学生の国民年金保険料を猶予する制度があります。

学生の方で本人の前年所得(1月から3月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請後に承認されると保険料の納付が猶予されます。

学生の国民年金保険料を猶予する制度があります。

国民年金保険料学生納付特例は、学生の国民年金保険料の納付が10年間猶予される制度です。

利用される方は年度ごとに手続きが必要です。  

ただし、前年度において納付猶予されている方で、引き続き在学予定の方については、 ハガキ形式の学生納付特例申請書が3月末頃送付されます。同じ学校に在学される方は、これによって申請ができます。この場合は学生証の写し等は不要です。

 

対象者  

本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。 

 

(注1) 所得基準(申請者本人のみ)
         118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
(注2)学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種   学校、一部の海外大学の日本分校に在学する方で 夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの学生の方が対象となります。 

 

■手続きに必要なもの

年金手帳、印鑑、在学証明書または学生証のコピー

■受付期間

年度ごとに申請が必要です。

28年度(平成28年4月から29年3月分)分保険料の受付期間 
   ・・・平成28年4月1日から平成29年4月30日
29年度(平成29年4月から30年3月分)分保険料の受付期間 
   ・・・平成29年4月1日から平成30年4月30日 

 

※1月1日時点の住所と申請時点の住所が住所変更により異なる場合は、別途手続きが必要ですので申請の際にお申し出ください。 
ただし、申請する月が1月から3月までの間である場合には、前々年所得の証明が必要となるため、前年の1月1日の住所地が基準となります。
【ご注意ください】
※3月生まれ(4月1日生まれも含む)の方の場合は、受付期間内に当年度と翌年度の申請が必要です。

 

(例)平成9年4月1日生まれ学生の方

 国民年金資格取得日  平成29年3月31日(20歳の誕生日の前日)

 保険料納付の開始は平成29年3月分からとなるため

・平成29年3月分→平成28年度分の申請(平成29年4月30日まで受付)

・平成29年4月分→平成29年度分の申請(平成29年4月1日から受付)

  


■年金受給額への影響について

 学生納付特例による納付猶予は、あくまでも保険料を後払いできる制度です。10年以内に猶予された保険料を納付しなかった場合は、将来受取る年金額は少なくなります。満額の老齢基礎年金を受取るためには、10年以内に猶予された保険料を追納することが必要です。老齢基礎年金を受けるために必要な期間としては計算されます。) 

    


詳しくはこちらをご参照ください。

日本年金機構ホームページ「学生納付特例制度」

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150514.html

 

手続き・お問い合わせ

安来庁舎保険年金課(2番窓口)・各地域センター
電話:0854-23-3086

日本年金機構松江年金事務所

https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/shimane/matsue.html

〒690-8511 松江市東朝日町107
電話:0852-23-9540

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp