4.保険税

私たちが納める保険税は、国保の財源となり、私たちが病気やけがをしたときに使われます。一人ひとりが保険税を納めることで、国保の運営が成り立ちます。私たちの国保を守るため、納め忘れのないよう気をつけましょう。納期は6月から3月までの10期です。


○便利で確実 口座振替のご利用をお勧めします。

保険税を納めに行くための手間がはぶけ、納め忘れの防止にもなる「口座振替」をおすすめします。


○40歳以上から65歳未満の人の保険税には、介護分が含まれます。

40歳以上から65歳未満の人は、医療分と介護分を合わせた額を保険税として納めます。



 詳しくは、こちら(税務課 国民健康保険税)をご覧ください。


※平成20年4月から65歳以上の国民健康保険税の年金天引き(特別徴収)が始まりました。

 65
歳以上の国保加入者のみの世帯で年金年額18万円以上かつ介護保険料と国保税を合わせた額が年金年額の1/2未満の場合、納付について年金からの天引き(特別徴収)が始まります。その他の人の納付方法は変わりません。
安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp