市長の部屋
防災情報
行政トップページ

国民(こくみん)年金(ねんきん)保険(ほけん)(りょう)免除(めんじょ)する制度(せいど)があります。

国民(こくみん)年金(ねんきん)保険(ほけん)(りょう)免除(めんじょ)納付(のうふ)猶予(ゆうよ)制度(せいど)について

 

国民(こくみん)年金(ねんきん)(だい)1(ごう)()保険(ほけん)(しゃ)自営業(じえいぎょう)短期(たんき)アルバイト・学生(がくせい)など)に該当する方(がいとうするかた)保険(ほけん)(りょう)は、月額(げつがく)16,490(えん)平成(へいせい)29年度(ねんど)(がく)です。

 

保険(ほけん)(りょう)納付(のうふ)(つづ)けることで、将来(しょうらい)(とし)をとってからの老齢(ろうれい)基礎(きそ)年金(ねんきん)や、万が一(まんがいち)のときの障害(しょうがい)基礎(きそ)年金(ねんきん)遺族(いぞく)基礎(きそ)年金(ねんきん)()けることができます。

 

経済(けいざい)(てき)理由(りゆう)(とう)保険(ほけん)(りょう)納付(のうふ)することが困難(こんなん)場合(ばあい)は、保険(ほけん)(りょう)免除(めんじょ)猶予(ゆうよ)制度(せいど)がありますのでご利用(りよう)ください。

 

免除(めんじょ)制度(せいど)とは ] 

本人(ほんにん)配偶(はいぐう)(しゃ)世帯主(せたいぬし)それぞれの前年(ぜんねん)所得(しょとく)判定(はんてい)し、一定(いってい)(がく)以下(いか)であれば、全額(ぜんがく)免除(めんじょ)、3/4免除(めんじょ)半額(はんがく)免除(めんじょ)、1/4免除(めんじょ)承認(しょうにん)される制度(せいど)です。

 

また、退職(たいしょく)失業(しつぎょう))による特例(とくれい)免除(めんじょ)では、退職(たいしょく)された(かた)所得(しょとく)判定(はんてい)結果(けっか)除外(じょがい)し、免除(めんじょ)区分(くぶん)承認(しょうにん)されます。申請(しんせい)する年度(ねんど)または前年度(ぜんねんど)退職(たいしょく)失業(しつぎょう))した(ほう)対象(たいしょう)となり離職(りしょく)(ひょう)(また)雇用(こよう)保険(ほけん)受給(じゅきゅう)資格(しかく)(しゃ)(しょう)必要(ひつよう)です。

 

保険(ほけん)(りょう)納付(のうふ)免除(めんじょ)承認(しょうにん)された期間(きかん)は、老齢(ろうれい)基礎(きそ)年金(ねんきん)障害(しょうがい)基礎(きそ)年金(ねんきん)遺族(いぞく)基礎(きそ)年金(ねんきん)などの受給(じゅきゅう)資格(しかく)期間(きかん)算入(さんにゅう)されます。ただし、全額(ぜんがく)免除(めんじょ)以外(いがい)期間(きかん)について は、納付(のうふ)すべき保険(ほけん)(りょう)一部(いちぶ)免除(めんじょ)された保険(ほけん)(りょう))を(おさ)められない場合(ばあい)未納(みのう)(あつか)いとなり、受給(じゅきゅう)資格(しかく)期間(きかん)(かぞ)えられませんのでご注意(ちゅうい)ください。

 

保険(ほけん)(りょう)納付(のうふ)免除(めんじょ)された期間(きかん)は、将来(しょうらい)受け取(うけと)年金(ねんきん)(すく)なくならないよう、10(ねん)以内(いない)納付(のうふ)することができます。この場合(ばあい)承認(しょうにん)された期間(きかん)(ぞく)する年度(ねんど)起算(きさん)して3(ねん)()以降(いこう)納付(のうふ)する場合(ばあい)経過(けいか)した年数(ねんすう)(おう)じて保険(ほけん)(りょう)一定(いってい)加算(かさん)(がく)(くわ)わります。

 

納付(のうふ)猶予(ゆうよ)制度(せいど)とは ] 

50(さい)未満(みまん)(ほう)で、本人(ほんにん)配偶(はいぐう)(しゃ)それぞれの前年(ぜんねん)所得(しょとく)判定(はんてい)し、一定(いってい)(がく)以下(いか)であれば、保険(ほけん)(りょう)納付(のうふ)が10年間(ねんかん)まで猶予(ゆうよ)される制度(せいど)です。猶予(ゆうよ)された保険(ほけん)(りょう)は10(ねん)以内(いない)納付(のうふ)することが必要(ひつよう)です。承認(しょうにん)された期間(きかん)(ぞく)する年度(ねんど)から起算(きさん)して3(ねん)()以降(いこう)納付(のうふ)する場合(ばあい)経過(けいか)した年数(ねんすう)(おう)じて保険(ほけん)(りょう)一定(いってい)加算(かさん)(がく)(くわ)わります。

 

学生(がくせい)納付(のうふ)特例(とくれい)制度(せいど)

学生(がくせい)(かた)は、学生(がくせい)納付(のうふ)特例(とくれい)制度(せいど)をご利用(りよう)ください。 

 

手続(てつづ)きに必要(ひつよう)なもの ] 

 ・年金(ねんきん)手帳(てちょう)

 ・印鑑(いんかん)

 ・離職(りしょく)(ひょう)雇用(こよう)保険(ほけん)受給(じゅきゅう)資格(しかく)(しゃ)(しょう)退職(たいしょく)失業(しつぎょう)による免除(めんじょ)申請(しんせい)をする場合(ばあい)

 ・申請(しんせい)(とし)1月(いちがつ)1日(ついたち)安来市(やすぎし)住所(じゅうしょ)のなかった(ほう)は、所得(しょとく)審査(しんさ)についての委任(いにん)(じょう)必要(ひつよう)場合(ばあい)がありますので、お申し出(もうしで)ください。

 


保険(ほけん)(りょう)免除(めんじょ)制度(せいど)について、(くわ)しくは日本(にっぽん)年金(ねんきん)機構(きこう)のサイトもご(らん)ください。

 

国民(こくみん)年金(ねんきん)保険(ほけん)(りょう)免除(めんじょ)猶予(ゆうよ)(つい)(おさめ)日本(にっぽん)年金(ねんきん)機構(きこう)

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/index.html

 

 

手続(てつづ)き・お問い合(といあ)わせ

安来市(やすぎし)役所(やくしょ)保険(ほけん)年金(ねんきん)()(2(ばん)窓口(まどぐち))・(かく)地域(ちいき)センター

電話(でんわ):0854-23-3086(保険(ほけん)年金(ねんきん)()

 

日本(にっぽん)年金(ねんきん)機構(きこう) 松江(まつえ)年金(ねんきん)事務所(じむしょ)

 https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/shimane/matsue.html

〒690-8511 松江市(まつえし)東朝日町(ひがしあさひまち)107

0852-23-9540

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根(しまね)(けん)安来市(やすぎし)安来町(やすぎちょう)878-2
電話(でんわ):0854-23-3000(代表(だいひょう)
代表(だいひょう)メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp