建築基準法について

建築基準法の概要

建築基準法

建築基準法は、国民の生命・健康・財産を守るため、建築物に求められる性能などのうち、建築物やそれによって構成される市街地の安全、衛生等を確保するために必要な基準が定められています。建築物を建てる場合には、必ず守らなければなりません。

建築基準法のチェックは、次の3段階で行われます。

建築物の安全性などを確保するために、建築物を建てる際には、建築主事または民間の指定確認検査機関による確認や検査を受けなければならないこととなっています。

 

建築確認

建築物を建築しようとする人は、建築主事または民間の指定確認検査機関に確認申請書を提出し、建築基準法等の基準に適合していることの確認を受けなければなりません。

 

中間検査

特定工程※1を含む建築物については、特定工程が終了した段階で、建築主事または民間の指定確認検査機関の検査を受けなければなりません。

安来市の特定工程については 中間検査制度について を参照。

 

完了検査

建築確認を受けた建築物については、工事が完了した段階で、建築主事または民間の指定確認検査機関の検査を受けなければなりません。

 

情報の公開・違反者への罰則など

建築された建物の概要や検査の履歴は台帳に記載され、建築計画概要書については、安来市で閲覧※3できるようになっています。また、安来市が取り扱う建築物の確認処理台帳に記載された内容を書面で発行することもできます。詳しくは 確認処理台帳記載事項証明について を参照。また、違反建築物の建築主などへの罰則の規定が設けられています。

安来市が取り扱う建築物のみ。詳しくは 取り扱い事務について を参照。

閲覧できる内容は建築年代によって異なります。

 ・安来市の取り扱い事務について

 ・建築基準法に関する例規について

  ・確認申請について

 ・中間検査制度について

  ・建築基準法上の道路について

 ・都市計画区域について

 ・地区計画区域内における建築物の制限について 

 ・建築基準法第22条の区域指定について

 ・確認処理台帳記載事項証明について

 

安来市へのお問い合せやご意見、各課案内はこちら
安来市役所
〒692-8686島根県安来市安来町878-2
電話:0854-23-3000(代表)
代表メールアドレス:info@city.yasugi.shimane.jp