山佐っ子活動記録(11月) 

しいたけのほだ木組みかえ作業(11/30)

s s 

 菌の打ち込みをしてから約1年、JAやすぎ椎茸部会会長の長島さんの指導の下、全校でしいたけのほだ木の組みかえ作業を行いました。

 日当たり、風通し、湿気・・・いろいろな要素が複雑に影響する椎茸栽培。この日は、菌の活着具合をみていただき、これまでの井桁積みからほだ木起こしをしました。

 順調にいけば、採れるのは来年の10月辺り!楽しみに待っていようと思います。

PTA研修交流部行事(11/26)

p  p 

 PTA研修交流部さんの企画で、親子活動を行いました。まずはみんなで、同日10:00から行われた山佐地区体育協会主催の「山美湖(やまびこ)健康ウォーク」に参加しました。

 朝の雨で、開催が危ぶまれましたが、スタート時刻になると、青空も顔をのぞかせ、山佐ダム周辺(4.2キロ)を約1時間かけて歩きました。

 紅葉の美しい中、違う角度からの山佐ダムやダムが出来る前の旧道を見ながら、とても興味深く歩くことが出来ました。

 11:30からは、いよいよ「楽しくおいしい防災授業」です。島根県土木部砂防課のみなさん4名に、防災(土砂災害)についての出前授業を行っていただきました。

 模型を使った実験やDVD視聴などを通して、土砂崩れのメカニズムについてわかりやすく教えていただきました。

 日頃の備えや早めに避難することの大切さについて、しっかり学ぶことが出来ました。

 最後は、いよいよ「おいしい」活動!非常食(今回は、海鮮おこわ)の試食です。ダンボールからビニール袋を取り出し、フリーズドライのアルファー化米と具を入れ、お湯を入れます。封をして、20分待ったら出来上がり。

 お昼を過ぎていたので、みんなおなかがペコペコ!小さい子どもたちにも結構な量が盛られていましたが、みんなペロリと平らげていました。「非常食だから・・・」という先入観は、見事に裏切られ?とてもおいしくいただきました。

 まさに、「楽しくおいしい防災授業」となりました。

 遠いところお出かけいただきました県土木部砂防課の皆様、そして、お世話いただいたPTA研修交流部のみなさん、貴重な体験をありがとうございました。

授業公開日、人権・同和教育研修会(11/24)  

j j 

 11月の授業公開日では、どのクラスも人権に視点を当てた授業を行いました。

 1・2年生は、友達とのコミュニケーションの中で、うまくいかなかった時や心が傷ついた時、どうすればいいのか対処法や思いの伝え方などについて考えました。

 3・4年生は、身の回りのちがいについて「あってもいいちがい」なのか、「あってはならないちがい」なのか、自分自身で正しく判断し、行動できるよう人権教育の視点で考えました。

 6年生は、誰でも生まれながらに保障されている人権について、「世界人権宣言」を通して学びました。自分の生活を振り返り、毎日安全で快適に暮らしていける理由について考えました。

j j

 また、この日は、「地域に開く人権・同和教育研修会」ということで、山佐交流センター・奥田原交流センターとの共催で、講演会を行いました。

 講師は、プロジェクトゆうあい理事の今岡克己様にお願いしました。

 生きていく中で、困難と思われる事象に出会った時、「どうして自分だけが・・・許せない」と理不尽に思ってしまうか、「これは、何か意味のあることかもしれない」と前向きにとらえるか、受け止め方の違いでその先の人生そのものが変わってくるということをご自身の子育てをもとにお話しいただきました。

 最後の「この町で」という曲の弾き語りは、参加者全員の胸を熱くしました。

 今岡様、本当にありがとうございました。また、寒い中、参加いただいた地域の皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

プログラミング学習(11/22)

r 

 3年生以上のクラブ活動で、プログラミングの学習を行いました。メディアラボの長谷川さんを講師にお迎えし、プログラミングの基礎を教えていただきました。

 ロボットが指定された道を間違えないでゴール出来るよう、道に「直進」「右折」「左折」を示す色分けされたシールを貼っていきます。そのシールを読み取りながら、ロボットは進んでいきます。

 同じ道をグルグル回って抜け出せなかったり、全く別の道に進んでいったり・・・なかなか指示通りに進んでくれません(ロボットにとっては指示通りなのですが・・・)。

 ロボットになったつもりで?何度もシールを貼り直し、ようやくゴールイン!!グループで試行錯誤する姿がとてもよかったと思います。

 新しい学習指導要領では、算数・理科・総合的な学習の時間において、児童がプログラミングを体験しながら、論理的思考力を身に付けるための学習活動を取り入れるよう示されています。今後、学校でも考えていかなければならないと思っています。 

収穫祭(11/17)

s  s

 いろいろな種類の野菜・果物・サツマイモ・お米作り・・・そして、「より作り」でお世話になった地域のみなさんをお招きして、盛大に「収穫祭」を行いました。

 当日朝、冷たい水にも負けないで、6年生が米研ぎをしてくれました。水を調整し、お米に水を吸わせた後、いよいよ米炊きの始まりです。今年ももちろん羽釜炊きです。新聞紙やわらを種火にして、徐々に木ぎれ、薪に火が移るようかまどの火を上手に操りました。吹きこぼれることもなく、やがて白い湯気が立ちのぼり、いい匂いがしてきました。15分くらい蒸らした後、ふたを取ると・・・そこには、キラキラ輝いた真っ白なご飯が炊けていました。すぐにみんなで味見をして、炊きたてのご飯に舌鼓を打ちました。

 炊いたご飯は、ランチルームでおにぎりにしました。大きいの、小さいの・・・いろいろありましたが、みんな上手ににぎることができました。

 給食もみんなで準備して、いよいよお客様の入場です。各グループに分かれていただき、いつもの倍以上の人数で会食しました。各グループとも、お客様の昔のお話や子どもたちの最近の話題などとても盛り上がっていました。

 会食の後は、収穫についての発表会でした。

 1・2年生は、栽培した野菜を「スイカの名産地」の替え歌にして紹介してくれました。

 赤や黄色で ころころ トマトの名産地

 ねばねば おいしいよ オクラの名産地

 大きくて おばけみたい キュウリの名産地

 あまい つぶつぶ トウモロコシの名産地

 夏にはやっぱり これだね スイカの名産地

 給食にも 出たよ メロンの名産地

 プリンとむらさき かわいいよ なすびの名産

 栄養 たっぷり ニンジンの名産地

 もうすぐ 収穫 らっかせいの名産地

 とてもかわいい歌と踊りでした。夏の暑い時期の草取りや水やり・・・本当によく頑張りました。

 

 6年生は、山佐小の米作りに関するクイズを出題してくれました。その中からいくつか紹介します。

1.今年、山佐小の田んぼでとれたお米の重さは?

 120キロ B116キロ C109.6キロ

2.「はで」を追加することを何というか?

 追加はで B豊作はで Cばば引き D豊年はで

3.今年、山佐小の田んぼでとれたお米につけたわたしたちがつけた名前は?

 ほっぺおちる米 B山佐っ子米 C白米 Dう米

正解 1.B116キロ 2.D豊年はで 3.Dう米

 

 最後は、3・4年生がサツマイモに関するクイズを出題してくれました。パソコンや図書館の本などを参考にして、サツマイモ豆知識を教えてくれました。その中から、いくつか紹介します。

1.日本で一番サツマイモがとれる県は?

 A茨城県 B千葉県 C鹿児島県

2.サツマイモをまるごとレンジでチンするとどうなる?

 Aポテトチップスみたいに固くなる B焼きいものようにやわらかくなる Cジャムのようにどろどろになる

3.世界で一番サツマイモがとれる国は?

 Aウガンダ B中国 Cナイジェリア

正解 1.C 2.B 3.B

 

 いかがでしたか?6年生、3・4年生ともにおもしろいクイズで、場を盛り上げてくれました。

 お客様に記念品(う米)を渡した後、一言いただき、今年の収穫祭の幕を閉じました。

 今回、ご都合でお見えにならなかった方も含め、今年もたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。  

情報委員会紙芝居(11/16)

k k 

 「図書館まつり」の最後を飾るのは、第2弾情報委員会紙芝居です。今回、3人が読んでくれたのは、「したきりすずめ」です。 大人にとっては、とても懐かしい昔話!思わず聞き入ってしまいました。

サツマイモ贈呈式(11/15)

i  i

 学校で育てたサツマイモを奥田原「結の里たーら」の戸谷さんに贈呈しました。

 「結の里たーら」さんでは、 体によい食事を摂るための合言葉、「:豆類、:ごま、:わかめ、:やさい、:魚、:しいたけ、:いも類」 の食材を使った「ふりかけ」を作っておられます。その中の「も」は、山佐小学校で作ったものを使っておられます。とてもおいしいふりかけで、時々給食にも出していただいています。

 出来上がりを楽しみに待っています。

第4回マラソン記録会(11/15)

m  m

 第4回マラソン記録会を行いました。今年度最後の記録会です。前回は、奥田原を走ったので、久しぶりの新校庭での記録会となりました。

 当日は、肌寒い天気で、体がなかなか温まらなかったにもかかわらず、5人の人たちが自己ベストを更新しました。そのうち4名は6年生でした。小学校生活最後の記録会に賭けた思いが記録となって表れたのだと思います。その日の給食の時に、1人1人最後の記録会への思いを語ってくれました。 

図書館まつり1日目(11/14)

t  t

 第2回「職員によるお楽しみ読み聞かせ」を行いました。1回目、2回目とも職員のいろいろな思いを込めて選書した読み聞かせでした。選んだ本は、次の通りです。

(第1回) 

○「あらしのよるに」

○「花さき山」

○「しゃっくりがいこつ」

○「光の旅 かげの旅」

○「いもうとガイドブック」

(第2回) 

○「くじらぐも」

○「やまんばあかちゃん」

○「ケチャップマン」

○「11ぴきのねこ ふくろのなか」

 「図書館まつり」は、今週17日までとなっています。

奥田原文化祭(11/12)

b b 

  爽やかな秋晴れのもと、旧奥田原小学校体育館で開催されました。ランチルームには、いろいろなサークルの作品が展示され、山佐小学校で唯一実ったジャンボカボチャも大切に並べていただきました。

 体育館には、たくさんの屋台が並び、農作物の品評会や物品販売などが行われました。ステージでは、島田軽音楽部の演奏に、飛び入りで子どもたちと教員が参加し、一緒に歌を歌いました。

情報委員会紙芝居(11/8) 

k k  

 「図書館まつり」のイベントの一つとして、情報委員会3名のみなさんが「またあおうね」という紙芝居をしてくれました。来週も第2弾を予定しています。

ダンス教室(11/8)  

d  d

 DANCE STUDIO「Rhyise」のNON先生を外部講師にお招きし、体全体を使ったリズム遊びやストレッチ体操などを全校みんなで楽しみました。 

 始めにいろいろな方法でコーンを往復したり、音楽に合わせて体ほぐしを行ったりしながら体を温めました。(汗ダクダクの人もいました)

 ダンス教室が終わる頃には、NON先生ともすっかり仲良し!給食も一緒に食べ、昼休みもバレーボールなどをして遊びました。

 今回を含め、計3回にわたって、NON先生からダンスや表現リズム遊び等教えていただくことにしています。 

天馬山登山(11/7)

t  t 

 秋晴れのもと、1・2年生が天馬山に登りました。お手紙やちらし、ポスター、HPなどで地域の方に呼びかけ、この日が来るのをみんな楽しみに待っていました。学校を出発して、交流センターの方を見ると駐車場にはたくさんの車が・・・!!地域のみなさんがたくさん集まっておられました。

 元気な4人を先頭に、いざ出発。ドングリや松ぼっくりなど木の実を拾ったり、秋の風景を楽しみながら登りました。登りながら、東屋・頂上の記念碑・割れ石・植物のことなど、いろいろなことを教えてもらいました。

 頂上から見る山佐や奥田原の風景は、また格別!頂上からの「ヤッホー」に、3年生以上の子どもたちと先生方が応えてくれました。

 地域の方とふれあいながら、一緒に登った天馬山。思い出に残る秋の一日でした。

 一緒に登っていただいた地域の皆様、ありがとうございました。

 また、この活動に先立ち、何回も下見をしていただいた皆様、そして、前日には坂道の階段設置やロープの整備等、ご尽力いただいた「元気な地域づくりの会」の皆様、おかげさまでけが一つなく降りてくることができました。ありがとうございました。 

図書館まつり1日目(11/7) 

y y 

 第71回全国読書週間に合わせ、本校では11月6日から17日まで、山佐小読書週間を設定しました。

 この期間は、写真にもある通り、「おすすめ読書の紹介」「家族ふれあい読書」「職員によるお楽しみ読み聞かせ」「しおりプレゼント」「情報委員会紙芝居」「新聞に投稿しよう!」など、様々な活動を企画しています。

 この読書週間を通して、子どもたちが本をより一層身近に感じ、読書に親しむことができればと考えています。

高学年スピーチ大会(11/2)

s s

 高学年スピーチ大会を行いました。今回のテーマは、「学習発表会」「連合音楽会」です。

 とても忙しかった10月でしたが、みんなじっくりと振り返り、まとめることができました。

 4年生以下は、スピーチを聞いた感想をしっかり伝えてくれました。

雑巾贈呈式(11/1)

z  z

 広瀬デイサービス利用者の方達から雑巾をいただきました。わざわざ学校に届けてくださいました。校長室で贈呈式を行い、6年生の代表児童が受け取りました。

 心を込めて作られた雑巾、大切に使わせていただきます。

 ありがとうございました。