・魅力ある学校づくり調査研究事業とは・・・

 この事業は、不登校やいじめ等の未然防止を推進するため、魅力ある学校づくりについて調査研究を行うものです。

平成26・27年度の2年間、国立教育政策研究所から安来一中校区の小中学校5校が、指定を受けています(全国で18カ所)。新たな不登校・いじめを生まないために未然防止の取組をすべての児童使徒を対象とし、すべての教職員で行います。 

 この取組を効果的に進めるために、全児童生徒の意識を定期的に把握し、取組の浸透度を全教員で共有し内容を改善する必要があります。そこで年3回の児童生徒意識調査と教職員の取組チェックシートなどをもとに取組を評価・改善していくPDCAサイクルで進めていきます。

 また、居場所づくり絆づくり2つのねらいを常に意識・区別し、あらゆる教育活動の場においてバランスよく取り組むことも大切にしています。

・リーフレット(表)、()、(表pdf版)、(内pdf版