「名水百選」選抜総選挙 の結果発表

 

 安来市伯太町上小竹にある鷹入の滝は、平成の名水百選(平成20年)に選定されており「名水百選」選抜総選挙に

秘境地としてすばらしい「名水」部門】にエントリーされていました。

 

 結果について、平成28年3月29日に環境省から発表が行われました。

 秘境地としてすばらしい「名水」部門にエントリーしておりました【鷹入の滝】(伯太町上小竹)は第2位という結果となりました。
 選抜総選挙期間中は投票を含めご尽力いただきありがとうございました。 

  詳細につきましては、下記URLをご覧ください。

https://www.eeel.go.jp/water-project/meisui/election-result/

 

 

 「名水百選」選抜総選挙って何?

 今回、環境省で全国の清澄な水を再発見し、広く国民に紹介することを目的に、昭和60年に「名水百選」を選定し、今年度(平成27年)で30周年を迎えたことを記念し、改めて「名水百選」をより多くの国民の皆様へ知っていただき、わが国が世界に誇る豊かな水資源を各地域の活性化等に活用するべく、「平成の名水百選(平成20年選定)」を含めた200の「名水」を対象として「観光地」「景観」「秘境地」「おいしさ」の4つの部門ごとによる参加型国民投票である「名水百選」選抜総選挙を2月15日(月)から3月13日(日)までの期間で実施しています。

 

 投票結果については、投票締切り後、環境省において集計精査し、3月下旬までに「ウォータープロジェクト」サイト内および報道発表等により公表します。

 公表する内容は、部門ごとの「TOP5」についてとし交通アクセスや周辺の観光情報、宿泊施設、お問い合わせ先等の詳細情報を含めて紹介します。

  

鷹入の滝ってどんなところ?

 伯太川の支流小竹川の上流に位置する鷹入山の中腹にある全体では約30mの高さの三段の滝である本滝の高さは10mあり、滝つぼの前には、約400年前、坂根彌藤次という鉄山師が滝で昼寝をしていると夢に日野の郡の黒板の滝の女神が現れて、この滝に移り住みたいとお告げがあり、村人総出でお迎えしお宮を造り祀ったという女神伝説が伝えられ、それを奉ずる祠があります。

 現在でも、夏には「鷹入りの滝まつり」が催され、涼を求めて散策に訪れる人も少なくない。地域のシンボルとして、世代を超え受け継がれています。

 また、8月13日に開催する滝まつりの前には、集中的に滝周辺の草刈り清掃などを行う地域の環境保全活動を通じ環境教育の推進に寄与しています。

 地元小学校での環境学習「みんなで調べる中海流入河川調査」では、小竹川調査の一環として鷹入の滝の水質調査を行い、水質の比較を行うなどの環境学習が行われているとともに、市内全域の小学校児童を対象に希望を募り同様の環境学習を行っており、こうした活動を通じ、次世代へつなぐ取り組みを行っています。

また、継続的な活動により、「島根の名水百選」「みんなでつくる身近な自然観察路」「平成の名水百選」等に選定されています。

 

 

                                   

鷹入の滝

 

 

 

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp