まちづくりは市民の健康から

平成25年8月号掲載

 行政にとって住民の健康保持・増進は、まちづくりを進める上での重要な要素であり、行政運営の根幹に関わる課題です。安来市では、健康診査や特定感染症に対する予防接種、各種がん検診など、病気の発症を未然に防ぐための施策に積極的に取り組んでいます。
 このうち、市独自の取り組みとしては、脳健診の費用助成について、今年度から定員枠を拡大して50人多い200人としたほか、子育て支援策でもある子どもの医療費無料化についても、7月から対象を「0歳以上小学校3年生まで」に拡大する支援策を実施しています。
 さらに、今般の風しんの流行を受け、ワクチン接種に対する費用助成を創設し、県内でいち早く7月から申請窓口を開設しました。生まれてくる赤ちゃんを先天性風しん症候群から守るためにも、今後妊娠を希望される女性やご夫婦、現在妊娠中の配偶者でいらっしゃる男性の方は、ぜひワクチン接種をご検討ください。
 日々健康に生活できることの有り難さは、実際それが脅かされた時でなければ、なかなか実感できるものではありません。症状がなく何の気なしに受けた人間ドックや定期健診で、重大な病気の初期症状が発見され、病状の悪化を食い止めたという話はよく耳にします。
 市民の皆さん一人一人の健やかな生活のためにも、市の行う各種検診や予防接種などを、どうか有効に活用していただき、自身の体の健康管理に心掛けていただきたいと思います。

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp