療養費


次のような場合、費用を全額自己負担しても、審査で認められると国保の給付分が払い戻されます。
下記の項目について共通で必要なもの
被保険者証、印鑑、振込先のわかるもの(通帳)、世帯主および対象者のマイナンバーの分かるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード等)、来庁者のご本人確認書類(運転免許証等)

(1)急病などやむを得ない理由で保険証を持たずに治療を受けたとき
手続きに必要なもの・・・・病院で支払いをした領収書

(2)コルセット・ギプスなどの補装具代金
手続きに必要なもの・・・領収書、明細書、医師の診断書

(3)医師の同意を得て、鍼・灸・マッサージを受けたとき
手続きに必要なもの・・・領収書、明細書、医師の同意書

(4)海外渡航中に、海外の医療機関にかかったとき
手続きに必要なもの・・・病院で支払いをした領収書、診療内容明細書、
                診療を受けた期間の渡航歴が分かるパスポート(写し)
※海外に行かれる場合は、事前にご相談ください。居住実態が海外にある場合は、給付できない場合があります。

(5)輸血に生血を使ったとき
※事前にご相談ください。

支給申請手続きは、保険年金課(2番窓口)・広瀬地域センター・伯太地域センターでお願いします。
安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp