地域と共に歩む 人を大切に よい医療・やさしいケア・安心を提供できる病院を目指します。
診療受付時間・休診日のごあんない 病院機能評価ページ

平成28年度 安来市立病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

1.年齢階級別退院患者数  ファイルをダウンロード

年齢区分   0〜  10〜  20〜  30〜  40〜  50〜  60〜  70〜  80〜  90〜
 患者数  14  9  12  34  50  71  167  326  470  220

平成28年度の退院患者さまと年齢階級別に集計した指標です。80歳から89歳までの患者さまが最も多く、全体の34.2%となっています。70歳以上が全体の73.9%で少子高齢化の地域性が反映されています。平均年齢は、75.1歳です。

 

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)  ファイルをダウンロード

内科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス
 050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし

 52

 24.83

 17.95

 9.62%

 84.77

 
 100380xxxxxxxx 体液量減少症

 37

 12.68

 9.33

 8.11%

 75.30

 
 150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2:なし

 30

 7.23

 5.50

 0.00%

 54.57

 
 010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 定義副傷病:なし 重症度等:発症前Rankin Scale 0、1又は2

24

 24.71  16.73  25.0%  79.54  
 130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし

 20

 3.65

 12.11  5.00%  72.45  

70歳以上の高齢者の方が主となっており、入院退院を繰り返す心不全での入院が最も多くなっています。次いで、体液量減少症(脱水症)です。高齢な方が多いため、全国の平均な入院日数より長くなっています。脳梗塞は、手術等が必要な場合には転院をお願いしていますので、他の疾病と比較して転院率が高くなっています。再生不良性貧血は、輸血目的で定期的に入院をされています。

小児科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス
 0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし

 7

 3.86

 5.79

 14.29%

 4.43

 

 

 040100xxxxx00x

喘息 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし

 ‐

 3.00

 6.42

 0.00%

 2.50

 
 040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2:なし

 ‐

 3.00

 6.09

 0.00%

 6.00

 
 030270xxxxxxxx 上気道炎

 ‐

 4.00

 4.83

 0.00%

 2.00

 
 150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2:なし

 ‐

 5.00

 5.50

 0.00%

 5.00

 

肺炎、喘息、上気道炎など呼吸器の疾患が約8割を占めています。感染症の疾患が多く、点滴治療を主として行い、早期に退院できるようにしています。

 ※患者数が5未満の数値は「‐」としています。

外科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 060035xx99x60x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 定義副傷病:なし

 18

 3.56

 4.48

 0.00%

 80.28

 
 060210xx9710xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし

 9

 27.78

 25.31

 0.00%

 80.56

 
 060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 定義副傷病:なし

 7

3.71

 4.42

 0.00%

 76.00

 
 060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病:なし

 7

 6.14

 6.91

 0.00%

 32.29

 
 060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし

 6

 30.00  15.92  0.00%  71.17  

悪性腫瘍に対する化学療法目的の入院が全体の約5割を占めています。高齢者の方が多いため、入院されることで、安心して治療を受けていただいています。腸閉塞(イレウス)は、平均年齢も高く入院期間が全国平均より長くなっています。

整形外科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 160800xx01xxxx

股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等

62

 39.66

 27.63

 70.97%

 85.24

 
 160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病:なし

 20

 42.55

 20.57

 0.00%

 84.00

 
 160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病:あり

 11

15.82

 10.63

 0.00%

 74.55

 
 070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし

 10

 31.90

 23.61

 0.00%

 76.20

 
 160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 定義副傷病:なし

 10

 38.60

 9.86

 0.00%

 68.60

 

高齢者が多い地域性を反映して、大腿骨近位の骨折が半数を占めています。大腿骨近位端骨折では、患者さまが高齢であり、リハビリテーションも長期になることから、当院の地域包括ケア病棟への転棟、または回復期リハビリテーション病棟へ転院をお願いしているため転院率が高くなっております。次に多いのが脊椎の圧迫骨折です。高齢者が転倒し、尻餅をつくことで骨折し、家庭生活が困難となり入院されます。

形成外科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 080250xx971xxx

褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1:あり

 72.00

 61.48

 0.00%

 80.00

 
 100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術・処置等2:なし

 ‐

 10.00

 26.28

 0.00%

 96.00

 
 161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満)分層植皮術 25平方センチメートル未満等 手術・処置等2:なし

 ‐

29.00

 25.79

 0.00%

 89.00

 
 080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1:なし  

 ‐

 2.00

 4.28

 0.00%

 36.00

 
 

 ‐

 

 ‐

 

 ‐

 

 ‐

 

 ‐

 

 ‐

 

 ‐

 

熱傷、褥傷、皮膚潰瘍の皮膚欠損部に対する皮膚植皮等の手術目的で入院されています。
 ※患者数が5未満の数値は「‐」としています。

耳鼻咽喉科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 030240xx01xxxx

扁桃周囲膿瘍、急性咽頭喉頭炎、扁桃周囲膿瘍切開術等

 7.00

 7.28

 0.00%

 37.00

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

  ‐

 
 ‐  ‐

  ‐

  ‐

  ‐

  ‐

  ‐

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

扁桃周囲膿瘍が重症であったための入院です。
 ※患者数が5未満の数値は「-」としています 。

皮膚科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 080020xxxxxxxx

帯状疱疹

 6.50

 8.96

 0.00%

 82.00

 
 ‐  ‐

  ‐

  ‐

 

 ‐  ‐

 

 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

帯状疱疹(どうまき)に対する点滴治療のための入院です。

 ※患者数が5未満の数値は「-」としています。
泌尿器科

 DPCコード  DPC名称  患者数

 平均

在院日数

(自院)

 平均

在院日数

(全国)

 転院率  平均年齢  患者用パス

 110060xx99x0xx

腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし

 55.0

 8.83

100%

 87.00

 
 110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2:なし

 ‐

 2.00

 10.42

100%

 87.00

 
 110080xx02x31x

前立腺の悪性腫瘍 精巣摘出術 手術・処置等2:3あり 定義副傷病:あり

 ‐

88.0

 24.74

 0.00%

 93.00

 
 110310xx01xx0x

腎臓または尿路の感染症 

経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病:なし

 

 17.0

 14.67

 0.00%

 75.00

 
 070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)手術なし 手術・処置2:4あり

 

 

 11.0

 17.48

 0.00%

 75.00

 

尿管、膀胱、前立腺の悪性腫瘍の治療目的での入院です。
 ※患者数が5未満の数値は「‐」としています。

 

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数  ファイルをダウンロード

 

 初発

 再発

 病期分類

基準(※)

 版数

StageI

StageII

StageIII

StageIV

不明

 胃癌

2

2

12

9

10

1

7

 大腸癌

4

3

2

2

33

23

1

7

 乳癌

 ‐

‐ 

 ‐

 ‐

 1

 1

 1

 7

 肺癌

 ‐

 ‐

 ‐

 1

 1

 ‐

 1

 7

 肝癌

 ‐

 ‐

 1

 1

 3

 ‐

 1

 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院に入院されて、癌治療を受けられた代表的な5つの癌疾患の患者数です。初めて治療(初発)時においては、癌の進行度(Stage)別の患者数発となっています。消化管の癌が約7割を占めています。

  ※5大癌とは、発症症例数が多いとされる癌です。

 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等  ファイルをダウンロード

 

 患者数

 平均

在院日数

 平均年齢

 軽症

9.75 

57.13 

 中等症

31 

14.06 

84.45 

 重症

22.60 

84.60 

 超重症

13 

25.62 

87.23 

 不明

‐ 

‐ 

成人市中肺炎とは、自宅・介護施設等での日常生活の中でかかる肺炎のことです。中等症の患者が半数を占めています。中等症以上の平均年齢は80歳以上と高齢であり、入院期間が長期化する傾向にあります。

 

5.脳梗塞のICD10別患者数等  ファイルをダウンロード

 ICD10

 傷病名

 発症日

から

 患者数

 平均在院

日数

 平均年齢

 転院率

 G45$

一過性脳虚血発作及び関連症候群

 3日以内

 5

 4.4

 70.6

 0.00%

 その他

 ‐

 28.00

 86.0

  0.00%

 G46$

脳血管疾患における脳の血管(性)症候群

 3日以内

 13.0

74.0

0.00%

 その他

 ‐

 ‐

 ‐

 I63$

脳梗塞

 3日以内

 58

 45.17

 80.16

 22.22%

 その他

 5

 18.0

 80.40

 1.59%

 I65$

脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの

 3日以内

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 その他

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 I66$

脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの

 3日以内

 ‐

 19.0

 83.0

 0.00%

 その他

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 I675

もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>

 3日以内

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 その他

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 I679

脳血管疾患,詳細不明

 3日以内

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 その他

‐ 

 ‐

 ‐

 ‐

脳梗塞による入院患者が最も多く、全体の7割を占めています。ほとんどが発症から3日以内の入院であり、早期離床に向けリハビリテーションの提供を行っています。長期入院が必要な場合には、地域包括ケア病棟に転棟していただき、リハビリテーションを継続しています。
 ※患者数が5未満の数値は「-」としています。

 

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)  ファイルをダウンロード

内科

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K7211

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満

40

0.58

1.60

0.00%

73.45

 

K688

内視鏡的胆道ステント留置術

21

2.81

16.19

0.00%

76.00

 

K654

内視鏡的消化管止血術

8

0.63

13.63

0.00%

70.50

 

K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合

 6

 0.67

 12.50

 0.00%

 82.00

 
K6871  内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの

 6

 8.33

66.83

 0.00%

 78.17

 

内科では、内視鏡による消化管の手術が全体の9割を占めています。ペースメーカ移植術も行っています。

外科

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K6335

ヘルニア手術 鼠径ヘルニア

12

1.5

7.33

0.00%

73.75

 

K714 腸管癒着症手術 

 8

 1.00

 18.5

 0.00%

 75.88

 
K7193

結腸切除術 全切除、亜全切除または悪性腫瘍手術 

 7

 5.57

 37.14

 0.00%

 70.71

 

K7211

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満

 6

 1.67

 0.50

 0.00%

 80.50

 

K672

胆嚢摘出術

5

1.60

11.8

0.00%

69.80

 

外科で最も多い手術は、鼠径ヘルニアです。パスを使用していますので、入院前に必要な検査を行い、入院翌日には手術をしています。次に多いのは腸閉塞(イレウス)による腸管癒着症の手術です。ほとんどが緊急手術になりますので、入院後すぐに実施しています。結腸の悪性腫瘍に対する手術、内視鏡下で実施する結腸の粘膜切除術です。胆嚢摘出術は、開腹によるものが5症例ありました。腹腔鏡下による胆嚢摘出術も実施しております。

整形外科

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K0461

骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿

56

3.30

38.34

64.29%

83.98

 

K0462

骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨

22

2.50

51.64

4.55%

74.55

 

K0811 人工骨頭挿入術 股

 17

 3.41

 40.71

 47.06%

 80.53

 
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿

 15

 1.00

 4.87

 0.00%

 61.07

 
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手、(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 

 9

 2.11

 33.56

 0.00%

 66.00

 

高齢者の多い地域性から、高齢者に対する骨折の手術が主となります。大腿骨近位骨折、橈骨遠位端骨折に対する骨折観血的手術(骨接合術)や、大腿骨近位部骨折に行われる人工骨頭置換術が全体の約8割を占めます。

形成外科

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K0052

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満

0

1.00

0.00%

36.00

 

K132

分層植皮術 25平方センチメートル以上100平方センチメートル未満

 ‐

 7.0

 21.00

 0.00%

 89.00

 

K013-21

全層植皮術 25平方センチメートル未満

 ‐

 2.0

 7.00

 0.00%

 96.00

 
k016 動脈(皮)弁術、筋(皮)弁術 

 6.0

 65.0

 0.00%

 80.00

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

褥瘡、皮膚潰瘍、熱傷等での皮膚欠損に対する皮膚移植術等を主に行っています。
 ※患者数が5未満の数値は「-」としています。

 耳鼻咽喉科 

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K368

扁桃周囲膿瘍切開術

0.00

6.00

0.00%

37.0

 

 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

 ‐

 ‐

 

 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 
 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

扁桃周囲膿瘍に対する手術です。
 ※患者数が5未満の数値は「-」としています。

泌尿器科

Kコード

名称

患者数

平均術前

日数

平均術後

日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K783-2

経尿道的尿管ステント留置術

0.00

16.00

0.00%

75.00

 

K830 

精巣摘出術

8.00

79.00

0.00%

93.00

 

 ‐  ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 ‐

 

 ‐ 

 ‐

 

泌尿器科では、原疾患(癌等)による尿管狭窄等に対する手術です。
 ※患者数が5未満の数値は「‐」としています。

 

 

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)  ファイルをダウンロード

DPC 

傷病名 

入院契機 

症例数 

発生率 

130100

播種性血管内凝固症候群

同一

異なる

7

0.51%

180010

敗血症

同一

9

0.66%

異なる

0.29%

180035

その他の真菌感染症

同一

異なる

180040

手術・処置等の合併症

同一

0.22%

異なる

0.15%

入院の合併症として代表的な4つの疾患について集計した指標です。播種性血管内凝固症候群や敗血症の入院契機と異なる症例は、入院中に基礎となる疾患が重症化したと考えられます。

 ※患者数が5未満の数値は「−」としています。 

 

更新履歴

平成29年9月29日