校長が発行する安来三中通信からピックアップして掲載します。

(内容についてはサイトポリシーに基づき、一部変更して掲載しています。ご了承ください。)

 

12月号 (平成28年12月20日発行)      
小中連携教育安来三中ブロック  小中学校「情報モラルと情報セキュリティ教室」開催

 12月15日(木)に、校区の全小学6生を中学校へ招き、小中で情報モラル、情報セキュリティについて学習する研修会を実施しました。

 この研修会は、情報に関する理解やインターネット、マルチメディアを正しく使うことなどをねらいとして行いました。IPA情報処理推進機構(東京都文京区)の石田淳一さんを講師に、インターネットに関わる様々なトラブルを具体的に解説してもらいました。

 ワンクリック詐欺の手口や対処の仕方、LINEの乗っ取りによるトラブルなど数々の事例に、驚きと恐怖さえ感じる内容でした。「自分はだまされないぞ。」と思っている人がひっかっかる手口や知らない間に知人へ迷惑をかけてしまうことなど、人ごとは言えない内容ばかりで、90分間の長時間、集中して取り組むことができました。

 この研修会は、小学生と中学生の交流を深める場としても設定しました。生徒会の役員が、小学生を案内したり、研修会の進行役を務めたり、生徒主体の活動を小学生に見てもらいました。研修会の最後には、指導していただいたい講師と来校してくれた小学生に感謝の気持ちを込めて、3年生の学年合唱を披露しました。3年生ならではの、深みのある歌声と表現力の豊かさに、小学生が目を丸くして聞き入っていた姿が印象的でした。堂々と合唱を披露する姿やてきぱきと研修会の係の仕事をする姿は、きっとあこがれの先輩として目に映ったと思います。

 これも大切な、小中連携の意義ではないかと思いました。

命を救おう! 心肺蘇生法講習会実施

 12月1日(木)1、3年生を対象に、心肺蘇生法講習会を実施しました。

 この講習会では、負傷者に対して心肺蘇生法やAEDを正しく使うことの大切さを知り、自ら命を救おうとする態度を養うことをねらいとしています。講習会には、日本赤十字社島根支部から2名の方に来ていただき、指導を受けました。倒れている人に対して、気道確保、胸骨圧迫、AEDでの処置など、救急車が到着するまでの間にすべきことについて学習をしました。3年生は、中学校では、3回目の講習になりますが、このような命に関わる学習は、何度も繰り返して行うことが大切だと感じました。

地域の方から指導 応急処置講習会実施

 12月7日(水)、2年生を対象に、応急処置講習会を実施しました。

 この講習会は、心肺蘇生法講習会と同じく負傷者への対応について学習するものですが、さらに応急手当の具体的なことも含めて学習する講習会です。この講習会には、救急認定看護師の方2名に来ていただき、指導を受けました。お二人とも安来の方ですが、そのうち1名は、校区在住で、安来三中の卒業生でもあり、地域の方からの指導ということにもなりました。

 講習会では、胸骨圧迫、AEDについて学習し、実際に職員室にあるAEDを取りに行くのに何分かかるのかなど、具体的な場面設定をして実習を進めました。また、患部の固定や止血の方法など悪化を防止するための処置についても学びました。

 指導をしていただいた看護師さんは、口をそろえて、生徒の反応がとても良く、真剣な雰囲気の中で、楽しく実習ができたと評価していただきました。また、この様子は「どじょっこテレビ」でも放映されました。

平成28年度 人権週間の取組 充実した、学級討論会、全校パネルディスカッション

 本校での人権週間は、11月28日から12月2日までとし、この間、人権放送や学級討論会、全校パネルディスカッションなど、人権に関わる様々な内容を学び、考えました。今年は、例年の内容に加えて、人権教育講演会も開催し、充実した人権週間になりました。

<みんなで考える学級討論会>

 学級討論会では、「いじめに気づけるクラスになろう!」というNHKの番組を視聴し、学級で意見を交わしました。

 番組は、女子5人の仲良しグループの話です。Aさんが借りていたDVDをBさんに返した際に、DVDのケースなどに傷がついていました。その傷に気づいたBさんは腹を立て、Aさんには直接言わず、「Aさんは、ひどい。」とC、D、Eさんに話をしました。その後、Aさんとの距離を置くようになり、仲良し5人組でそろえたはずのキーホルダーを付け替えてしまうことにまで発展しました。

 このような番組の内容について、それぞれの立場について、背景を考えながら自分の意見を述べ合いました。

 腹を立てているBさんに、共感する意見も多く出されました。DVDを傷つけたことに対する怒りや何も言わなかったAさんへの不満など、どの学級でも、同じような意見が出されていました。一方で、Bさんは他の友人が一緒に行動することで、安心しているとか、一人でないことで立場を強くしているなど、Bさんへのマイナスの評価も出されました。

また、Aさんと距離を置いて行動したC,D、Eさんの気持ちについては、Bさんについていかないと自分も外される、Bさんの気持ちに便乗しなければという考えと、本当は罪悪感があるのではないかなど、番組では明らかさにされていないそれぞれ考えについて意見を深めました。

 さらに、最初のいきさつがどうあれ、Aさんを外している行動がいじめになると言うことを確認し、自分たちにできることは何かを考え、次に行われる全校パネルディスカッションにつなげました。

フロアも大活躍 全校パネルディスカッション

 学級討論会で意見交換した際に、学級の代表を決定し、学級代表と生徒会副会長の8名をパネリストとして、全校パネルディスカッションを開催しました。コーディネーターは、生徒会長と校長が行いました。

 学級討論会での内容を踏まえ、自分の意見と学級での意見をパネリストが発言しました。

 視聴した番組にあったC、D、Eさんの気持ちについて質問したところ、Aさんを仲間はずれにして楽しいと思ったのでないか、どうせ人ごとだなど、ちょっと言いにくい、しかもかなり踏み込んだ意見も出されました。なぜいじめがなくならないのか、その核心に迫る意見が多く寄せられたことに、今回のパネルディスカッションの深まりを感じました。また、代表のパネリストだけでなく、フロアからの意見も次々と続き、会場が一体感をもって真剣に考えることできた時間となりました。この後、いじめをなくすために何をすべきか、一人一人の行動宣言につなげ、人権週間の取組をまとめました。

日本の心  武道「柔道」に親しむ

 今年度の柔道の授業は、柔道の専門家を招いて、本格的武道の授業を実践しました。講師は、松江地区柔道連盟の門脇昌徳さんです。初心者にもわかりやすく、しかも柔道の歴史や作法なども、本常教諭とティームティーチングで授業を進めました。この期間には、島根県教育委員会保健体育課からも視察があり、中学校体育での柔道の効果的な実践を評価していただきました。

 柔道をしているときの生徒は、とても礼儀正しく、日本の心に親しんでいるなと感じました。

特別番組(どじょっこTV初)  修学旅行・三都旅行記

 どじょっこテレビですでに放映されましたが、2年生の修学旅行が、特別番組として制作されました。見学の様子や生徒の活動など、修学旅行の特集番組として番組を制作するのは、どじょっこテレビ初だそうです。また、2名の生徒ナビゲーターの解説が、番組を大いに盛り上げていました。

 

 

11月号 (平成28年11月11日発行)     
平成28年度 文化祭   「響命〜Memory of Best Friends〜」

 10月30日(土)に、本年度の文化祭を開催しました。

 生徒会では、この文化祭のスローガンとして、「響命〜Memory of Best Friends〜」を掲げ取り組みました。このスローガンには、響き合う「共鳴」をもとに、命(心)に響く文化祭にしたいという願いを込め、「響命」とし、合唱や総合的な学習の時間(本校での名称は共育)、テーマ発表など心を一つにして、素晴らしい思い出を綴ろうというサブタイトル付けました。舞台や展示など、スローガンの達成を感じさせるものばかりでした。

 体育館の全校壁画の図案は、美術部の2年生が考案し、全校生で作成しました。この壁画がステージを華やかに彩りました。

学習の成果発表 作 品 展 示

 本館1階では、作品展示を行いました。美術科、国語科、理科、美術部の作品を掲示しました。

 理科では、安来市科学作品展出品作品が展示され、今後の自由研究の参考になるしっかりと研究された作品でした。

 体育館の壁面には、各学年の総合的な学習の時間(本校での名称は共育)で作成した展示物を掲示しました。

 1年生は防災マップ、2年生は修学旅行新聞、3年生は職場体験新聞という、活動に合わせた内容の展示を行いました。活動の様子がよくわかるよう、工夫して展示物を作成しました。

 それぞれの学年展示は、学習内容について、何を学び、どう思ったのか、生徒一人一人の考えの伝わるものでした。

学年のステージ発表

 1年生のステージ発表では、ふるさと教育から安来節演芸館での学習について発表しました。演芸館で働いておられる方からお話を聞いたことや実際に体験した安来節体操やパラパラ安来節を披露しました。

 1年生らしいフレッシュで、真っ直ぐな演技に、会場からは大きな声援と拍手が鳴り止みませんでした。

 2年生は、修学旅行での様子を発表しました。修学旅行を行うための係の活動や班決めなど、どのような取組をしたのか具体的に発表をしました。生徒の自主的な活動の様子が伝わるものでした。

 3年生は、職場体験での様子をクイズや寸劇で発表しました。様々な業種の体験内容を具体的に、わかり易く伝えることのできる力は、さすが3年生だと感じました。

盛り上がるテーマ発表

 有志によるテーマ発表では、ピアノ連弾や歌、ダンスなど会場を大いに盛り上げ、午後のひとときが楽しい雰囲気に包まれました。

絆づくりのアイテム最新パソコン

 以前にもお知らせしていましたが、本校の13期(昭和47年3月卒業)の卒業生の皆さんからのご寄付で、最新のタブレット型パソコンを生徒会に購入しました。絆づくりのために活用してほしいという願いを受け、絆を深める活動に活用するため生徒会用パソコンに決まりました。文化祭でも活用し、閉会式で披露しました。有効に使わせていただきます。ありがとうございました。

心に響く 響き合う 響命する  白熱の合唱コンクール

 文化祭で中心をなす合唱コンクールは、例年以上の盛り上がりで、白熱した雰囲気の中で行われました。 正に人と人とのつながりをハーモニーとして表現する文化祭ならではの発表でした。課題曲の「この星に生まれて」と自由曲の2曲を披露しました。演奏順に紹介します。

1年2組

自由曲「輝くために」

 

1年1組

自由曲「大切なもの」

 

2年1組

自由曲「心の瞳」

 

2年2組

自由曲「きらめく瞬間」

 

3年1組

自由曲「YELL」

 

3年2組

自由曲「地球の鼓動」

 

 審査の結果、最優秀賞は3年2組となりました。

 賞に違いこそありますが、どのクラスも心に響く、歌声でした。  

10月号 その2 (平成28年10月19日発行)      
優勝 野球部 男子バレー部 安来市新人戦 三中旋風巻き起こす

 

 今年の安来市新人戦は、台風18号の影響で、2日目が延期となり10月4日、6日の2日間で開催されました。どの部活動も、新人大会らしく、はつらつとしたプレーで試合を進め、これまでの練習の成果を感じさせる結果となりました。

 各部の試合結果をお伝えします。

【野球部】

 2回戦 三中 6-1 二中

 決勝  三中 6-1 広瀬中

  優勝(11年ぶり)  (出雲地区大会出場)

【卓球部】

《男子》 三中 0-3 一中

 団体2位(出雲地区大会出場)

 個人シングルス   2位(出雲地区大会出場)   3位(出雲地区大会出場)

《女子》

 個人シングルス   2位(出雲地区大会出場)   3位(出雲地区大会出場)

 個人ダブルス   優勝(初)(出雲地区大会出場)

【男子バレーボール部】

 三中 2-0 広瀬・一中

 三中 2-0 一中

 三中 2-0 伯太中

  優勝(6年連続)  (出雲地区大会出場)

 男子バレーボール部は、6年連続、20回目の優勝を果たしました。11月10日・11日に行われる、出雲地区大会(安来市開催)に出場します。

【女子バレーボール部】

 三中 0-2 一中

 三中 0-2 広瀬中

 三中 0-2 二中

 三中 0-2 伯太中

  第5位

【男子ソフトテニス部】

 三中 0-3 一中

 三中 0-3 広瀬中

 三中 0-3 二中

  団体4位

 個人戦 3位  (出雲地区大会出場)

【女子ソフトテニス部】

 三中 2-1 伯太中

 三中 0-3 一中

 三中 2-1 二中

 三中 1-2 広瀬中

  団体3位(出雲地区大会出場)

【陸上部】

 陸上競技は、新人戦として松江市との合同記録会が、10月7日に松江運動公園陸上競技場で行われました。

 男子100メートル 7位(12秒66)

 男子200メートル 8位(26秒25)

 男子走幅跳 5位(4メートル62)

 男子1500メートル 5位 (5分02秒60)

    同   12位 (5分21秒22)

 男子砲丸投 3位(5メートル57)

 全学年男子4×100メートルリレー 7位 (51秒83)

力走! 出雲地区駅伝競争大会

 10月14日(金)、安来陸上競技場を中心とする県道清水線周回コースにおいて、出雲地区中学校駅伝競走大会並びに安来市中学校駅伝競争大会が開催されました。本校からは、男子・女子それぞれのチームが参加しました。

<出雲地区中学校駅伝競走大会>

 男子の部

  10位(1時間03分36秒)

 女子の部

  19位(51分25秒)

<安来市中学校駅伝競走大会>

 男子の部

  優勝(1時間03分36秒)

  区間賞  2区  4区  5区

 女子の部

  3位(51分25秒)

陸上部が出場 大東陸上競技大会

 9月25日(日)に、大東陸上競技大会が開催され、陸上部が出場しました。

 結果は次のとおりです。

 中3男子100メートル 2位 12秒35

 中学男子200メートル 2位 24秒40

 男子走幅跳 2位 5m75

 男子砲丸投 2位 9m21

 中学男子4×100メートルリレー47秒34 2位

 中2男子100メートル 3位 12秒57

 中1男子1500メートル 3位  4分48秒23

緑山杯中学男子 バレーボール大会の結果

 10月9日(日)松江市立第二中学校で、緑山杯中学男子バレーボール大会が開催され、本校男子バレーボール部が出場しました。

 初戦は、東出雲中と対戦し2-0で勝ち、次に鹿島中と対戦し同じく2-0で勝ち、準決勝で松江二中と対戦し1-2で敗退し、3位という結果に終わりました。

 キャプテンは、この試合での課題を分析し、今後の練習につなげていきたいと語っていました。

環境イラストコンテスト 3名が入賞

 安来市地球温暖化対策地域協議会が主催する環境イラストコンテストで、本校から3名の生徒が入賞しました。

 優秀賞 1年1名   入選  1年2名

安来市小中学校 科学作品展2名入賞

 9月24日〜25日に宇賀荘小学校で、安来市小中学校科学作品展が開催され、2名の生徒が入賞しました。

  特選(県展出品) 「飛べ!竹とんぼ」  1年

  入選 「酵素のはたらき」  3年

荒島長寿会様より タオルをいただきました

 今年も、荒島長寿会様より、たくさんのタオルの寄贈をしていただきました。行事や日々の学校生活のなかで使わせていただきます。ありがとうございました。

10月号 (平成28年10月3日発行)     
実りの秋 充実の秋 修学旅行 職場体験 校外学習

 2年生は、9月14日〜16日の3日間、修学旅行を実施しました。京都の自主研修を中心に、神戸、奈良、大阪の地を巡りながら、様々な学習を行いました。

 スローガンは、「We are one. 三中魂 本領発揮!」を掲げ、生徒の自主的な活動で、全ての活動を行いました。熱心に説明に耳を傾け、たくさんの質問をしたり、見事なまでの集団行動を展開したりと、その立ち振る舞いが高く評価されました。素敵な思い出がたくさんできた修学旅行となりました。 

「働く」を学ぶ 職場体験

 3年生は、キャリア教育の一環として、9月14日〜16日の3日間、職場体験を行いました。食品製造、理容美容、福祉保育、農業酪農、販売等、数多くの事業所に協力していただき、充実した職場体験を行うことができました。

 初日こそ緊張感でガチガチの生徒も多かったのですが、2日目以降は働くことの大変さや意義、また、やりがいを直に感じることのできる学習となりました。ご協力いただいた事業所の方々に、深く感謝申しあげます。

<  ご協力ありがとうございました。職場体験先様一覧(順不同・敬称略)>

調剤薬局ケイ

島根県企業局

安来どじょっこテレビ

自衛隊島根地方協力本部

松江募集案内所

安来市消防本部

安来警察署

赤江交流センター

砂流牧場

JAやすぎ

板持農園

桂  林

安来乳業

株式会社さんれい製造

さつまラーメン

島根中央ホンダ(株)安来店

トヨタカローラ島根(株)

安来店

島根トヨタ自動車(株)

安来店

荒島アポロ石油(有)

さぎの湯荘

白洗舎

夢ランドしらさぎ

カットハウスKING

モガ美容室

ヘアーフェイス スニップ

梨の木園

特別養護老人ホームしらさぎ苑

障害福祉サービス事業所 

櫻苑

ソレイユサポートセンターあらしま

デイサービスふれあい

赤江保育所

飯梨保育所

認定こども園荒島

ふたば保育園

ジュンテンドー安来店

フジキ安来店

カメラのハマダ

株式会社サンアイ安来店

プラーナ食品部

ラ・ムー安来店

            以上39か所

校外で学習 「防災学習」

 1年生の総合的な学習の時間では、防災についての学習をテーマの一つとして取り組んでいます。9月14日に、自宅から最寄りの交流センターまでの間を実際に歩き、情報を収集し、その後、防災マップづくりを行いました。学習の成果は、文化祭で披露する予定です。

新チームで臨む 新人戦が迫る

 10月4〜5日、7日に安来市の新人戦及び新人陸上記録会が行われます。新チームになり、初めての公式戦となります。各部の意気込みを紹介します。

〈男子ソフトテニス部〉

 男子ソフトテニス部は、10月4日、5日に安来運動公園で行われる新人戦に出場します。この新人戦では、自分たちが夏休み中に練習してきたこと、先生に教えてもらったことを十分に発揮していきたいと思います。団体戦では2年生は3人という少ない人数ですが、1年生と一緒に協力してやっていきたいと思います。個人戦、団体戦、両方で出雲地区大会出場めざしてがんばっていきたいと思います。

〈女ソフトテニス部〉

 私たち女子ソフトテニス部は、顧問米田先生、副顧問神白先生のもと、暑いなか日々練習に励んでいます。新人戦では、一人一人が声を出し、最後の1球まであきらめない試合をしたいです。仲間を信じ、ペアを信じて、出雲地区大会に出場したいです。一生懸命戦うので、応援よろしくお願いします。

〈男子バレーボール部〉

 僕たち男子バレーボール部は、「中国大会優勝」を目標に日々の練習をがんばっています。新人戦は中国大会への第一歩なので、一戦一戦を大切にし、攻め続けるバレーボールをしていきたいです。そして、応援してくださる地域の皆様、保護者の皆様、先生方に感謝し、優勝という形で恩返しできるようにがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします。

〈女子バレーボール部〉

 私たち女子バレーボール部は、2年生2人、1年生7人で日々の練習に励んでいます。今は練習試合で1勝するのも難しいですが、何事にも一生懸命で、仲間を想い、感動を生むチームでありたいと思っています。そして、そこから1勝につなげていけたらと思います。

 新人戦では、チーム一丸となり、全力を尽くし、悔いの残らない戦いをしてきます。精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします。

〈陸上部〉

 僕たち陸上部は、新人戦に向けて日々練習をがんばっています。新人戦では、チームとして、プレーだけでなくお互いの応援にも力を入れてがんばっていきたいと思います。そして、練習してきた成果を十分に発揮して、全員が自己ベストを出せるように全力で臨みたいと思います。

みなさん、温かいご声援をよろしくお願いします。

〈卓球部〉

 私たち卓球部は、10月5日に行われる新人戦に出場します。

私たちの目標は、全員が練習してきたことを発揮することです。これまで練習や試合をしてきて、なかなか思うようなプレーができないこともありました。ですが、練習に来てくださった地域の方々や先生にアドバイスをもらい、良いプレーができるよう、一生懸命取り組んできました。練習してきたことを、新人戦で全部発揮できるよう全員でがんばります。応援よろしくお願いします。

〈野球部〉

 僕たち野球部は、「応援されるチーム」になるため、返事やあいさつ、礼儀やマナー、きびきびとした行動などを常に心がけています。野球部は、人数が少ないですが、一致団結し、優勝を狙っていきたいと思います。

そして、先生、保護者、地域の方への感謝を忘れず、練習してきた成果を十分に発揮できるようがんばります。応援よろしくお願いします。 

9月号 その2 (平成28年9月13日発行)   
渾身の力を発揮した! 平成28年度 体育祭

 台風の影響が危惧された中、心配をよそに晴天に恵まれ、9月3日(土)に平成28年度体育祭を実施しました。

 例年9月最初の土曜日に開催していますが、カレンダーの関係で、年々早まり、今年は3日の開催となりました。始業式からの準備期間は、昨年よりさらに短くなり、準備にとても苦慮しました。しかし、効率的な準備を計画的に行い、例年以上の体育祭を実施することができ、うれしく思っています。

 

体育祭スローガン   輝きの瞬間 <未来への扉をひらけ>

 

 今年度の体育祭スローガンには、生徒一人一人の活躍する姿にスポットを当てながらも、そこにいたる努力や奮闘こそが、さらにその先の未来を切り拓くことにつながっているという、とても前向きな願いが込められています。

正に、この願いを強く感じることのできる体育祭となりました。

各組を紹介します

【赤組】

 赤組は、組長を中心に、「勇往邁進」のスローガンのもと、精神力と気迫で、団結力を武器に力を合わせることを心がけました。

【青組】

青組は、組長を中心に、「善戦全笑」のスローガンのもと、燃えに燃えて、優勝のみならず、その上の目標をめざし、がんばりました。

【黄組】

 黄組は、組長を中心に、「全身全霊」のスローガンのもと、黄組全員が一丸となって力の限りがんばろうと、取り組みました。

9月号 (平成28年9月13日発行)    
実りの秋にふさわしい 充実した2学期にしよう

 8月25日(木)2学期の始業式を行いました。ここ数年、体育祭実施等により、8月下旬から2学期を開始しています。

 2学期は、各学年とも行事が多く、あわただしい感じもしますが、一番長い学期でもありますので、腰を据えて取り組んで、実りのある充実した2学期にしたいと思います。保護者、地域の皆様には行事に、どしどしお越しいただきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

改修完了 体育館

 皆様にご迷惑をおかけしていた、体育館の改修工事が予定どおり完了し、無事終了しました。部活動では、各小学校の体育館をお借りして、何とか練習を行ってきました。本当にご協力ありがとうございました。

 体育館をご覧いただくと、今までと何が違うのか、すぐには分からないかもしれませんが、天井の覆いがなくなり、屋根の裏側がよく見えるようになりました。これで大きな地震の際に、落下するものがなくなり、安心して避難所として利用することが可能となりました。

 この工事では、照明器具も改修され、水銀灯からLEDランプになりました。点灯までの時間が短縮され、消費電力も低減し、ランプも交換は、数十年間は必要ないとのことです。

堂々と発表 少年の主張安来市大会

 8月26日(金)に第64回少年の主張安来市大会が、安来一中の体育館を会場に開催されました。

 この大会は、以前、弁論大会と呼ばれ、60年を超える長い歴史と伝統のある大会です。今年は、安来一中の生徒の皆さんが聴衆となり、約600名の前での発表となりました。本校からは、校内大会で代表となった2名の生徒が参加し、大聴衆の前で、堂々と意見発表を行い、優良賞を受賞しました。

 2年生の代表は、「息吹」と題して、家族を通して命の大切さや人との関わり方についてじっくりと自分に向き合い、これからの生き方を考えるという発表でした。

 3年生の代表は、「敗北。そして、未来へ」と題して、市総体での試合を振り返り、自分自身の心のありように目を向け、深く考え、これからの人生をどう歩んでいくのかという発表でした。

 どちらの発表も聴衆の心をとらえ、大きな拍手を受けていました。しっかりと主張が、伝わったと実感しました。

お世話になりました 親子奉仕作業

 毎年恒例となったPTA親子奉仕作業が、8月21日(日)に開催されました。今年の暑さは、かなり厳しく、この日も30℃を超える暑さにもかかわらず、多数の保護者の方にご協力をいただきました。

 学校周りの草刈りをはじめ丁寧に作業をしていただき、見違えるようにきれいな環境が整いました。保護者の方の中には、小学校での作業とダブルヘッダーの方もおられ、恐縮しております。

 大変お世話になりました、ありがとうございました。

悲願達成 優勝! PTA親睦球技大会 

 8月28日(日)安来市PTA連合会主催のPTA親睦球技大会が開催され、本校PTAバレーボールチームが、リーグ優勝しました。

 毎年、PTA厚生体育部から出場選手を募り、チームを結成し、練習を重ね大会に臨んでいます。今年は、体育館の改修工事で、発足式以外は全て校外の会場で練習が行われるという、環境の整わない中での大会出場でした。選手の皆さんの都合を合わせて練習することはなかなか容易にはできませんが、キャプテンを中心に気持ちを一つにし、監督の熱い指導を受けながら着実に力を積み上げました。

 結果は、予選リーグ井尻小学校、荒島小学校にストレート勝ちし、一位で決勝トーナメントに勝ち上がりました。決勝トーナメントでは、安田小学校にストレート勝ちし、決勝に進みました。対戦相手は、十神小学校。1セットを先に取られながらも、あきらめないバレーを続け、逆転につぐ逆転を制し、見事2セットを連取し、優勝しました。

 練習会場がない不利な状況をものともせず、最後まで粘り強い試合が続けられたのも、互いの選手を信じ、心を一つにし、勝ちたいという強い思いでチームが盛り上がったことだと感じました。この熱戦の様子は、是非とも生徒にも見てほしいと思うような、素晴らしい試合ばかりでした。監督、選手のみなさん、おめでとうございました。また、練習や大会を支えていただきました、厚生体育部長さんやPTA役員の皆様に感謝申しあげます。

 なお、当日は、天候不順のためソフトボールの大会は中止となりました。今後の活躍を期待いたします。

県総体 優勝! 男子バレーボール部&陸上男子400m

 7月に行われた、島根県中学校総合体育大会(県総体)に本校から、男女ソフトテニス、卓球、男子バレーボール、陸上、水泳、新体操の競技に参加しました。

 結果は、男子バレーボール部が、優勝し、5年連続12回目の快挙を達成し、島根県中学校バレーボール大会の歴史に名を残す、金字塔を打ち立てました。

 試合の詳細は次のとおり

  安来三中 2-0 海潮中

  安来三中 2-0 松江一中

  安来三中 2-0 松江二中

 また、陸上部の3年男子が、男子400mの部で、53秒17の記録で見事優勝を果たしました。二位との差は、わずか100分の9秒で、接戦を競り勝ち栄冠を手にしました。

 この他、他の競技での個人戦では入賞も相次ぎ、これまでの力を発揮した県総体となりました。ご声援ありがとうございました。

響き渡る三中サウンド 県吹奏楽コンクール

 8月5日(金)益田市のグラントワで、全日本吹奏楽コンクール島根県大会が行われ、本校から小編成の部に出場しました。

 午前中に本校を出発し、15時35分からの本番に臨みました。結果は銀賞でした。

コンクールは、分刻みでスケジュールが組まれ、ピリピリとした雰囲気が否応にも参加者を緊張させます。そんな中で、本校吹奏楽部の生徒は、たっぷりと三中サウンドを会場いっぱいに響かせました。演奏後には、聴衆からの惜しみない拍手がおくられました。

男子バレーボール部 中国総体出場

 8月7日〜9日広島市で中国総体が行われ、男子バレーボール部が出場しました。

 予選リーグでは、気高中(鳥取)、亀山中(広島)にストレート勝ちし、決勝トーナメントに駒を進めました。

決勝トーナメントでは、井口中(広島)に接戦の末0-2で敗退しました。応援ありがとうございました。

7月号 その2(平成28年7月19日発行)  
1学期終了 目標を掲げ、有意義な夏休みを 

 いよいよ1学期が終了します。 1学期は、その年度のスタートであり、目標を掲げ、どんな一年にしようかと計画を立てる大事な学期でもあります。以前に「三中通信」でお知らせしましたが、生徒会や各学級では目標を定め、その実現に向けて、日々活動を行いました。その達成についての進捗状況や課題の洗い出しなど、まとめや反省をして、1学期を締めくくりました。夏休みに関しても、目標を掲げ、有意義な生活ができるよう、計画を立ててほしいと願っています。

体育館工事始まる

 7月11日(月)〜8月31日(水)の期間、体育館の改修工事があり、少年の主張校内大会(弁論大会)や終業式など、体育館を使用できず、校内放送で行うという異例の状況で最終日を迎えました。

 この改修工事は、体育館の天井を取り除く工事で、耐震の対策は完了しているものの、大地震で天井が落ちてこないようにするものです。体育館が避難所として活用できるようにするための重要な工事です。学校としては、県総体や中国総体また体育祭前で体育館を利用する頻度の高まる時期ではありますが、通常の授業期間よりも都合がよいということで工事を行うことになりました。

 工事期間は、体育館での部活動は校区内の小学校をお借りして行うなど、工事の支障が最小限になるように努めます。PTAバレーボールの練習に関しましても、同様です。

 この期間は特に安全に配慮して、事故が起きないよう、生徒にも指導しました。ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

地区懇談会開催

 夏休みを前に、各地区で保護者の皆様と懇談会を開催しました。

 1学期の学校生活について、各学年の様子をお話し、さらに生徒指導部から夏休みの過ごし方について、具体的に説明しました。

 夕方は18時30分までに帰宅することや11時以降の深夜徘徊は、警察の補導対象になること、そして、友人宅での外泊を禁止していることなどをお伝えしました。この他にも、ゲームセンターやカラオケボックスの利用に関することなど、どの内容も、安来三中独自のルールではなく、安来市内全ての学校での共通したルールであることもお伝えしたところです。今一度、ご家庭で夏休みの生活心得を生徒と一緒にご確認ください。

 地区懇談会の後半は、SNSでのトラブルに関するビデオを見ていただき、トラブル防止のために必要なことや、大人として今後考えなければならないことについて意見交換しました。教員も保護者の方も、有意義な夏休みになってほしいという願いは同じであることをあらためて確認し合いました。

健全育成協議会総会

 7月12日(火)に荒島交流センターで、今年度の安来三中校区健全育成協議会総会を行いました。今年度の役員や事業計画・予算が審議され了承されました。

 その中で、今年度の健全育成大会の開催期日を、体育館の改修工事の関係で、10月8日(土)とすることに決まりました。内容は、部活動体験を通した小・中学生のふれあい体験です。例年と開催時期が異なりますが、部活動体験を通した交流や親睦の重要性を考慮して、開催時期を変更したものです。

 総会では、三中校区の全ての学校から、夏休みの行事や過ごし方などを紹介し、地域の方にも夏休みの生活について理解を深めていただきました。学校・家庭・地域が連携して、子どもたちの健全な育成を支援するという強い思いを感じる総会でした。
ごちそうさまでした 1学期の給食終了

 4月から始まった給食も、7月15日に1学期の最終日を迎えました。4月当初、給食当番が準備に手間取るのではないかと心配しましたが、生徒会の説明ビデオ上映など、事前の準備が功を奏し、円滑に給食の時間を過ごすことができました。

 季節にちなむ献立や中華・和食など給食のメニューも大変工夫されていて、生徒はいつも楽しみにしています。七夕の日には、星の形のコロッケや星の絵のついた味噌汁の具など、栄養士さんの遊び心も感じられる献立でした。この1学期の間、給食をおいしく食べることができたのも、給食センターの方々や本校給食配膳員の松本さんのおかげでもあります。この機会に、感謝の気持ちをあらたにしたいと思います。

生徒会では、給食センターへ代表が出向き、感謝の気持ちや給食の感想などを伝えに訪問します。この様子は、どじょっこテレビでも放映の予定です。

学校評価委員会開催

 6月27日(月)に、今年度の学校評価委員会を開催しました。この学校評価委員会とは、本校の学校経営や教育活動について、地域の方からご意見や評価をいただき、よりよい学校経営や教育活動をめざすものです。

 当日は、まず生徒の学習状況を知っていただくために、授業を見ていただきました。次に、今年度の学校経営について説明し、教育活動等についてご意見をいただきました。その中で印象的だったのは、生徒のあいさつについてのご意見でした。あいさつは良いというイメージはあるが、地域で出会ったときや生徒が一人の時は、恥ずかしさからか、あまりあいさつができていないとのことでした。学校でも地域でも気持ちのよいあいさつができるように、育ってほしいという願いを強く感じるご意見でした。今後の課題として、取り組んでいきたいと思います。

 最後に、給食を試食していただきました。その感想として、「味がしっかりしていておいしい。」「大人には少し量が多いが、中学生には十分なのではないか。」などが出されました。外部の方に給食を食べていただくのは初めてのことでしたが、とても好評でした。

 今後は、学校行事などにも参加してもらい、2月には本年度の教育活動について評価をしていただく予定です。

安来市中学校生徒会サミット 「やすぎがスキ!」

 市内中学校の生徒会が連合して活動する「安来市中学校生徒会サミット」が、昨年度の2月に発足しました。その活動の一つとして、どじょっこテレビのキャンペーンに協力し、ふるさと安来を好きになり、誇りをもつ雰囲気を盛り上げる活動を行うことになりました。本校生徒会もこの趣旨に賛同し、どじっょこテレビから寄贈された「のぼり旗」を設置することにしました。

 7月12日に、どじょっこテレビの方から「のぼり旗」を受け取りました。贈呈式の後、生徒会の役員や教員有志とビデオ撮影を行いました。これは「やすぎがスキ!」のコーナーで放映されるとのことでした。どじょっこテレビで放映されるのが楽しみです。

7月号(平成28年7月14日発行) 
大健闘 安来市総体 渾身の力を発揮する

 6月7日〜8日および14日に、安来市中学校総合体育大会(市総体)が行われ、本校の体育部の全ての部活動が参加しました。天候が危ぶまれましたが、予定どおりの日程で実施されました。

 各部活動の結果を報告します。

 <県総体出場権獲得>

     男子バレーボール部

     男子ソフトテニス部

     女子ソフトテニス部

     卓球部 陸上部

【野球部】

 準決勝

 三 中  100000000   - 1

 安来一  000001001×- 2

(延長九回)

【男子ソフトテニス部】

 三中 1-2 広瀬中

 三中 2-1 一中

 三中 1-2 二中

  団体 第3位

   個人戦 3位 (県大会出場権獲得)

【女子ソフトテニス部】

 三中 0-3 広瀬中

 三中 1-2 一中

 三中 2-1 伯太中

 三中 1-2 二中

  団体 第3位

  個人戦 5位

     (県大会出場権獲得)

【卓球部】

《男子》

 三中 1-3 一中

 個人シングルス 3位 (県大会出場権獲得)

             ベスト8(1人)

《女子》

個人シングルス  ベスト8(2人)

【男子バレーボール部】

 三中 2-0 広瀬中

 三中 2-0 一中

 三中 2-0 伯太中

  優勝・5年連続 (県大会出場権獲得)

  男子バレーボール部の市総体優勝は、5年連続の快挙を達成しました。

【女子バレーボール部】

 三中 0-2 広瀬中

 三中 0-2 一中

 三中 0-2 伯太中

 三中 0-2 二中

  5位

【陸上部】

 1男100メートル 1位、2位

 2男100メートル 1位

3男100メートル 2位、3位、5位、6位

全男200メートル 1位、2位

全男800メートル 2位

1男1500メートル 1位

3男1500メートル 4位

2,3男3000メートル 2位

1男400メートルリレー 1位

全男400メートルリレー 1位

全男走幅跳 1位

全男砲丸投 1位、2位、3位

3女100メートル 3位

全女200メートル 4位

全女800メートル 2位

全女走高跳 1位 

各種大会の結果報告 

<出雲地区大会>

 男子ソフトテニス部

 1回戦 三中 1-2 松江四中

 女子ソフトテニス部

 1回戦 三中 1-2 出雲二中

<陸上部>

 全男400メートル 1位 (県大会出場権獲得)

 1男1500メートル 7位

 1男400メートルリレー 5位

 全男砲丸投 3位 (県大会出場権獲得)

導入・稼働 安来三中連絡メール

 今年度から、メール配信による連絡システムを導入しました。現在の保護者・職員の登録数は、150名を超え、メールを利用した連絡システムに大きな期待を寄せていただいております。

 このメールシステムは、PTA総会や学校からの文書を通じて、企業からの支援によって運営されていることをお知らせしております。高いセキュリティや便利な機能のあるメールシステムを無料で使用できるのも、社会貢献を旨とした協賛企業の協力によるものです。ここにあらためて、協賛していいただいている企業を紹介します。

 

協賛事業所名

 ゆめタウン斐川 様

出雲市斐川町上直江

 

 安来三中連絡メールに登録されている方には、協賛企業の広告メールが配信されることがありますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 文書等でもお知らせしておりますが、初期登録されても、本登録になっていない方が数名おられます。また、登録時に氏名等の入力がなく、初期登録もできておられない方もあります。登録したのにもかかわらず、未だに一度も学校からのメールを受け取っていない方は、その該当の方ですので、ご確認をお願いします。不明な点があれば、学校(教頭)までお問い合わせください。

白熱した試合展開PTA球技大会

 6月19日(日)、授業公開にあわせ、毎年恒例のPTA球技大会が開催されました。

 9人制のビーチバレーボールによる競技で、各学年及び職員の4つのチームで行われました。試合結果は次のとおりです。

 優勝  職員チーム

 準優勝 3年生チーム

 どのチームも接戦の試合展開で、白熱した試合が続きました。例年、最下位の続く職員チームですが、今年度は人事異動の効果(?)もあり、優勝しました。

 審判を担当してくれた、男女バレーボール部の生徒も含め、和気藹々とした和やかな中に、さわやかな汗をかくひとときでした。お世話になった、PTA厚生体育部の皆様、ありがとうございました。

6月号(平成28年6月3日発行)  
各学級の学級目標発表会 これからの学級活動に期待

 5月26日(木)生徒集会で、各学級の学級目標の発表を行いました。

 学級目標を決定するにあたっては、1か月ほど前に、学校教育目標について、校長が全校生徒にプレゼンをして、どんな学校になってほしいのか、どんな生徒に育ってほしいのか、どんなことをがんばる必要があるのかについて話をしました。めざす生徒の姿、めざす学校の姿を具体的に示し、三中生の良いところをもっともっと伸ばし、「三中らしさ」をさらに発揮してほしいと投げかけました。

 その後、生徒会の目標について生徒会役員から説明し、学校が一丸となって三中を盛り上げていこうと全校生に訴えました。

 これを受けて、各学級で今年度の学級目標の設定を行いました。どんな願いや思いを込めるのか、どんな学級にしていく必要があるのかなど、学級会を重ね、それぞれの学級で学級目標が設定されました。この日の生徒集会では、この学級目標について全校生徒の前で発表し、学級活動の意気込みを語りました。

 

【1年1組】

 有言実行 --自分の意見をきちんと言い 行動出来るクラス--

 人の意見に流されるのではなく、みんなが自分の意見をきちんと言って、みんなで行動できる学級をめざします。それぞれの思いを語り、確実に実行していくことのできる学級になりたいという願いが込められています。

 

【1年2組】

 協進善力

 みんなで協力し力を合わせ、前に進んで善いことをし、良い学級になることをめざします。一人一人の個性が、まとまってより良い学級になりたいという願いが込められています。

 

【2年1組】

 万里一空 --芯を曲げない強さ--

 一人一人が成長するためにやらなければならないこと、必要なことを考え、必死に成し遂げようとすることをめざします。目的・目標を見失わず、励み、がんばり続けることのできる学級になりたいという願いが込められています。

 

【2年2組】

 百花繚乱 --23枚のピースがそろえば、自分たちの力は最大限!--

 自分たちの個性を大切にし、相手の個性を大切にできる、互いに教え合い、互いに支え合える、そんな学級をめざします。一人一人を尊重し、助け合って、どんな困難にも立ち向かい、乗り越えられる学級になりたいという願いが込められています。

 

【3年1組】

DREAM  叶-夢、創-夢、夢-追、夢-育

 一人一人のかなえたい夢を創り、みんなで協力をして、その夢をかなえていくことをめざします。夢の実現は、一人の力でかなえられるものでなく、いろいろな人にお世話になり、力を借りて実現するので、みんなが協力することのできる学級にしたいという願いが込められています。

 

【3年2組】

互悦同舟 出会えたことに感謝、縁を大切に

 意見のすれ違いや競い合いもあるかもしれないが、一つの目標に向かい助け合い、乗り越えることをめざします。卒業するときに、この仲間で良かった、出会えて良かったと思える学級にしたいという願いが込められています。

 

 どの学級も素晴らしい、願いのこもった目標だと思います。この目標の実現のために、互いに力を合わせ、努力を重ねてほしいと思います。

主将・部長が語る市総体、コンクールへの意気込み

<陸上部>

 僕たち陸上部は「全員で県総体に行き、さらに上の大会へ行く」という目標のもと、日々練習をがんばってきました。1年生はまだ2回目ですが、3年生にとっては最後になるかもしれない大会なので、今まで練習してきた成果を十分に発揮したいと思います。そして、今までお世話になった保護者や先生方に感謝して、市総体でがんばってきます。みなさん、応援よろしくお願いします。

 

<野球部>

 僕たちは、「周りから応援されるチーム」、「まず一勝、そして日本一」を目標に日々の練習をがんばっています。現在のチームの雰囲気は、市総体が近くなったこともあり、とても練習に熱が入って、いい感じで行っています。

 市総体では、今まで練習してきたことに自信をもち、また今まで練習を共にしてきたチームメートを信じ、一球一球を大切に、全力プレーで試合に臨みたいと思います。

 応援よろしくお願いします。

 

<男子ソフトテニス部>

 僕たち男子ソフトテニス部は、県総体出場を目標に練習をがんばっています。そのためにも初戦を大切にし、ボールを最後まであきらめずに追いかけていき、自分たちのテニスをしていきます。そして、一緒に練習してきた仲間の気持ちを胸に、安来三中の代表として、次の大会につながるように一生懸命がんばるので、応援よろしく願いします。

 

<女子ソフトテニス部>

 私たちは、みんなで県総体出場をめざして、日々の練習に励んでいます。毎日の練習で行動を早くする、声を出して部活を盛り上げることなどを心がけて取り組んでいます。 市総体では、顧問の先生、保護者の方に感謝の気持ちを勝利で表し、ミスしてもペア同士で声をかけ合い、前向きにプレーするという気持ちで臨みたいです。個人戦、団体戦どちらも悔いのないように一球一球丁寧に打ち、勝ち進んでいきたいと思います。

 

<卓球部>

 僕たちの目標は、全員で県総体へ行くことです。他校の選手はとても強く、勝つことは容易ではありませんが、今までやってきたことを信じてがんばろうと思います。今までお世話になった先生、保護者、練習に来てくださった地域の方々への感謝の気持ちをもち、入部してから今まで一緒にがんばってきた仲間と最高の結果をめざして最後まであきらめずに戦っていきます。応援よろしくお願いします。

 

<男子バレーボール部>

 僕たち男子バレーボール部は、中国大会優勝をめざして練習しています。練習では一人一人がどうやったら上手くなれるのかを考えて取り組んでいます。

 今度の市総体は、中国大会優勝への第一歩だと思うので、初めから自分たちの全力を出し、部員全員が一丸となってバレーをしたいと思います。

 応援よろしくお願いします。

 

<女子バレーボール部>

 私たちは、これまでたくさんの練習や試合をしてきました。なかなか思うような結果が出せなかったり、チーム全体がまとまらなかったりすることもありました。しかし、一人一人が個性を出し合い、一つになることができました。市総体本番では、みんなが強気にプレーし、今までお世話になった方々への感謝の気持ちを込め恩返しをするつもりで、みんなと笑顔で「笑利」がつかめるよう全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします。

 

<吹奏楽部>

 私たち吹奏楽部は、今、夏のコンクールに向けて日々練習をがんばっています。1年生も入り、より一層気合いが入っています。これまで悔しい結果でコンクールは終わってしまっていますが、今年こそは後悔しない結果を残したいと思います。がんばりますので、応援していただけるとうれしいです。

 

<美術部>

 美術部は、みんなが仲良く部活動を行っています。部内では、「自分のすることや作品づくりをしっかりとし、部活動内で相談して活動しやすい環境を作ろう」を目標に、日々活動しています。コンクールに向けての意気込みは、自分らしい絵を描き、精一杯取り組むことです。今は、愛鳥週間コンクールに応募する作品を描いています。1年生から3年生まで、一生懸命取り組んでいます。これからも美術部として、がんばりたいと思います。

 

 生徒も精一杯がんばりますので、皆さんの応援をお願いいたします。

5月号(平成28年5月19日発行)
授業公開・PTA総会開催

 5月15日(日)今年度最初の授業公開とPTA総会を開催しました。

 授業公開には、114名の保護者の方(77.8%)にお越しいただきました。多くの保護者の方々が見守る中、各学級の担任が、それぞれの会場で授業を行いました。

 授業公開の後は、体育館でPTA総会が開催されました。昨年度の事業報告、決算報告から始まり、今年度の事業計画、予算案が示され、それぞれ承認されました。

 また、今回のPTA総会では、緊急時の連絡に対応するためのメール配信システムの導入についての提案があり、この導入についても承認されました。ただし、このメール配信システムの参加は、あくまで保護者の方の任意ですが、緊急の対応時に威力を発揮するものと期待されますので、今後ご案内の文書を配布した折には、是非とも参加のご検討をお願いします。

平成28年度学校経営方針

 PTA総会の中で、今年度の学校経営方針について説明を行いました。学校教育目標である「温かくたくましい人間力をもった生徒の育成」をめざして、教育活動を展開してまいります。

 特に今年度は、学習習慣の確立を推進するために、予習を活用した授業の改善を図ります。映画の予告編を見ると、映画をすごく見たくなるのと同様に、予習をして楽しんで授業に臨めるよう家庭学習と授業の連携を深めます。各ご家庭でも、家庭学習の推進につきまして、ご支援をお願いします。

 また、本年度は、学校経営の成果指標として、「学校が楽しい」「授業に主体的に取り組んでいる」など具体的な内容の項目を設け、そう思うと回答する生徒が80%を超えることをめざして取り組みます。

 どの生徒も、主体的に学ぶことができるよう、温かい人間関係の構築を基盤として、持てる力を十分に伸ばしていきたいと考えています。安来三中の全教職員が一丸となって、生徒の育成にあたります。ご理解、ご支援を重ねてお願いします。

 平成28年度学校経営方針はこちら(クリックしてください)

気持ちも新たにJRC登録式

 4月25日(月)青少年赤十字(JRC)の登録式を行いました。この登録式は、1年生も入学し、全校生徒がJRC活動の意義などを再確認し、気持ちも新たにするものです。

 当日は、日本赤十字社島根県支部などから2名の方をお招きし、赤十字活動についての歴史や意義などを学びました。また、青少年赤十字活動への誓いの言葉を唱和し、全生徒がその決意を署名で表明しました。生徒会長・副会長が代表して、肩章を授与され、続いて各学級の代表が肩章を授与され、登録式を終えました。

 この登録式の様子は、どじょっこテレビでも放映されましたので、ご覧になった方も多いと思います。ピンと空気の張り詰めた、清々しい登録式でした。

熊本地震義援金JRC募金

 5月18日(水)JRC活動の第一弾として、熊本地震義援金の募金活動を市内5箇所(サンアイ・ショッパーズ・プラーナ・ラムー・いない)で実施しました。

 JRC登録式のテレビインタビューで、仲佐生徒会長は、熊本地震に対する支援活動の必要性を訴えていました。これを受けて、生徒会を中心に、全校生へ募金活動の参加を呼びかけたところ、185名中120名余りの応募がありました。しかし、活動場所が限られており、120名全員で募金活動をすることはできないため、今回は49名に絞り、活動を行いました。いつもながら、生徒の参加意識の高さに感心しています。

 生徒会役員は、今回参加できなかった生徒には、次回以降の活動で優先して活動してもらうとの説明を行っていました。赤十字活動は、着実に、本校生徒の活動として根付きつつあると実感しています。

親の会連合会から表彰状妹尾教諭受賞

 本校通級指導教室担当の妹尾哲巳教諭が、特別支援教育に関わる親の会連合会から表彰状を授与されました。

 妹尾教諭は長年に渡り、特別支援教育の親の会の事務局を担当し、通級指導教室の開設や全国に先駆ける先進的な指導が評価されたものです。

 この受賞を受け、妹尾教諭はさらに積極的に、通級指導教室など支援を必要とする生徒の指導を行いたいと語っています。

 4月号(平成28年4月25日発行)
新年度スタート  当たり前のこと  当たり前に

 4月8日(金)、4名の教員の着任式に続いて、平成28年度始業式を行いました。

 新2年生、新3年生の二つの学年だけでしたが、年度も改まり、やる気の感じられる生徒の姿が印象的でした。

始業式から 先輩としての姿を示して

 始業式では、入学する新入生の良き先輩として立派な態度で迎えてほしいと話をしました。そして、立派な態度の例として、以前にも紹介していた「ABCDの原則」について説明しました。

 

 A 当たり前のことを

 B 馬鹿にしないで

 C ちゃんとやれる人こそ

 D できる人

 

 当たり前のことを当たり前にできることの大切さを後輩へ、後ろ姿として示してほしいと思います。

 始業式の後半は、学年、学級の担当教員と各部活動の顧問について発表し、平成28年度の新体制について確認しました。

71名の新入生 入学式挙行

 4月11日(月)、今年度の入学式を行いました。今年の新入生は71名で、9つの小学校から集まりました。例年に比べて、たくさんの小学校から集まりましたので、みんな仲良く、楽しい中学校生活を行ってほしいと願っています。

 入学式では、これからの時代を生きるために、「人間力」という力を大いに伸ばしてほしいと話をしました。

また、2・3年生を代表して、生徒会副会長が、歓迎のことばを述べました。生徒会スローガン「友思笑進--勇ましく進め、仲間とともに無限の彼方へ--」を紹介し、生徒会活動や行事で一緒にがんばっていこうと励まし、さらに、先輩を頼ってほしいとサポートすることを伝えました。

 また、新入生の代表が誓いのことばを述べました。部活動など小学校とは違うとても楽しみなことがある反面、新しい友達づくりなど不安もあることを率直に吐露し、これからの中学校生活での意欲を述べました。

 新鮮で、やる気に満ちた新入生の気持ちがストレートに伝わってくる入学式となりました。新入生を迎え、全校一つにまとまって、中学校生活を有意義なものにしてほしいと思います。

ついに実現  学校給食開始

 安来市の中学校での学校給食が、4月13日(水)から開始しました。これまで長い間、懸案であった中学校での給食がやっと実現しました。

 開始当日は、全校集会で給食のやり方について、生徒会作成のビデオを視聴し、担当教員から説明を受け、トラブルなくスムーズに最初の給食を食べることができました。

 生徒会作成のビデオでは、コンテナ室から食器や食缶を運搬する仕方や給食衣の着用や配膳の仕方など実際の場面に応じて丁寧に解説され、給食の始まりから終わりまで一目でわかる内容でした。準備の仕方にも早く慣れて、給食を楽しく、おいしく食べたいものだと思います。

ありがとうございます  13期卒業生会様から生徒会への寄贈

 3月28日(月)、第13期卒業生会の皆様から、本校生徒会へご寄贈がありました。13期(昭和47年3月卒業)の卒業生の皆さんは、神塚団地が造成された、高度経済成長のまっただ中の頃、安来三中で過ごされました。卒業以来、同窓会を重ねられ、今年は還暦を迎えられるそうです。「我々三中で結ばれた仲間でやってこられた。なにがしかの恩返しをしては」ということで、生徒会への寄贈を決められました。

 自分たちが大切にしてきた「絆」を今の中学生にも大切にしてほしいという願いを込めて、約90名の有志の方から20万円の浄財を集められたとのことです。

 20万円の使い途については、「絆」を深めることであれば、生徒会の考えで自由に活かしてほしいとのことです。

 生徒会長、副会長が贈呈式に臨み、ご寄贈の趣旨に沿って、生徒同士の絆づくりに活かしますとのお礼を述べました。有意義に活用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

安来十神ライオンズクラブ様から吹奏楽部楽器の寄贈

 4月10日(日)、安来十神ライオンズクラブの結成40周年記念式典が行われ、記念事業として安来一中、二中、三中の3校にそれぞれ楽器の寄贈がありました。

 本校吹奏楽部には、バスクラリネットとバスドラムの二つの楽器(総額70万円相当)をご寄贈いただきました。文化活動の一層の精励と地域への貢献を託されました。寄贈を受けた吹奏楽部は、楽器を大切にして、より良い演奏をめざし、今後一層練習を重ね、期待に応えるべく、活動を行っていきたいと部長をはじめ全部員で心を一つにしています。ありがとうございました。