平成29年度学校教育目標・学校経営方針

                                                  安来市立第一中学校長 秦 誠司

1 学校教育目標

        「高い知性と豊かな心をはぐくみ、たくましく実践する生徒の育成」

    校訓  自主 剛健 創造 協力

2 めざす生徒像

  ○責任をもち自主的・創造的に行動する生徒

  ○強健な身体とたくましい実践力をもつ生徒

  ○豊かな情操とするどい道徳性をもつ生徒

  ○知識と技術を身につけ、進んで学習する生徒

  ○温かい連帯感をもち、協力奉仕する生徒

3 年度目標

  『つながり、高め合う安来一中の生徒を育てる〜「生徒力向上プロジェクト2」によって進める生徒力向上〜』

  めざす生徒像  主体的に判断し、責任を持って行動する生徒

 (1)一人ひとりを大切にする教育の推進

 (2)将来の自立に向け、必要な資質・能力や態度を育てる教育の推進

 (3)学校・家庭・地域が連携し,一体となった教育の推進

 (4)PDCAサイクルでの実践を徹底し、組織的な学校運営の推進と人材育成を図る

4 本年度の学校経営の重点

 年度目標(1)に関わること

 「自己肯定感を高め、他者を思いやる豊かな人間性を育む〜人権教育研究指定校事業  の推進〜」

   ☆人権・同和教育を基底に据え、生徒、教職員、保護者をはじめ学校に関わる方の命、人権が尊重される組織

    文化を醸成する。

   ☆豊かな心や感性を育むため、全教育課程を通じて道徳教育の推進・充実を図る。また、学校図書館活用教育

    を推進し、豊かな心と学習への意欲を高める。

   ☆一人ひとりの教育的ニーズに応じた指導の充実を図るため、校内体制を整備し、 特別支援教育の充実を図る。

  年度目標(2)に関わること

  「生徒力向上プロジェクト2の推進〜魅力ある学校づくり調査研究事業の成果の継承」

    ☆学び合いのある学習集団づくりと、家庭学習の充実を図るため徹底した個別指導を実施する。また、縦持ちの

   教科を増やし、教科部の指導力アップをめざします。【本気で授業を変える・本気で勉強する】

    ☆見通しを立てたり振り返ったりする学習活動を重視し、ICT機器の活用などをとおして、生徒の主体性を育てる

   授業改善に取り組む。

     ☆望ましい人間関係を形成し、よりよい集団づくりに参加するよう、学級活動や生徒会活動、部活動などで生徒

    の主体的活動を支援する。

    ☆全教育課程の中でキャリア教育を推進し、社会的自立に向けた基礎的な力を育成する。

    ☆規範意識(日常生活や授業中のルール)の定着を図る、と同時に生徒理解のための教育相談体制の充実を

   図りながら、個性の伸長とよりよい集団づくり目指した生徒指導を推進する。【チームワーク〜生徒理解とタイ

   ムリーな指導〜】

    ☆学校給食の実施をとおして、食育の充実を図る。

  年度目標(3)に関わること

 「連携を重視し、地域とともにある学校づくりを行う。」

    ☆校区内の幼稚園・保育所、小学校や教育後援会・PTAをはじめとする関係諸機関との連携、生徒会サミット

   を通じた他校との連携、地域での体験活動など、一体と   なって校区内の子どもを育成する連携教育を推

   進する。

    ☆各種たよりの発行や学校ホームページを随時更新し,タイムリーな情報提供を行う。また、参観日や学校行

   事などに参加しやすいよう工夫をする。

    ☆明るいあいさつや規則的な生活リズム、家庭学習などの習慣を家庭と連携し定着を図る。

  年度目標(4)に関わること

  「各種調査・アンケート結果を活用し、職員の協働を促進する学校評価を実施する」

    ☆教職員の組織的な取組のためミッション・ビジョン・情報の共有を図り、協働する。

    ☆各種調査・アンケート項目を学校評価指標(数値目標)等に設定し、具体的で実効性のある学校評価・評価

   システムを実施する。

5 めざす教職員像

 「感性豊かで信頼される教職員集団(チーム一中)」

  ○教育に対する情熱と使命感をもち、常に学び続ける教職員

  ○生徒の成長を信じ、自立に向けた力を育む教職員

  ○豊かな人間性や社会性を備え、協働・創働する教職員

6 特色ある教育

  「生徒力向上プロジェクト2の推進〜魅力ある・人権教育研究指定校事業の取組」〜

  本校では本年度も生徒力向上プロジェクト2に取り組みます。授業づくりと集団づくりの取り組みを通して、生徒

  の自己肯定感を高めながら、生徒同士のつながりを強め一体感のある一中を目指しています。

  平成28・29年度文部科学省指定人権教育研究指定校事業の取組を推進します。「魅力事業」の成果を継承

  し、校区の4小学校との連携を深めながら取り組みを進めます。

  また、本年度は本校創立70周年の節目の年となりました。記念事業を実行委員会で計画していただいていま

  す。 本校のよき歴史と伝統を踏まえ、脈々と続く教育目標の精神を再確認し、生徒の成長をしっかりとサポー

  トしていきます。

  今年度の重点は次の2点です

  ○学習意欲を高める授業改善と学力向上の取組

 ・学び合いのある学習集団づくり・・・コの字型の机の並びやペア・グループでの活動を全教科等で取り入れています。

 ・見通しを立てたり振り返ったりする学習活動を重視し、生徒が主体的に学ぶ授業づくりに取り組みます。

 ・ICT機器を活用し、生徒の活動時間をしっかりと確保する授業展開を工夫します。

 ・一中ベーシック(基礎力テスト)を計画的に実施します。

 ・家庭学習の習慣化を図るため宿題を計画的に出し、提出チェックを徹底し基礎学力の定着を図ります。

  ○集団づくりの取組

 ・学級活動、生徒会活動、部活動などにおいて、生徒が主体的に活動する場を設定し、その活動を積極的に支援し

  ます。

  ・日常生活や学習場面において集団ルールの定着を図り、お互いが安心して生活できるよう、生徒指導を充実させ

  ます。

 ・毎週1回各学年とも学年朝礼を実施し、生徒の主体的な運営を促し、生徒同士のつながりを深めます。

 ・温かい人間関係を醸成し、不登校(進路保障の課題として)やいじめ(人権侵害の課題として)の未然防止と初期

  対応を適切に行います。

7 今年度の研究大会等

☆平成29年10月20日(金)

 文部科学省指定人権教育研究発表大会 本校で開催

☆平成29年11月17日(金)

 第3回中学中学校道徳教育研究大会島根大会第2分科会発表

☆創立70周年記念式典

 平成29年12月3日(日)

 

学校経営マップ

1