危険物の貯蔵取扱いについて

危険物の貯蔵取扱いについて

ガソリンや軽油の買いだめに関する防火安全上の注意事項
 

ガソリンと軽油の危険性

※ガソリンは気温が−40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃焼する物質(軽油は+40℃以上)です。
※ガソリンの蒸気は空気より重いため穴やくぼみなどに溜まりやすく、離れたところにある火源(たばこ等の裸火、静電気、衝撃の火花等)によって引火する危険性があります。
※軽油は、大量に保管すると火災危険性が高まるとともに、一旦火災が発生すると大火災になる危険性があります。


ガソリンや軽油を入れる容器 

※ガソリンや軽油を入れる容器は、消防法令により、一定の強度を有するとともに、材質により容量が制限されています。
※特に、灯油用ポリ容器(20リットル)にガソリンを入れることは非常に危険ですので行わないでください。


 ガソリンスタンドの利用者の注意事項

※消防法令の基準に適合した容器で購入してください。
※セルフスタンドでは、利用客が自らガソリンを容器に入れることはできません。


 ガソリンや軽油の保管

※指定数量の5分の1以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準が、消防法及び安来市火災予防条例により定められています。
ガソリンの指定数量は200リットル、 灯油、軽油の指定数量は1000リットルです。

上記に違反したときは、消防法及び火災予防条例によって罰せられます。

 問合せ
 消防本部 予防課危険物保安担当
 電話0854−22−0119

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp