沿革

飯梨交流センターの歴史

 

昭和28年 8月  村議会議決により旧役場庁舎を緊急改修し、同月10日完成
昭和28年 9月  開館式挙行、従来発行の飯梨村弘報を廃止し、公民館報第1号発行
昭和29年 4月  安来市制発足、安来市立公民館飯梨分館に名称変更
昭和33年 6月  市立公民館の機構改革に伴い、名称を安来市立飯梨公民館とする
昭和57年 7月 旧村役場として建築し、その後安来市農協飯梨支所が使用した施設を改装、新公民館とし、旧館から移転開館する(木造瓦葺2階建)
 
昭和58年 4月 公民館事務職の配置
昭和58年 6月  第1回公民館運営審議会開催
              公民館に図書館を開設
昭和58年11月  第1回飯梨地区文化祭開催
昭和59年 4月 飯梨公民館活動の合言葉を本年度から『ふれあいの輪を広めるふるさとづくり』を基本目標とする
 
昭和59年 9月 公民館報『公民館だよりいいなし』第1号発行
昭和60年 1月 公民館長名で郷土誌編さん委員18名委嘱
           編さん委員会を発足し、総務、産業経済、教育民生の3部会とし、業務開始
昭和60年 2月 公民館活動婦人推進委員18名を委嘱し、委員会組織
昭和60年11月 第1回カラオケ大会、三世代ゲートボールふれあい大会開催
昭和61年 1月 第1回書初展、手作り教室開催
昭和61年10月 車山(安来市指定史跡文化財)探訪計画による登山実施
昭和62年 1月 郷土誌編さん委員5名を追加委嘱
昭和62年 5月 第1回ふれあい田植祭(田植歌保存伝承)
昭和63年12月 安来節飯梨教室、山陰中央新報地域ボランティア団体育成賞受賞
平成元年 4月 福祉学習活動推進公民館指定
平成元年 8月 ふれあい盆踊り大会開催
平成2年  2月 婦人推進委員による飯梨郷ふれあい太鼓発足
             飯梨郷ふれあい太鼓保存会設立
平成2年  4月  安来市飯梨地区学習等供用施設(飯梨公民館竣工)
平成2年  6月 国際交流の集い(英国出身女性英語教師を囲む)
平成2年  7月 飯梨地区健康づくり推進協議会設立
              飯梨地区安来拳研究会設立
平成2年10月 飯梨地区カラオケ文化同好会設立
平成3年 3月 車山山頂に植高25米の桜木(ソメイヨシノ)50本植栽
平成3年11月 地域社会助成事業補助として、ふれあい太鼓の整備に金250万円の一般コミュニティー助成を受ける
 
平成4年10月 安来市開催、第5回全国スポーツ・レクリェーション祭『安来節の里ゴールデンマラソン』に飯梨郷ふれあい太鼓が歓迎出演
 
              飯梨郷ふれあい太鼓ユニフォームを製作(袖は白鷺が羽根を広げた姿、袖は飯梨川の流れ、温泉の湯けむりに安来市章を表示)
 
平成5年 4月 県社協地域ふれあい学習推進地区指定(3ヶ年)
平成5年10月 公民館だより編集委員を委嘱し、委員会発足
平成6年 9月 飯梨郷土誌(地誌、歴史、産業経済、教育民生、生活の5章)発刊
平成7年10月 荒島駐在所、飯梨地区連絡協議会設立(安来警察署長委嘱委員17名)
平成7年11月 第1回安来市西部地区親善ゲートボール大会開催(飯梨、荒島、赤江)
平成8年 4月 車山環境保全美化推進協議会設立(環境整備、文化財の保存活用、ふれあい活動の推進)
 
平成9年10月 車山環境保全美化推進事業に金250万円の一般コミュニティー助成
平成10年8月 公民館にファクシミリ設置
平成18年 公民館に印刷機設置(5ケ年リース)
平成19年4月 飯梨公民館の名称が飯梨交流センターに改まる
平成20年3月 車山環境保全美化推進事業一応終了
平成20年4月 車山登山道入り口補修工事(長谷コース)