長期優良住宅建築等計画の認定について

概要            

 長期優良住宅とは、平成21年6月4日から施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(以下「法」という。)」に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の 建築及び維持保全に関する計画 【長期優良住宅建築等計画】 を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。なお、計画の認定を受けた住宅は、税制上の優遇を受けることができます。 

 ○長期優良住宅の概要、税制優遇等の詳細はこちら(国土交通省HPへリンク)

 ○長期優良住宅の維持・保全ガイドはこちら(長期優良住宅維持・保全ガイドHPへリンク)


認定手続き

   安来市での認定手続きは、小規模な建築物(建築基準法第6条第1項4号建築物)に限り扱うことになります。それ以外の建築物は松江県土整備事務所建築グルー プに手続きを行うことになります。標準的な認定手続きは、登録住宅性能評価機関が行う技術審査を受けていただき、登録住宅性能評価機関が交付する適合証を添えて、認定申請することになります。

 平成27年4月1日より登録住宅性能評価機関から品格法に基づき交付を受けた設計住宅性能評価書の写しを添えて認定申請をすることも可能となります。

 

 長期優良住宅の認定は、住宅性能表示制度の性能評価とは別な制度ですので、上記事前審査は性能評価とは別に審査を受ける必要があります。


手続き

 

住宅性能評価機関による事前審査項目 

 ・劣化対策(構造の腐食、普及及び構造の防止) 

 ・耐震性(地震に対する安全性の確保)

 ・維持管理・更新の容易性(構造及び設備の変更を容易にするための措置)

 ・可変性(維持保全を容易にするための措置)

 ・バリアフリー性(高齢者の利用上の利便性及び安全性)

 ・省エネルギー性(エネルギーの使用の効率性)

 ・居住環境(居住環境の維持及び向上への配慮)

 ・住戸面積(住戸の規模)

 ・維持保全計画(建築後の住宅の維持保全、資金計画)

 

認定基準 

  安来市において長期優良住宅建築等計画の認定を行うためには、当該住宅が下記の基準を満たしていることが必要です。

 

性能項目等

 

認定基準

 

構造

 

及び

 

設備

 

劣化対策

 

長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示209号)(国土交通省HPリンク)

 

 

 

耐震性

 

維持管理・更新の容易性

 

可変性

 

バリアフリー性

 

省エネルギー性

 

居住環境の維持及び向上

 

安来市における居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準の取扱い(下記による)

 

※居住環境基準には認定できない区域(都市計画施設の区域等)があります。

 

認定できない区域内では、他の認定基準を満たす基準であっても認定できないこととなりますので十分にご注意ください。

 

住宅の規模(住戸面積)

 

[戸建住宅]75m2以上

 

[共同住宅等]55m2以上

 

ただし、少なくとも1の階の床面積が40m2以上(階段部分は除く)

 

維持保全計画

 

長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示209号)(国土交通省HPリンク)

 

資金計画

 

資金計画が当該住宅の建築及び維持保全を確実に遂行するために適切なものであること

 

  ※共同住宅等とは、共同住宅、長屋その他の一戸建て住宅以外(店舗併用住宅等)の住宅をいう。

 

安来市における居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準

 認定を受けようとする住宅は、居住環境の維持及び向上に配慮されたものであるために、以下の全ての基準を満たす必要があります。

 

認定申請をする前に、下記の区域に該当するかどうか、基準を満たすかどうか確認をしてください。

 

1.申請される住宅が地区計画等の区域内にある場合
 該当する地区計画は登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けることが出来ますが、本市(都市計画課)へ事前に届け出が必要になります。当該計画に適合しない場合は、原則として認定できません。

 ・地区計画一覧

 

 

 

2.景観計画について

 次の事項の基準を満たすかどうか確認をしてください。

 

 ・ふるさと島根の景観づくり条例

 

3.都市計画施設等の区域内における取扱い
 以下の区域内においては、原則認定はできません。(ただし、長期にわたって存続ができると認めた場合は認定が可能となる場合があります。)
 ・ 都市計画法第4条第6項に規定する都市計画施設の区域
 ・ 都市計画法第4条第7項に規定する市街地開発事業の区域

 

 都市計画施設等の区域において、住宅を建設する際に許可等が必要になる場合があります。 

申請様式等

法施行規則に定める様式2016.04.01 (一部改正)
   認定申請書         第1号様式(第2条)  Word(187KB)
   変更認定申請書  第3号様式(第8条)  Word(34KB)
   変更認定申請書 第5号様式(第11条)  Word(38KB)
   承認申請書    第6号様式(第12条)  Word(32KB)
安来市長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱に定める様式2016.04.01(一部改正)
   【取下げ・取止め届、工事完了報告書、認定長期優良住宅状況報告書等】  Word(92KB)
認定書の手続・添付図書・報告の徴収等を定めた要綱2016.04.01(一部改正)
   「安来市長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱」  PDF(70KB)

 


申請手数料

1.  当初計画の認定申請

 

【新築】 

 

床面積の区分

認定申請手数料

住宅性能評価機関の事前の技術的審査なし

住宅性能評価機関の事前の技術的審査あり

品格法に基づく住宅設計性能評価書を取得したもの

    一戸建ての住宅

45,000円

6,000円

16,000円

共同住宅等

500m2以下

104,000円

12,000円

56,000円

 

【増築または改築】

 

床面積の区分

認定申請手数料

住宅性能評価機関の事前の技術的審査なし

住宅性能評価機関の事前の技術的審査あり

 

    一戸建ての住宅

67,000円

9,000円

 

共同住宅等

500m2以下

157,000円

18,000円

 

 

 

2.  変更計画の認定申請(法第8条第1項(譲受人の決定を除く))

 

【新築】

住宅の区分

認定申請手数料

住宅性能評価機関の事前の技術的審査なし

住宅性能評価機関の事前の技術的審査あり

品格法に基づく住宅設計性能評価書を取得したもの

     一戸建ての住宅

23,000円

3,000円

8,000円

       共同住宅等

104,000円

12,000円

56,000円

 

【増築または改築】

住宅の区分

認定申請手数料

住宅性能評価機関の事前の技術的審査なし

住宅性能評価機関の事前の技術的審査あり

 

     一戸建ての住宅

34,000円

5,000円

 

       共同住宅等

157,000円

18,000円

 

 

    認定申請は住戸単位での申請になりますので、共同住宅等の場合は1,2による額を申請戸数で除して得た額を一戸当たりの申請手数料とします。(100円未満は切り捨て)

3.  建築確認の申し出をする場合(法第6条第2項の申し出)

 (1)1.  の当初計画認定申請手数料又は2.の変更計画の認定申請手数料に、建築基準法の申請手数料を加えた額になります。

 (2)認定申請住宅が構造計算適合判定を要する場合は、建築基準法の判定手数料に消費税を加算した額と(1)の額を合計した額になります。

4.変更計画の認定申請(法第9条第1項(譲受人を決定した場合)) 3,000円/戸

5.地位承継の承認申請(法第10条)     3,000円/戸

 

 

 お問い合わせ先  建築住宅課建築指導係

  電話番号      0854−23−3325

 

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp