オープンデータについて

○オープンデータとは

 オープンデータとは、インターネットを通じて誰でも自由に入手でき、機械判読に適したデータ形式(Excelファイルや、csvなど)で、利用や再配布、行政の透明性の向上、アプリケーションの開発二次利用が可能な利用ルールで公開する公共データです。

 

 ○オープンデータ推進の意義

 

(1)行政業務の改善・課題解決

 市の各部署のデータを積極的に開放し庁内利用を可能にすることで、まず職員が他部署のデータを活用して業務改善や課題解決を図ることが容易になる。更に、国・県や近隣自治体等、他の行政機関のデータの活用も可能になれば、その取組の幅を広げることができる。

 

(2)市政の透明性の向上

 公共データを市民等が探しやすく分かりやすい形で開放することで、市民等が関心のあるデータを容易に入手できるようになり、市政の透明性の向上を図ることができる。

 

(3)市民等のまちづくり参画の促進

 市民等が自由な発想で公共データを利用できるようになることで、市政への関心が高まり、「まちづくり」を自らのこととして能動的に考える機会を増やすことができる。

 

(4)市民等の利便性の向上

 オープンデータの活用が活発化することで、市民等の利便性を向上させる発想やサービス、アプリが生まれる機会を増やすことができる。

 

(5)地域経済の活性化

 オープンデータの活用が高度化することで、情報入手・処理のコスト軽減による企業活動の効率化、情報の組合せにより付加価値を産む新ビジネスの創出等により、地域経済の活性化を促進することができる。

 

○安来市オープンデータ公開・活用推進庁内ガイドライン

  

 安来市は、「安来市オープンデータ公開・活用推進庁内ガイドライン」を定め、オープンデータの推進に取り組みます。

 

 

オープンデータカタログサイト・ダッシュボードサイト

 ○オープンデータカタログサイト 

  オープンデータカタログサイトとは、安来市の公共データを集約したサイトです。下記のサイトより、安来市の公共データを誰でも自由にダウンロードすることができます。

  ご利用いただく前に、「安来市データカタログサイト利用規約」をよくお読みいただき、これらの条件に同意された場合のみご利用ください。また、カタログサイトに掲載された情報をご利用いただく場合は、本利用条件を承諾したものとみなします。

 

 http://yasugi.od-db.jp/  (安来市オープンデータカタログサイトへ移ります)

 

 カタログページに掲載しているデータのライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(外部サイトへリンク)における「CC-BY(表示)」としています。

 

   ccby

 

○オープンデータダッシュボードサイト

  上記のオープンデータカタログサイトと連動しており、グーグルマップとオープンデータを掛け合わせ、地域課題を発見することができます。

 

 http://yasugi.od-db.jp/db/ (安来市オープンデータダッシュボードサイトへ移ります)

 

○ご要望について

  こんなデータがほしいなどのご要望があれば、安来市定住推進課(0854-23-3060)へお知らせください。

 

 

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp