外来生物について

外来生物とは・・・                  

  もともとその地域にいなかったのに、人間活動によって海外から入ってきた生物のことを指します。

  外来生物は、私たちの生活に大変身近なものとなっていて、日本の野外に生息する外来生物の数は、わかっているだけでも2,000種を超えるといわれています。

これらは、意図的、非意図的に関わらず、日常的に外国などからやってきます。

 

  外来生物の中には、農作物や家畜、ペットのように、私たちの生活に欠かせない生物もたくさんいます。

  一方で、定着している・していないに関わらず、地域の自然環境などに大きな影響を与えるものもいて、これらを侵略的な外来生物といいます。

 

  外来生物法(「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」)では、生態系、人の生命・身体、農林水産業に悪影響を与えるもの、与えるおそれのある侵略的な外来生物を、特定外来生物として指定し、飼育・栽培・保管・運搬、販売・譲渡、輸入などを規制すること、野外にいる特定外来生物の防除を進めることで、侵略的な外来生物の被害を防止することを目的としています。

出典:環境省リーフレット「外来生物法」より

 

 

    ■外来生物が引き起こす3つの悪影響■

        日本固有の生態系への影響

        人の生命・身体への影響

        農林水産業への影響

 

 

    ■外来生物による被害を予防するために(外来種被害予防3原則)■

        入れない − 悪影響を及ぼすかもしれない外来生物を、むやみに日本に入れない

        捨てない − 飼っている外来生物を野外に捨てない

        拡げない − 野外にすでにいる外来生物は、他地域に広げない

 

       日本固有の生態系を守るためにも、外国の生きものや観賞用の動植物を野外に放したり、外来生物を不用意に

    捕まえたり持ち帰ったりしないようにしましょう。

 

  【注意】島根県内におけるセアカゴケグモについて

 

    関連サイト

    環境省HP「外来生物法」(外部リンク)−外来生物法についての情報

 

 

 

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp