学校の紹介


1 学校経営方針 

 

2 生活時程 

 

校章
校歌

学校のあゆみ

 

明治 7年 (1874) 市中屋小学校開校(井尻町一乗寺に開設)
明治 7年 (1874) 日次小学校開校(日次村祐福寺に開設)
明治23年 (1890) 市中屋小学校を井尻村尋常小学校と改称
明治26年 (1893) 現在地に新築校舎竣工明治26年
明治35年 (1992) 新築10年記念会開催。児童数97
大正 8年 (1919) 高等科を併置し、井尻村尋常高等小学校と称する。児童数210
大正 9年 (1920) 送電線が延長され、初めて本校に電灯を点ず
大正13年 (1924) 2階建校舎増築。児童数316大正13年
昭和12年 (1937) 講堂竣工。児童数330
昭和16年 (1941) 井尻国民学校と称する。児童数361
昭和20年 (1945) 大阪からの疎開児童36名受け入れ。児童数396
昭和22年 (1947)

井尻村立井尻小学校と改称。児童数303

昭和22年

当時の井尻小学校教職員の写真です

昭和27年 (1952) 井尻・母里・安田3か村を合併して伯太村となり、伯太村立井尻小学校と称する。
昭和29年 (1954) 学制発布80周年記念行事を行う。
昭和31年 (1956) 赤屋村を合併して町制を施行し、伯太町立井尻小学校と改称する。児童数286
昭和33年 (1958)

木造2階建新校舎竣工

昭和33年
昭和36年 (1961) 現在の校歌制定発表
昭和38年 (1963) 豪雪のため4日間臨時休業
昭和42年 (1967) 給食室竣工。学校給食開始
昭和48年 (1973) 水泳プール竣工(校舎改築のため)
昭和49年 (1974) 開校100周年記念行事開催。児童数129
昭和54年 (1979) 現体育館竣工
平成 5年 (1993) 文部省道徳教育研究指定校研究発表会開催。現水泳プール竣工。児童数98名
平成 7年 (1995) 現鉄筋3階建校舎竣工
平成 8年 (1996) 教育用パソコン設置。児童数84
平成11年 (1999) 校庭配水施設工事完了
平成12年 (2000) 鳥取県西部地震に遭遇(平成12年10月6日、震度6強)
平成13年 (2001) 大阪・池田小学校事件を受けて不審者対応訓練実施
平成14年 (2002) パソコン教室改装、特別支援教室新設工事
平成15年 (2003) 特別支援学級(情緒、知的)2学級開設により全校8学級となる。児童数56名
平成16年 (2004) 3年・4年が複式学級。全校7学級(普通5学級、特別支援2学級)。児童数50名

10月1日、安来市・広瀬町・伯太町の合併にともない校名が安来市立井尻小学校へとかわる

平成17年 (2005) 校旗の刺繍直し(「伯太町立」から「安来市立」へ)  第25回全日本バレーボール小学生大会出場記念(16年度出場)オブジェの設置(井尻スポーツ少年団保護者会より)  ふるさと教育フェスティバル(松江教育事務所主催)で紙面発表  フッ素洗口の実施  井尻子どもみまもり隊の結成
平成18年 (2006) 18・19年度文部科学省「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」推進校に指定  第47回島根県教育研究大会安来大会で道徳の授業を公開  井尻小学校学校評議員会の発足 
平成19年 (2007) 文部科学省「読書活動優秀実践校」表彰  伯太ブロック人権・同和教育研究指定校発表  文部科学省「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」研究発表
平成20年 (2008) 小学校稲作応援団(稲作会)発足  井尻教育後援会発足
平成21年 (2009) シーソー改修  校務用ノートパソコン10台・E黒板納入
平成22年 (2010) 砂場改修  体育館耐震補強工事
平成23年 (2011) 特記事項なし
平成24年 (2012)

学校環境緑化モデル事業により遊具の整備・木製遊具新設   

古事記編纂1300年を記念し、第1回比婆山神話フェスタが開催され、小学校も初参加

平成25年 (2013) 島根県生徒指導研究大会発表  市教研研究論文・教育公務員弘済会論文への応募
平成26年 (2014) センペルセコイヤの枝の伐採作業

平成27年

(2015)

 

校舎改築20周年記念式典

平成29年

(2017)

 

全校児童32名 全校6学級(3・4年 5・6年複式 特別支援学級2学級)

島根県学校図書館研究大会発表  伯太ブロック人権・同和教育研究指定校発表

内藤 俊様より寄付(一輪車および練習用平行棒を購入)  

   

線
〒692−0213 島根県安来市伯太町井尻859−2
TEL(0854)37−1032  FAX(0854)37−1095
http://www.city.yasugi.shimane.jp/fp/ijiri-es/
線