子育て環境の充実のために

平成24年8月号掲載 

 安来市では、少子化対策の一環として、子育て環境や教育環境の充実に力を入れています。

 まず、子育てでは、全国的課題となっている「保育所待機児童」について、希望する児童全員が入所できる「待機児童ゼロ」の体制を整えています。

 また、7月からは、3歳未満児を対象としていた医療費完全無料化を、就学前まで拡大するほか、8月からは、市内の福祉サービス事業所において、障がいがある児童の生活能力向上のための訓練等を提供するデイサービス事業がスタートする予定であるなど、充実を図っているところです。

 次に、教育環境では、小学校入学前の幼稚園と保育所の幼児教育の均一化を進めるため、荒島幼稚園と荒島保育所を一体化した「認定こども園荒島」をオープンしました。今後も幼保一体化を進めていく考えです。

 また、10年間の「ふるさと学習」のさらなる取り組みとして、「安来学教育読本(仮称)」を制作し、子どもたちが、ふるさとの文化や歴史、地理などにふれ、安来への愛着と誇りが息づく教育を目指しています。

 不登校の児童生徒を支援するため、昨年4月、飯梨地区にあった「あすなろ教室」は、旧広瀬中学校の管理棟をリニューアル・充実させ、移転したところです。

 学校での学習環境では、昨年度、すべての小中学校の特別教室にエアコンの設置し、今年度は追加設置を進めています。

 安全対策では、小中学校の耐震化整備率は95.8パーセントで、これは県内8市随一の整備率であり、第一中学校の改築が終了すれば100パーセントとなります。

 このように、安心して子育てができる環境を整えることを、私の一番の願いとして、市政を進めています。

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp