地域と共に歩む 人を大切に よい医療・やさしいケア・安心を提供できる病院を目指します。
診療受付時間・休診日のごあんない 病院機能評価ページ

看護部

外来(外来、中央材料手術室、人工透析室)、2階病棟、3階病棟、療養病棟


看護部の理念

1.患者さまの立場にたち、安心・安全な看護を提供する。

2.看護専門職として自己啓発に努め、質の高い看護を実践する。

3.他職種間連携を推進し、地域住民の健康増進に貢献する。

4.病院の健全経営に参画する。



看護部の基本方針

1.患者さまのニーズや主体性を尊重し、患者さまと共に看護を提供します。

2.看護専門職として常に自己研鑽し、根拠に基づいた看護を実践します。

3.患者さまに安心・満足していただけるよう、他職種間連携に努めます。

4.常にコスト意識を持ち、病院経営に参画します。



平成29年度活動目標

テーマ

「基本理念に基づき、一人ひとりが考え行動できる組織づくり」

 

重点目標

1.看護専門職として、患者さまの個別性を重視し安全で質の高い看護を提供する

2.基本理念に基づき、患者さまの人権を尊重した看護サービスを提供する

3.安来市立病院の職員として責任を果たすために、一人ひとりが何をすべきかを考えて行動する

 

看護部の組織

組織図

看護体制

看護方式

勤務体制

【三交替勤務】


【二交替勤務】


看護単位

         

外来

外来

  外来看護師は、患者さまが地域で安心して生活を送り、継続して治療を受けることができるよう看護師と他職種が連携し、患者さまの健康の維持・増進のサポートをしています。

OP・中材

  外科、整形外科の手術が中心です。術前・術後訪問を積極的に行い、患者さまに寄り添った周術期看護の実践を心がけています。

人工透析

  透析用監視装置12台で、毎日(月〜土)透析を行っています。患者さまが自己管理ができるように、指導・教育を行っています。

2階病棟

 

地域包括ケア病棟(48床)です。急性期の治療が終了した患者さまが安心して退院を迎えられるように、患者さまとご家族の対話を大切にしながら在宅医療に向けての支援を行います。

3階病棟

   内科系・外科系・整形外科・泌尿器科など成人のすべての科の急性期の患者さまと、小児科の病棟(54床)です。手術や化学療法中の患者さまの看護や急性期治療の必要な患者さまが入院される病棟です。

療養病棟

 

介護保険病床を廃止し、医療保険病床46床の病棟となりました。患者さまや家族の望まれる生活へできるだけ早く移行できるよう、日常生活援助やQOLの向上を図っています。



継続教育

【教育目的】

安来市立病院の理念に基づき、専門職として社会のニーズに対応できる看護職員を育成する。

 

【教育目標】

1.人を大切にする看護サービスの提供ができる。

2.他職種との調整を図り、安全で質の高い看護が提供できる。

3.自己啓発および相互啓発に努め、専門職としての資質の向上を図ることができる。


【到達】

期待される看護職を育成するために、4つの段階を設けそれぞれの到達目標を設定し、教育を行っています。


【レベル】
 レベルI・・・チーム内でメンバーシップが取れ、受け持ち看護師の役割を果たす事ができる。

   ↓

 レベルII・・・チームのリーダー役割が理解でき実践できる。

   ↓

 レベルIII・・・専門領域における看護実践モデルとなり看護の専門性を発揮できる。

   ↓

 レベルIV・・・あらゆる分野で対象者に対し卓越した看護サービスを提供できる。 

新人看護職員研修システム

新人看護師教育スケジュールに基づいて、実践看護指導者を中心に段階的にきめ細やかな指導を行います。

  1. 集合研修・・・基本的看護の知識・技術の習得
  2. OJT   ・・・部署で看護実践、患者体験、ローテーション研修など
  3. 院外研修・・・島根大学クリニカルスキルアップセンターでのシュミレーション研修、看護協会主催の研修会参加など

【プリセプターシップ導入】

プリセプターシップ看護学校を卒業したものの...現場ではまだまだ知らないことがたくさんあり、実務でも不安があるもの。

その不安を解消し新人看護師を適切なスキルレベルまで引き上げるサポートをするのがプリセプターシップです。

 

キャリアアップ及びその他の支援


認定看護師育成支援制度

 認定看護師を目指す方へ以下の支援を行います。

糖尿病看護認定看護師(1人)、感染管理認定看護師(1人)が活躍しています。