しており、平成29年9月オープンを目指します。

 

 

日立金属と県・市が覚書調印

平成27年9月3日 島根県庁

県立地計画認定

(写真)溝口善兵衛知事(左)、高橋秀明社長(中央)と握手する近藤市長。

 

日立金属株式会社が、主力の安来工場の増設に伴い島根県企業立地促進条例に基づく「立地計画認定」を受けることになり、9月3日に県庁で島根県・安来市との覚書調印が行われました。

特殊鋼の製品性能や生産性の向上と、より大型の部材生産への対応を目的に、海岸工場内に大型鍛造プレス機を導入し周辺設備を整備するもので、平成29年10月に操業を開始し、海外でのシェア拡大を図ります。

地域経済への波及効果が期待されることから、県と連携して支援することとしています。

 

 

知事と8市長との意見交換会

平成27年8月28日 松江市内

意見交換会

(写真)意見を述べる近藤市長。

 

島根県が、地方創生に向けた人口対策計画として策定する「県総合戦略」の素案をまとめ、8月28日に松江市内で溝口善兵衛知事と県内8市長が、その内容について意見交換をしました。

県が設定する人口目標や子育て支援策等について、各市の実情を踏まえた意見が交わされました。

 

 

出雲造機と県・市が覚書調印 

平成27年8月27日 島根県庁

県立地計画認定

(写真)溝口善兵衛知事(左)、宮内幸一社長(中央)と握手する近藤市長。

 

出雲造機株式会社が、島根県企業立地促進条例に基づく「立地計画認定」を受けることになり、8月27日に県庁で島根県・安来市との覚書調印が行われました。

対象となった事業は、受注の増大が見込まれる特殊鋼板材の生産効率を大幅に高める設備を導入するもので、操業後3年間で30人の雇用増も見込まれており、地域経済への波及効果が期待されています。

 

 

サマーフェスティバル逢いあい東比田

平成27年8月23日 東比田交流センター

逢いあい東比田

(写真)ステージイベントであいさつする近藤市長。

 

東比田の活性化を目的に、地元の皆さんが企画したサマーフェスティバル「逢いあい東比田」が8月22日と23日、東比田交流センターを会場に開催されました。

打ち上げ花火やテント村、ステージイベントなど多彩な催しでにぎわったほか、地区外の独身女性に東比田の良さを知ってもらう体験ツアーもありました。

 

 

映画「たたら侍」安全祈願

平成27年8月16日 島根県内

「たたら侍」安全祈願

(写真)撮影の安全を祈願する近藤市長ら関係者。右は錦織良成監督。

 

中世の出雲地方を背景に、たたら製鉄の継承者の成長を描く映画「たたら侍」の撮影がスタートし、8月16日に行われた安全祈願祭では、錦織良成監督をはじめ関係者が撮影中の無事を祈りました。

安来市を含む島根県内7市町も制作を支援しており、地域のPRにつながるものと期待しています。

 

 

安来節全国優勝大会

平成27年8月15日から17日 安来市民体育館

安来節全国優勝大会

(写真)表彰式の様子。

 

全国で活躍する安来節保存会会員による安来節全国優勝大会が8月15日から3日間、安来市民体育館で開催されました。

今年は全国各地の予選を勝ち抜いた5歳から84歳まで790人が出場。唄・弦(三味線)・鼓・踊り・銭太鼓の各種目で、階級ごとに練習の成果を披露しました。

 

 

やすぎ月の輪まつり

平成27年8月14日から17日 市街地ほか 

オープニング

(写真)初日にあいさつする近藤市長。後列は姉妹都市韓国密陽市からお招きした皆さん。

 

安来節おどり

(写真)近藤市長も安来節おどりに参加。

 

4夜連続で行われる「月の輪神事」に合わせ、花火大会やステージ、安来節おどりなどの多彩な催しで賑わう「やすぎ月の輪まつり」が8月14日から17日まで開催され、期間中延べ6万人が来場しました。

今回は、全国の祭りを応援する事業を展開しているダイドードリンコ株式会社により、「月の輪神事」を紹介するBS番組の収録が行われました。また、同番組を監修するNPO法人「日本の祭りネットワーク」の副理事長で東日本国際大学学長の吉村作治さんが訪れ、神事伝統の四重連などを熱心に見学されました。

 

 

ALT(外国語指導助手)3人が着任

平成27年8月12日 安来市役所市長室

ALT

(写真)左からコリンさん、ダミアンさん、ドーンさん。

 

ALT(外国語指導助手)として8月から安来市に勤務するコリン・マイケル・オルソンさん、ダミアン・ラスさん、ドーン・マリー・ウイルチャウスキーさんが、近藤市長に着任の報告をしました。

これにより、安来市のALTは4人体制となり、小・中学校の子どもたちが英語に親しむためのサポートを行います。

 

 

フェンシング長島選手来訪

平成27年8月4日 安来市役所市長室

長島選手

(写真)近藤市長から激励を受ける長島徳幸選手(右)。

 

フェンシングの五輪指定強化選手に選ばれている、広瀬町出身で法政大学4年の長島徳幸選手が8月4日、市役所を訪れ、近藤市長に近況を報告しました。

長島選手は、全日本インカレでの優勝をはじめ、ワールドカップへの参戦など着実に実績を重ねており、次のオリンピック出場が期待されています。

 

 

地方版総合戦略を石破大臣へ説明 (中海・宍道湖・大山圏域市長会)

平成27年7月31日 内閣府庁舎(東京都)

石破大臣面会

(写真)左から中村境港市長、近藤市長、松浦松江市長、石破大臣。

 

安来・松江・出雲・米子・境港の5市で構成する中海・宍道湖・大山圏域市長会の市長が7月31日、石破茂地方創生担当相と面会し、広域連携による「地方版総合戦略」の概要を説明しました。

戦略は、産業・交通・居住・住民サービスの4施策を推進し、圏域人口60万人の維持を目指すもので、安来市の特殊鋼技術を生かした企業誘致など、圏域各市の特色を盛り込んだ内容となっています。

同市長会では、県境を越えた広域連携での取り組みを、さらに進める考えです。

 

 

大塚文化祭・秋葉さん

平成27年7月23日 大塚交流センターほか

秋葉さん 

(写真)オープニングであいさつする近藤市長。

 

大塚町の秋葉寺の例大祭「秋葉さん」と大塚文化祭が7月23日と24日、大塚交流センターと隣接する多目的スポーツ広場で開催されました。

地域の皆さんの企画・運営による趣向を凝らした内容が人気で、今年はジャズコンサートや屋台村、花火大会など多彩な催しでにぎわいました。

 

 

やすぎ月の輪まつり学生ボランティア任命式

平成27年7月21日 安来中央交流センター

学生ボランティア任命式

(写真)近藤市長から激励を受け取る学生ボランティアの皆さん。

 

8月14日から4日間にわたり開催される「やすぎ月の輪まつり」で、ボランティアを務める学生の任命式を7月21日、安来中央交流センターで行いました。

今年は、市内の中・高生62人が参加し、ポスター張りや会場の草刈り等の事前準備と、本番の運営や片付け等に取り組みます。

 

 

イザナミコンサート・イン・上の台

平成27年7月19日 上の台緑の村

イザナミコンサート

(写真)開会のあいさつをする近藤市長。

 

比婆山神話フェスタ「イザナミコンサート・イン・上の台」が7月19日、上の台緑の村で開催されました。古事記の舞台である比婆山に眠る「イザナミ神」への奉納コンサートとして、地元の皆さんが主催する人気の催しで、今年で4回目。

大山・中海・比婆山を臨む絶景と、刻々と変わる夏の夕暮れが演出する幻想的なロケーションの中で、安来カントリーボーイズとクラシック歌手のMIZUEさんが歌声を披露しました。

 

 

独身男女の縁結びを応援する「安来はぴこ会」立ち上げ

平成27年7月12日 和鋼博物館

安来はぴこ会立ち上げ式

(写真)はぴこの皆さんに市結婚相談員の委嘱状を手渡す近藤市長。

 

島根県内で、独身男女の縁結びを支援するボランティア団体「しまね縁結びはぴこ会」では、「島根はっぴぃこーでぃねーたー」通称「はぴこ」に、現在、160人が登録しており、安来市内でもこれまで2人の「はぴこ」が、結婚相談会をはじめとする活動をしてきました。

この度、新たに8人の「はぴこ」が市内に誕生し、活動の母体となる「安来はぴこ会」が設置されることになり、7月12日に和鋼博物館であった立ち上げ式では、近藤市長が市の結婚相談員の委嘱状も交付しました。

今後は、市と安来はぴこ会とが連携して取り組みを強化します。

●問い合わせ:定住企画課 電話0854-23-3059

 

 

安来高校女子生徒が囲碁で全国へ

平成27年7月10日 安来庁舎

安来高校生徒囲碁全国

(写真)近藤市長から激励を受ける(左から)青戸琴美さん、大江珠未さん、漆原友紀さん。

 

7月25日から東京都で開催される全国高校囲碁選手権大会の女子団体戦に、県代表として出場が決定した安来高校の青戸琴美さん(2年)、大江珠未さん(1年)、漆原友紀さん(1年)が7月10日に安来庁舎を訪問し、近藤市長から激励を受けました。

この内、大江さんは個人戦にも県代表として出場するほか、7月30日から滋賀県で開催される全国高等学校総合文化祭囲碁部門にも県代表メンバーとして出場します。

 

 

「社会を明るくする運動」、「青少年の非行・被害防止全国強調月間」推進大会

平成27年7月3日 広瀬中央交流センター

社会を明るくする運動

(写真)あいさつを述べる近藤市長。

 

犯罪や非行のない地域社会の構築を目指して法務省が推進する「社会を明るくする運動」と、学校が夏休みに入る7月に内閣府が実施する「青少年の非行・被害防止全国強調月間」の取り組みを進めるため、7月3日に広瀬中央交流センターで推進大会があり、出席した関係者らが非行や犯罪のない明るい社会の実現に向け決意を新たにしました。

 

 

堀尾吉晴公を偲ぶ会

平成27年6月17日 巌倉寺(広瀬町)

堀尾吉晴公を偲ぶ会

(写真)堀尾吉晴公の墓前であいさつする近藤市長。

 

松江城天守が国宝に指定される運びになったことを受け、松江開府の祖・堀尾吉晴公の命日にあたる6月17日、広瀬町の巌倉寺にある墓所で偲ぶ会を開き、松江市の松浦正敬市長、近藤市長ら関係者が、吉晴公に吉報を伝えました。

松江城は、月山富田城主としてお国入りした吉晴公の築城とされており、完成直前に松江で没した吉晴公の遺言により、巌倉寺に埋葬されたと伝わっています。

 

 

安来市消防操法大会

平成27年6月14日 中海ふれあい公園(仮称)

安来市消防操法大会

(写真)開会式で近藤市長から激励を受ける消防団員。

 

安来市消防操法大会 

(写真)的を狙って放水する選手。

 

消防団員が、消火活動の技術や規律を競う第10回安来市消防操法大会が6月14日、中海ふれあい公園(仮称)であり、ポンプ車の部に5チーム、小型ポンプの部に12チームが出場し、訓練の成果を披露しました。

各部の優勝チームは8月9日、益田市で開催される島根県消防操法大会に出場します。

 

 

吉田ほたる祭り

平成27年6月13日 吉田交流センター

吉田ほたる祭り 

(写真)オープニングであいさつする近藤市長。

 

吉田ほたる祭り

(写真)観衆を魅了したホタルの乱舞。

 

安来の初夏の風物詩として人気の吉田ほたる祭りが6月11日から5日間、吉田交流センターを会場に開催されました。屋台村などのイベントがあった13日には、地区内外から大勢の家族連れなどが詰めかけ、ホタルの乱舞を観賞しました。

吉田ほたる祭りは、地元有志の皆さんが平成5年から始めた吉田川の環境保護活動をきっかけに、平成8年からスタート。今回で記念すべき20回目を迎えました。

 

 

全国市長会議

平成27年6月10日 ホテルニューオータニ(東京都)

全国市長会議

(写真)全国の市・区長が集結した会議の様子。

 

6月10日に東京都内で開催された第85回全国市長会議に近藤市長が出席。地方創生・人口対策に関することなど、自治体が直面する重要課題について決議されました。

全国すべての市長・区長で組織する全国市長会では、共通する課題や、自治体単独では解決が難しい問題の対応につき調査研究を行い、国会・政府へ働きかけるなど、都市間が連携した活動を展開しています。

 

 

第23回東京安来会総会

平成27年5月30日 NHK青山荘(東京都)

東京安来会総会

(写真)安来の近況を紹介する近藤市長の話に聞き入る会員の皆さん。

 

関東圏に居住する安来市出身者などで組織する東京安来会の総会が5月30日、NHK青山荘(東京都)で開催され近藤市長が出席しました。

81人の会員が出席した総会では、決算報告や役員選任など議事の後、近藤市長が「ちょっこし安来のお話」と題し、市内の風景や行事、市が取り組んでいる主要事業などをスライドで紹介しました。

 

 

全国治水砂防協会通常総会

 全国治水砂防協会通常総会

平成27年5月28日 砂防会館別館(東京都)

(写真)総会の様子。

 

一般社団法人全国治水砂防協会通常総会が5月28日、砂防会館別館(東京都)で開催され、同協会島根県支部長を務める近藤市長が評議員として出席しました。

全国の自治体等で組織する同協会では、全国各地で多発する土砂災害等に対応するため連携して砂防事業を推進し、災害に強い安全で豊かな国土を目指しています。

 

 

密陽アリラン大祝祭

平成27年5月7日・8日 韓国・密陽市

密陽アリラン大祝祭

(写真)大祝祭を飾る多彩なステージイベント。

 

密陽アリラン大祝祭

(写真)6万人が詰めかけた会場。

 

平成2年から姉妹都市として交流を続けている、韓国の密陽市から招待を受け、第57回密陽アリラン大祝祭に参加しました。

5月7日の歓迎式では、パクイルホ市長をはじめ密陽市関係者の温かい歓迎を受け、近藤市長が友好のあいさつを述べました。続いて行われた大祝祭には6万人が来場し、オペラ、アイドルグループのダンスパフォーマンスなど、多彩なイベントが繰り広げられました。

 

 

第20回やすぎ刃物まつり

平成27年5月3日・4日 市街地商店街ほか

展示販売

(写真)展示販売の様子。

 

トークショー

(写真)錦織良成監督と近藤市長のトークショーの様子。

来年公開予定の映画「たたら侍」の制作秘話などで盛り上がりました。

 

記念すべき20回目となる「やすぎ刃物まつり」を5月3日と4日、市街地の商店街を中心に開催しました。

全国刃物業者の皆様による展示販売をはじめ、ステージイベント、クラシックカー展示、安来アウトドアナイフショー、松江高専の出張講座などの催しがあり、2万400人の来場者でにぎわいました。

 

 

地域おこし協力隊員2名が決定

平成27年5月1日 市長室

地域おこし協力隊員

(写真)近藤市長から委嘱状を受け取った小田ちさとさん(写真左)と盛岡渉さん(写真右)。

 

安来市が今年度より導入した「地域おこし協力隊制度」の隊員を募集したところ、大阪市出身の盛岡渉さんと京都府向日市出身の小田ちさとさんが決定し、5月1日に委嘱状を交付しました。

地域おこし協力隊とは、都市部の人が過疎地域で農林業や地域の行事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行い、地域への定住を図りながら地域の活性化に貢献する取り組み。今後2人は、市内に居住しながら比田地区を中心に活動する予定です。

 

 

人気アニメのハンガー商品化

平成27年4月27日 安来庁舎

人気アニメのハンガー商品化

(写真)近藤市長に新商品を紹介する盛合隆也社長(写真左)。

 

合板加工等を手がける広瀬町の有限会社盛合商会が、自社で商品化した人気アニメのキャラクターをかたどった木製ハンガーを4月27日に発売し、同日、近藤市長に披露しました。

これは、安来市や安来商工会議所など4団体で運営する「産業サポートネットやすぎ」の、新商品新技術開発支援事業を活用したもの。東京都内の公式グッズショップをはじめ、市内では観光交流プラザで販売しています。

 

 

道の駅あらエッサ100万人達成

平成27年4月26日 道の駅あらエッサ(中海町)

道の駅あらエッサ100万人達成

(写真)記念すべき100万人目となった境港市在住の米原正樹さん(写真右)。

 

「道の駅あらエッサ」で営業する3店舗のレジ通過者の総数が、平成23年のオープン以来4月26日で100万人に到達しました。

今後も、より多くの皆様にご利用いただけるよう、施設の充実に努めます。

 

 

島根県市長会定例会

平成27年4月22日 安来市消防庁舎

島根県市長会定例会

(写真)会議の様子。

 

島根県内8市の市長で構成する島根県市長会の定例会が4月22日、安来市消防庁舎で開催され、地方創生、医療・福祉対策、産業振興など行政全般にわたる課題につき、国に対し46項目、県に対し47項目の要望にまとめました。

 

 

はくたチューリップ祭

平成27年4月19日 伯太庁舎周辺

はくたチューリップ祭

(写真)ステージで観光PRをする近藤市長。

 

はくたチューリップ祭 

(写真)色とりどりのチューリップが咲いた会場。

 

27回目となる「はくたチューリップ祭」が4月19日、伯太庁舎周辺で開催されました。

約200ヘクタールの畑では、100品種60万本のチューリップが見ごろを迎え、多彩なステージイベントや特産品の出店などもあり、家族連れなど多くの皆さんでにぎわいました。

 

 

やすぎ農業サポートセンター開所式

平成27年4月16日 JAしまねやすぎ担い手支援センター(穂日島町)

やすぎ農業サポートセンター開所式 

(写真)看板を除幕する関係者。

 

安来市やJAしまねやすぎ地区本部などで構成する安来地域担い手育成総合支援協議会は、農業の専門知識と技術を備えた人材を育成し、農繁期の農家にサポーターとして斡旋する「やすぎ農業サポートセンター」を、穂日島町のJAしまねやすぎ担い手支援センター内に開設し、4月16日に開所式を行いました。

担い手不足や高齢化により、農繁期の作業が追いつかない農家を支援するためのもので、農家の労働環境改善と特産物の生産拡大に寄与するものと期待しています。

 

 

荒島駅前に防犯カメラ設置

平成27年4月15日 JR荒島駅前広場

荒島駅前に防犯カメラ設置

(写真)運用開始のスイッチを押す関係者。

 

安来十神ライオンズクラブから寄贈していただいた防犯カメラ1台を荒島駅前広場に設置し、4月15日に関係者が出席して運用開始式を行いました。

近年、街頭犯罪の防止と事件の解決に、防犯カメラが大きな成果を上げており、駅前広場の安全性の向上に役立つものと期待しています。

 

 

布部グラウンドゴルフ大会

平成27年4月14日 布部グラウンドゴルフ場

布部グラウンドゴルフ大会

(写真)開会式であいさつする近藤市長。

 

安来市加納美術館に隣接する布部グラウンドゴルフ場で4月14日、布部グラウンドゴルフ大会が開催されました。

地元の皆さんの入念な手入れにより、行き届いた競技環境が整う当会場は人気が高く、この日も市内外から参加した約380人もの皆さんが、プレーを楽しみながら親睦を深めておられました。

 

 

富田のひな流し

平成27年4月5日 広瀬絣センター前

富田のひな流し

(写真)ひな流しを見守る近藤市長。

 

未来を担う子どもたちの健やかな成長と、地域の安泰を願う「富田のひな流し」が4月5日、広瀬絣センター前の富田川河川敷で行われ、市内外から訪れた多くの観光客や写真愛好家が、古式床しい光景を見守りました。

 

 

宇賀荘児童クラブが開所

平成27年4月1日 宇賀荘幼稚園園舎

宇賀荘児童クラブ開所式

(写真)開所式に先立ち看板を掲げる近藤市長ら。

 

現在、休園中の宇賀荘幼稚園の園舎を利用して、宇賀荘児童クラブが運営を開始することになり、4月1日に開所式が行われました。

放課後児童クラブは、昼間、就労等で保護者が不在の家庭の子どもたちを預かり、遊びを通して自主性・社会性を学ぶ場を提供する、社会的ニーズの高い事業です。

 

 


安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp